「政治広告」とは?

関連ニュース

『ソーシャル・ネットワーク』監督、マーク・ザッカーバーグ氏を「真実を脅かす」と非難 - 11月13日(水)11:40 

映画『ソーシャル・ネットワーク』のアーロン・ソーキン監督が、マーク・ザッカーバーグ氏への公開書簡を公表した。Facebook上の政治広告に対して事実確認を行わない、というザッカーバーグ氏の決定を受けて、同氏とFacebookは「真実を脅かし・・・
カテゴリー:

グーグルが政治広告の方針変更を検討、関係者語る.. - 11月11日(月)22:48 

グーグルが政治広告の方針変更を検討、関係者語る-議論白熱の中
カテゴリー:

Twitter社従業員、サウジアラビア王室批判投稿者の個人情報をサウジアラビア関係者に売る - 11月09日(土)07:00 

Twitter社の従業員2名が、Twitterでサウジアラビア王室を批判するような投稿を行っていたTwitterユーザーのメールアドレスや生年月日、電話番号などをサウジアラビア当局関係者に提供し、見返りに腕時計や現金などを受け取っていたという(日経新聞)。この従業員2名は米司法省によってスパイ容疑で起訴されているとのこと。不正にアクセスされた個人情報は6000件以上に上るという。 すべて読む | セキュリティセクション | Twitter | 情報漏洩 | プライバシ | 関連ストーリー: Twitter、政治広告を禁止に 2019年11月02日 テクノロジー企業にユーザーのセキュリティとプライバシーを強化するよう求めるEFFのキャンペーン 2019年03月03日 サウジ政府公式アプリの親族女性の位置を追跡できる機能に対し批判、同政府は問題なしと主張 2019年02月20日 朝日新聞のTwitterアカウント、乗っ取られて詐欺の宣伝に使われる 2018年11月13日 Twitter、自社CEOのアカウントを短時間停止するトラブル 2016年11月26日
カテゴリー:

グーグル、政治広告の方針見直しを協議=関係筋 #.. - 11月07日(木)23:10 

グーグル、政治広告の方針見直しを協議=関係筋 #グーグル
カテゴリー:

Twitterの政治広告禁止はプラットフォームの本当の問題点を隠す目眩しだ - 11月07日(木)22:00 

インターネットのプラットフォームでは、何もかもが逆さまに感じられることがある。政治とパブリッシング、文化と商売、そしてそう、嘘のための真実のすり替えだ。 今週は、Twitter(ツイッター)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏の周囲に広がる光景に奇妙な逆転現象が起きていた。その製品が何のプラットフォーム(舞台)になっているか(たとえばナチス)を示すモラルの歪曲を真後ろで支えているハイテク企業のCEOとして名高い彼が、政治的発言の倫理性に泥縄のツイートストームを展開したのだ。 実際、彼は、民主主義と社会を擁護する態度を示し、人々の生活に強大な影響力を与える巨大無料プロパガンダ帝国を運営しつつ、現実からはまったく遊離したもう一人のハイテク兄弟であるFacebook(フェイスブック)のMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏の師匠だ。 したがって、完全な逆転とは言えないかも知れない。 要は、Twitterは今後は政治広告を受け付けないという、それだけの話だ。 We’ll share the final policy by 11/15, including a few exceptions (ads in support of voter registration will still be allowed, for instanc...more
カテゴリー:

SNSプラットフォームに「 政治広告 」はアリかナシか?:2020年大統領選挙が新たな論争に火をつける - 11月12日(火)11:50 

Facebookとエリザベス・ウォーレン上院議員が火を付けた、2020年大統領選でプラットフォームは政治広告を許容すべきか否かに関する、数週間におよぶ論争があった。この政治広告に関する騒動は、扇情的な政治広告の隣に自社のコンテンツを表示されたくない広告主に、ブランドセーフティへの懸念を抱かせることになった。 The post SNSプラットフォームに「 政治広告 」はアリかナシか?:2020年大統領選挙が新たな論争に火をつける appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

大統領選挙戦でデジタル広告担当だった私がTwitterの政治広告禁止を支持する理由 - 11月11日(月)17:30 

2020年大統領選挙キャンペーンで、当時は大統領候補だったセス・モルトン下院議員(8月に撤退を表明)のデジタル・ディレクターとして私は、インターネット上で行われるあらゆるキャンペーン活動を取り仕切っていた。嫌われ者の電子メール、拡散して欲しいと願う動画、実地で活動してくれる支援者をまとめるオンラインインフラなどいろいろあるが、中でも時間的にも資金的にも最大の投資先はデジタル広告だった。 私たちのキャンペーンでは他の多くの候補者の場合と同様、給与を除き、単独で最も多くの資金が費やされるのがデジタル広告だった。ところが、そうした広告は、キャンペーンにとっては非常に厄介なものだ。民主主義にとって有害であり、それで利益を得ている企業にとっても害悪だ。先週、Twitter(ツイッター)のCEOジャック・ドーシー氏は政治広告を禁止するという、大胆にして初めての一歩を踏み出した。Facebook(フェイスブック)のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏とGoogle(グーグル)のCEOであるサンダー・ピチャイ氏も、それに続くべきだ。 デジタル広告は、新しい支持者を得るためには最も重要なチャンネルのひとつであり、「10ドル、5ドル、または、できることならなんでも構わないのでご支援いただけますか?1ドルでも大助かりです!」といった極めて重要なお願いをすることができる。米民主党全国委員会がこの2月に、大...more
カテゴリー:

欧州競争委員、政治広告禁止のツイッター支持 フェイスブック非難 - 11月08日(金)04:23 

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会のベステアー委員(競争政策担当)は7日、政治広告を禁止した米短文投稿サイトのツイッターを称賛する一方、政治広告を継続する方針を示したフェイスブックに対しては「有権者が投票する人物を事実上操作する」として非難した。
カテゴリー:

グーグルが政治広告の方針変更を検討、関係者語る.. - 11月07日(木)22:49 

グーグルが政治広告の方針変更を検討、関係者語る-議論白熱の中
カテゴリー:

ツイッターが政治広告を全面禁止、ドーシーCEO.. - 11月07日(木)19:30 

ツイッターが政治広告を全面禁止、ドーシーCEO表明
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「政治広告」の画像

もっと見る

「政治広告」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる