「政府主導」とは?

関連ニュース

不動産クラウドファンディング「利回り不動産」が情報公開、「第59号大和市区分マンションリースバック」が、7月19日(金)17時より募集開始! - 07月19日(金)16:00 

不動産クラウドファンディング「利回り不動産」を提供する株式会社ワイズホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役:和泉隆弘)は、新着案件「第59号大和市区分マンションリースバック」の募集を、2024年7月19日(金)17時より抽選式で募集開始します。利回り不動産は、2021年春にサービスを開始して以来、現在までに50以上のファンドを組成し、元本割れのない運用実績を達成しました。新たに募集する利回り不動産第59号ファンド「大和市区分マンションリースバック」は、神奈川県大和市の区分マンション1戸を、リースバック(売主が賃借人として居住を続ける)により取得し、賃貸物件として運用するファンドです。インカムゲイン5.2%(年換算)の分配を目指します。なお、運用開始から6か月後を基準日として中間分配を予定しております。本ファンドは、ひとり当たりの投資申込上限を20口(200,000円)に設定しており、より多くの会員様が投資申込しやすい「投資応援ファンド」です。相模大塚駅周辺エリアは、相鉄本線に位置し、横浜駅まで約30分、新宿まで直通電車で約1時間の距離にあり、交通アクセスが非常に便利です。駅前には「イオン相模大塚店」や地元の商店街があり、日用品やファッション、地元の生鮮食品が手に入ります。また、和食、中華、イタリアンなどのレストランやカフェも多く、グルメも充実しています。教育面では「相模大塚...more
カテゴリー:

小規模運送会社の倒産急増 4月からの「2024年問題」影響か - 06月30日(日)08:05  newsplus

 燃料価格の上昇に、残業時間を年960時間に規制する「2024年問題」が加わり、運送業で倒産が急増している。東京商工リサーチによると、5月は前年同月比2・1倍の46社が倒産した。5月としては過去20年間でみると2008年の45件を上回り、過去最多を更新した。燃料価格や人件費の上昇分の価格転嫁が進まなければ、年々配達量が増える物流自体が崩壊しかねない。  倒産した企業を規模別でみると、従業員数10人未満が31件で、小規模事業者が3分の2を占めた。倒産理由は、燃料価格上昇などの「物価高」が11件で最も多かった。ドライバーらの...
»続きを読む
カテゴリー:

不動産クラウドファンディング「利回り不動産」より、台湾を代表する建築家とコラボレーションした人気ファンドの第二弾が登場!「京都町屋再生プロジェクトVol.2」本日19時より募集開始! - 07月10日(水)11:00 

不動産クラウドファンディング「利回り不動産」を提供する株式会社ワイズホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役:和泉隆弘)は、新案件「京都町屋再生プロジェクトVol.2」の募集を、2024年7月10日(水)19時より先着で募集開始いたします。ファンドの概要本プロジェクトは「京都町屋再生プロジェクトVol.2」は台湾を代表する建築家の1人、李靜敏(リー・ジンミン)率いる襲園(しゅうえん)グループと、本事業者(株式会社ワイズホールディングス)の共同プロジェクト第2弾となります。本プロジェクトは、京都の伝統的な町屋を再生し、次の世代に継承することを目指しています。また、この取り組みは、不動産クラウドファンディングを通じて、京都の町屋を守り、活性化させることで、豊かな文化と伝統を未来に引き継ぐためのファンドシリーズになります。なお本ファンドの想定リターンは、売却益によるキャピタルゲインで8.0%(年換算)の分配を目指します。台湾の襲園グループと利回り不動産の協力に関して本プロジェクトを手掛けるのは、前回ファンドに引き続き台湾の建築デザイン事業を中心とした総合ライフデザインカンパニー「襲園グループ」と不動産クラウドファンディングサービスを展開する「利回り不動産」です。襲園グループの李靜敏氏(リー・チンミン)は、台湾を代表する建築家の一人で、京都文化とも関わりの深い、1300年前の中国唐朝...more
カテゴリー:

こんなの見てる