「政権側」とは?

関連ニュース

米最高裁、ロシア疑惑の捜査資料開示を差し止め - 05月21日(木)13:33 

[ワシントン 20日 ロイター] - 2016年の米大統領選にロシア政府が介入した疑惑を巡り、米連邦最高裁は20日、民主党主導の下院司法委員会が開示を求めていた捜査資料の開示を差し止めるよう命じた。 連邦高裁は3月、捜査資料の開示を命じる判決を出していたが、最高裁は6月1日までは政権側に正式に上告できる権利があると判断。上告が認められれば、最終判決が出るのは11月3日の大統領選以降となる可能性
カテゴリー:

米民主党上院議員、台湾TSMCの米工場建設で政権に説明求める - 05月20日(水)12:55 

台湾積体電路製造(TSMC)が米アリゾナ州に総工費120億ドルの半導体工場を建設すると発表したことに対し、民主党の重鎮シューマー上院院内総務らが、国家安全保障上の懸念などを指摘し、トランプ政権側に説明を求めた。
カテゴリー:

菊間千乃弁護士「『恣意的な人事ない』は信じられない」 「#週明けの強行採決に反対します」もTwitterトレンドに(検察庁法改正案) - 05月17日(日)10:43 

検事総長らの定年延長を特例的に可能にする検察庁法改正案。法案を審議する衆院内閣委員会での採決は来週以降に持ち越しとなり、与党は来週中にも採決をして衆院を通過させたい考えだ。元民放アナウンサーの菊間千乃弁護士は5月16日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演。安倍晋三首相や森雅子法務相ら政権側が、検察庁法改正案について「恣意的な人事が行われることはない」との説明を繰り返していることについて、「にわかには信用できない」と切り捨てた。 長期政権で「あり得ない不祥事が数々起こっている」菊間弁護士は続けて、こう理由を説明した。「まず一つ目はこの段階で延長の基準が決まっていないということ。内閣って最高裁の裁判官の任命権も持っているんですね。現在最高裁判事15名全員が、安倍政権長期政権なので、全員安倍政権が任命しているんです。最高裁判事って裁判官、弁護士、検察官から何人って枠が慣例で決まってたんですけど、これが弁護士枠が恣意的に減らされたりしている」(菊間弁護士)加計学園の獣医学部新設をめぐる問題にも言及。「学園の元幹部の方が最高裁判事に任命されたりっていうところを見ると、何かあるんじゃないのかなと思う部分はあります」「官僚の幹部の人事も安倍政権になってから内閣の人事局に集められて、偶然かもしれないですけれども、その後に官僚の方が政権に忖度するかのようなことによる、あ...more
カテゴリー:

元検察のオールスターみたいな連中から意見書貰った森まさこちゃんは、この土日どんな気持ちで過ごしてるの? - 05月16日(土)14:14  poverty

https://www.asahi.com/sp/articles/ASN5H4RTHN5HUTIL027.html 当時特捜部にいた若手検事の間では、この降って湧いたような事件に対して、特捜部として必ず捜査に着手するという積極派や、着手すると言っても贈賄の被疑者は国外在住のロッキード社の幹部が中心だし、 証拠もほとんど海外にある、いくら特捜部でも手が届かないのではないかという懐疑派、苦労して捜査しても(1954年に犬養健法相が指揮権を発動し、与党幹事長だった佐藤栄作氏の逮捕中止を検事総長に指示した) 造船疑獄事件のように指揮権発動でおしまいだという...
»続きを読む
カテゴリー:

米上院共和党トップ、コロナ対応の追加景気対策に「オープン」 - 05月15日(金)09:56 

米上院共和党トップのマコネル院内総務は14日、新型コロナウイルス感染拡大に対応した追加景気対策の可能性にオープンだとの立場を示し、トランプ政権側と協議していると明らかにした。
カテゴリー:

米民主党上院議員、台湾TSMCの米工場建設で政権に説明求める - 05月20日(水)12:55 

台湾積体電路製造(TSMC)が米アリゾナ州に総工費120億ドルの半導体工場を建設すると発表したことに対し、民主党の重鎮シューマー上院院内総務らが、国家安全保障上の懸念などを指摘し、トランプ政権側に説明を求めた。
カテゴリー:

「検察庁法改正、採決見送りへ」⇒有本香「野党の人たち、逆に困るんじゃないの?(笑)」⇒自治労を支持層に持つ立憲民主党の枝野が焦る… - 05月18日(月)17:59  seijinewsplus

https://anonymous-post.fun/archives/1065 読売・共同・時事と揃ってきました。政府・与党で動きがあるのは間違いないでしょう。あと一押し。単なる『先送り』で国民の関心が薄れるまで待つというのは許されません。#検察庁法改正部分は切り離し を求めて行きます。https://t.co/jYUgmEhXRa @jijicomさんから — 枝野幸男 りっけん 立憲民主党 (@edanoyukio0531) May 18, 2020 ハッシュタグに危機感が現れ過ぎててクソ笑う🤣🤣🤣 https://t.co/mIUBtlhbit — ピーチ太郎2nd (@PeachTjapan2) May ...
»続きを読む
カテゴリー:

見通せぬイエメン内戦終結 南部勢力の自治宣言で三つどもえの争いへ - 05月16日(土)17:27 

 2015年から続く内戦による医療崩壊で新型コロナウイルスの感染爆発が懸念されるイエメンで、南部の分離を主張する勢力「南部暫定評議会」(STC)が自治支配地域の確立を宣言し、事態が複雑化している。STCはアラブ首長国連邦(UAE)の後押しを受け、これまではサウジアラビアが支援するハディ暫定政権側に立
カテゴリー:

「日本の刑事司法が崩壊しかねない」元検事総長ら、検察庁法改正案に反対する意見書を提出 - 05月15日(金)16:23 

検察官の定年を延長する検察庁法改正案をめぐり、松尾邦弘元検事総長ら検察出身者による意見書が5月15日、法務省に提出された。検察幹部の定年延長を認める規定の撤回を求め、改正によって政権の介入が強まってしまった場合に「日本の刑事司法は適正公平という基本理念を失って崩壊することになりかねない」と危機感を示した。意見書は、松尾邦弘元検事総長、堀田力元法務省官房長ら元検察庁幹部ら10数人の連名で出された。黒川弘務東京高検検事長の定年延長や、内閣が認めた場合に幹部の「役職定年」が延長できるという改正案の規定を批判した。黒川検事長は閣議決定で定年延長され、安倍晋三首相は「国家公務員法の定年関係の規定は検察官には適用されない」という従来の解釈を変更したと説明している。意見書は、「検察庁法に基づかないものであり留任には法的根拠はない」と指摘。唯一起訴権限を持つ検察官の特殊性に触れて「検察官も一般の国家公務員であるから国家公務員法が適用されるというような皮相的な解釈は成り立たない」と訴えた。続けて「本来国会の権限である法律改正の手続きを経ずに内閣による解釈だけで法律の解釈運用を変更した」と批判した上で、「近代国家の基本理念である三権分立主義の否定にもつながりかねない」と危機感を示した。改正案では、検事長など幹部が63歳で退職する「役職定年」を設けた上で、内閣が認めればその年齢を過ぎても役職にとどまるこ...more
カテゴリー:

#検察庁法改正案に抗議します。権力者が守られ、人々が守られない国を取材して - 05月15日(金)09:16 

#検察庁法改正案に抗議します というハッシュタグと共に、Twitter上などで多くの声があがっています。1月31日、政府は黒川弘務東京高検検事長の定年延長を閣議決定しました。1981年の政府答弁では、国家公務員法の定年延長は検察官には適用されないとしています。これについて問われた首相は、「今般、解釈を変えた」と答弁。ところが「法解釈変更」という非常に重大な経緯を示した文書を、森法務大臣は「口頭決裁で問題ない」としたのです。その「協議文書」には、日付さえ記されていませんでした。そして衆院で審議入りした「国家公務員法等の一部を改正する法律案」に含まれる検察庁法改正案には、こうした不可解な経緯を後付けで、追認するかのような「特例措置」が盛り込まれています。法案の中では、63歳以上の「役職定年」を導入するとしながらも、内閣や法務大臣が認めた場合、例外的に延長することも可能という規定を設けており、検察官の独立性、中立性が現状よりも損なわれる恐れがあります。 つまり、政権にとって有利な人物がその役職に留まることを認められ、反対に政権に不利益な捜査を行う検察官は定年延長が認められない、ということも起きかねません。そのような状況で本当に検察官は、政権の顔色を窺うことなくまっとうな公務を行うことができるのでしょうか。 これに対し、東京弁護士会会長声明は1月31日の閣議決定の撤回と...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「政権側」の画像

もっと見る

「政権側」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる