「政策研究」とは?

関連ニュース

ボルトン氏、トランプ政権のアフリカ戦略発表 中露の「略奪的行為」に対抗 - 12月14日(金)09:18 

【ワシントン=黒瀬悦成】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は13日、ワシントンの政策研究機関「ヘリテージ財団」で講演し、トランプ政権の新たなアフリカ…
カテゴリー:

【主張】岐路に立つ「日本型雇用」 - 12月13日(木)05:01 

 日本型雇用慣行が徐々に崩れつつある実態が明確となった。このほど明らかになった雇用政策研究会(樋口美雄座長)の報告案によると、企業内の「生え抜き正社員」の割合が漸減傾向にある一方、正社員の補助的な位置付けの有期契約・職務限定労働者のウエートが高まっている。  日本型雇用慣行が、長年にわたってわが国の経済社会の発展に大きく貢献してきたことは明らかだが、……[続きを読む]
カテゴリー:

「セクハラは政治的行為だ」“セクハラ禁止法”のない日本、対策めぐり専門家が指摘 - 12月06日(木)12:57 

2018年4月、財務省事務次官(当時)が女性記者に「おっぱいさわっていい?」などとセクハラ発言をしていたことがわかり、多くの人に衝撃を与えた。その後も東京都狛江市や百十四銀行などで同様の事件が次々と明るみに出ている。 いまだに多くの女性が日々セクハラに悩まされるなか、政府としても対策が必要だと、厚生労働省の審議会で現在、セクハラ対策の法整備について議論をしている。年内に報告をまとめる予定だが、厚労省が示した取りまとめ案を見ると十分な法改正になるかは疑わしい状況だ。そこで、この問題に詳しい女性研究者4人が、12月2日、東京都内で緊急座談会をした。 女性に関する法律に詳しい浅倉むつ子早稲田大学教授、戒能民江お茶の水女子大学名誉教授、神尾真知子日本大学教授の3人と、司会の内藤忍労働政策研究・研修機構(JILPT)副主任研究員。 議論の中から、セクハラを減らし被害者を支援するために本当に必要な法律とはどのようなものかが見えてきた。裁判をしても低い賠償額内藤 11月19日に、厚生労働省の労働政策審議会の分科会で報告の「取りまとめに向けた方向性」(以下、「取りまとめ案」が出ました。本日は、この提案内容と、セクハラの法律とはどのようなものであるべきか、ご議論をお願いしたいと思います。浅倉 なぜ今こういう話をしているのかというと、今年4月以降、日本でいろんなセクハラ問題が起きて対応が必要になったこ...more
カテゴリー:

中国「一人っ子政策」の後遺症「高齢者問題」の深刻度--柯隆 - 12月05日(水)12:40 

 さる11月11日は中国では「独身の日」であり、ネットショッピング(EC)の売り上げはわずか24時間で3兆円に達したと中国国内外のメディアが大々的に報じた。しかし正しくは、11月11日は「独身の日」ではなく、「光棒節」といって「独身の男性」の日である。では、なぜ独身の女性が含まれないのだろうか。 この考察にあたっては、中国で実施されている「一人っ子政策」を振り返る必要がある。 中国では40年前から、厳しい一人っ子政策が実施され、夫婦は子どもを1人しか出産できない。今となって、中国の一部の憲法学者は、一人っ子政策が人々の出産の自由の権利を侵す憲法違反の政策と指摘しているが、当時の中国では、食糧不足は人口爆発によるものであり、出生率を抑制しなければ、食糧不足はさらに深刻化していくと言われていた。 実は、1960年代半ば以降、食糧不足により、中国の出生率はすでに低下しはじめた。70年代の食糧不足と配給制の導入は人口爆発によるものではなく、毎年繰り広げられた指導部の権力闘争と間違った政策運営が原因である。 今でも変わっていないが、中国では、重要な政策判断は指導者あるいは指導部の独断によって下されるもので、公聴会も開かれなければ、全国人民代表大会(全人代=国会)でも議論されない。ちなみに、全人代は年に1度しか開催されず、政策審議の役割を果たせず、共産党指導部から回ってきた文章に印鑑を押すゴム...more
カテゴリー:

太陽生命が滋賀大などと認知症で共同研究 - 12月04日(火)17:58 

T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は4日、日本医師会総合政策研究機構(日医総研)と協力し、滋賀大学(滋賀県)、滋賀医科大学(同)と認知症に関する共同研究を…
カテゴリー:

SOGIハラとは? レインボー国会で議論「差別は広がっていて、それは人の命を奪うもの」 - 12月13日(木)19:13 

どういう性別の人を好きになるか、自分がどんな性別なのかが自由に受け入れられる社会を目指し、法整備を進める「レインボー国会」が12月13日、衆院議員会館で開かれた。レインボー国会は今回で3回目。企業や行政による、性的マイノリティの人に対する差別を禁じることが明記された「LGBT差別解消法案 (通称)」が、12月5日に野党6党・会派によって再提出されてから初めての回となった。国会議員が法案についての進捗を説明したほか、自治体や企業の取り組みが紹介された。SOGIって?SOGIハラ、という言葉を聞いたことがあるだろうか。SOGIとは、Sexual Orientation(性的指向)・Gender Identity(性自認)の略。つまり、どういう性別の人を好きになるか、自分の性別をどのように認識しているかという意味だ。レインボー国会では、SOGIを理由に差別的な嘲笑をされたり、嫌がらせや暴力などを受けるSOGIハラスメントを防ぐためにはどういった法規制が必要なのかが話し合われた。LGBT(L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー)という言葉が、性的マイノリティというカテゴリーとして「特異な存在」と意識されてしまうことに対し、SOGIはすべての人に対し、自分の属性が何かを示すものとなっている。ただ、セクシャリティと法について詳しい金沢大学の谷口洋幸准教授は「法政...more
カテゴリー:

「セクハラは政治的行為だ」“セクハラ禁止法”のない日本、対策めぐり専門家が指摘 - 12月06日(木)12:57 

2018年4月、財務省事務次官(当時)が女性記者に「おっぱいさわっていい?」などとセクハラ発言をしていたことがわかり、多くの人に衝撃を与えた。その後も東京都狛江市や百十四銀行などで同様の事件が次々と明るみに出ている。 いまだに多くの女性が日々セクハラに悩まされるなか、政府としても対策が必要だと、厚生労働省の審議会で現在、セクハラ対策の法整備について議論をしている。年内に報告をまとめる予定だが、厚労省が示した取りまとめ案を見ると十分な法改正になるかは疑わしい状況だ。そこで、この問題に詳しい女性研究者4人が、12月2日、東京都内で緊急座談会をした。 女性に関する法律に詳しい浅倉むつ子早稲田大学教授、戒能民江お茶の水女子大学名誉教授、神尾真知子日本大学教授の3人と、司会の内藤忍労働政策研究・研修機構(JILPT)副主任研究員。 議論の中から、セクハラを減らし被害者を支援するために本当に必要な法律とはどのようなものかが見えてきた。裁判をしても低い賠償額内藤 11月19日に、厚生労働省の労働政策審議会の分科会で報告の「取りまとめに向けた方向性」(以下、「取りまとめ案」が出ました。本日は、この提案内容と、セクハラの法律とはどのようなものであるべきか、ご議論をお願いしたいと思います。浅倉 なぜ今こういう話をしているのかというと、今年4月以降、日本でいろんなセクハラ問題が起きて対応が必要になったこ...more
カテゴリー:

「総合取引所」って何ですか? 政府が後押しする統合構想、意義と実現へのハードル - 12月06日(木)07:00 

株式から債券、商品先物まで幅広く扱う「総合取引所」の実現に向けた動きが活発化している。政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大学教授)がまとめた改革推進に向けた答申で、2020年度ごろの実現を求めたのだ。
カテゴリー:

太陽生命、認知症と生活習慣の相関性を調査研究 滋賀大などと共同 - 12月05日(水)05:00 

T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は4日、日本医師会総合政策研究機構(日医総研)と協力し、滋賀大学、滋賀医科大学と認知症に関する共同研究を開始したと発表し…
カテゴリー:

太陽生命が滋賀大などと認知症で共同研究 - 12月04日(火)17:56 

 T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は4日、日本医師会総合政策研究機構(日医総研)と協力し、滋賀大学(滋賀県)、滋賀医科大学(同)と認知症に関する共同研究を開始したと発表した。太陽生命が持つ保険金支払いデータなどを活用し、認知症と疾病や生活習慣の相関性を調べる。研究期間は平成33年3月までを予定している。データは個人を特定できないよう匿名化し提供する。太陽生命としては研究結果をもとに新たな商品やサービス開発につなげたい考え。
カテゴリー:

もっと見る

「政策研究」の画像

もっと見る

「政策研究」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる