「改正案」とは?

関連ニュース

香港の逃亡犯条例、改正へ中国が介入強化 民主派は反発 - 05月26日(日)21:00 

 刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする香港政府の「逃亡犯条例」改正案をめぐり、中国政府が可決へ向け、介入姿勢を強めている。民主派側の反発で膠着(こうちゃく)している事態の打開が狙い。民…
カテゴリー:

<社説>親の体罰禁止法 懲戒権の削除が急務だ - 05月26日(日)06:01 

 「しつけ」と称した親の体罰を禁止する児童虐待防止法と児童福祉法の改正案が成立する見通しとなった。子どもに暴力を振るってはならないという意識を国民に認識させる意味で一歩前進だと言える。法律で明文化されたことで児童相談所などが介入しやすくなる。  ただし、親権者に必要な範囲で子どもを戒めることを認め...
カテゴリー:

虐待、止められぬ母 夫からの暴力「歯が立たない」 防止法改正案、衆院委で可決 - 05月24日(金)23:02 

 児童虐待防止対策の関連法案は24日、衆院厚生労働委員会で、修正案が全会一致で可決され、今国会で成立する見通しとなった。児童虐待はドメスティックバイオレンス(DV)と密接な関係があるとされ、1月に千葉県野田市で栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が虐待死した事件でも、起訴された母親が公判で夫からDVを
カテゴリー:

虐待防止法改正案 衆院厚労委で可決 与野党が修正、成立確実に - 05月24日(金)20:38 

 衆院厚生労働委員会は24日、親による体罰禁止を明記した児童虐待防止法と児童福祉法の改正案の採決を行い、与野党の全会一致で可決した。野党が提出していた対案の一部を政府案に取り込み、与野党が修正案を共同提出した。改正案は28日にも衆院本会議で可決、参院に送付される見通しで、今国会での成立が確実となった。
カテゴリー:

15歳未満案、衆院委可決 特別養子年齢引き上げ - 05月24日(金)17:18 

 特別養子縁組制度の対象を原則6歳未満から15歳未満に引き上げる民法改正案は24日、衆院法務委員会で与党などの賛成多数により可決された。来週にも衆院を通過し、参院に送付される見通し。
カテゴリー:

天安門30年、香港でデモ、中国への容疑者移送反対 - 05月26日(日)19:40 

 香港公共放送RTHK(電子版)によると、中国で大学生らの民主化運動が武力弾圧された1989年の「天安門事件」から6月4日で30年を迎えるのを前に、香港中心部で26日、民主派らが同事件に対する評価の見直しや、中国の一党独裁の終結を求めるデモを行った。主催団体によると約2200人が参加した。デモ隊は同時に、香港政府に対し、香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回も要求した。香港政府は同条例の7月までの可決を目指している。
カテゴリー:

「退職金ゼロ」公約だったのに #群馬県 の #大沢知事、3780万円受領を表明「支給に問題はない」 - 05月25日(土)22:32  newsplus

2019年5月25日17時59分  「退職金ゼロ」を公約として2007年に初当選した群馬県の大沢正明知事(73)が24日、3期目の退職金約3580万円を受け取る考えを明らかにした。大沢氏は7月4日告示の知事選に立候補せず、引退する意向を表明している。取材に対し、15年の3選後に支給基準が引き下げられた経緯などを挙げ、「問題はないと考えている」と話した。1、2期目の退職金は受け取っていない。  大沢氏は07年7月の知事選で、5選をめざした小寺弘之知事(当時)の退職金を「高すぎる」「4期で辞めてもなんと2億...
»続きを読む
カテゴリー:

伐採後の森林、本当に再生するのか 植え直しうまくいかぬ「土砂の振る山」を歩く - 05月24日(金)20:57 

 全国の国有林で最長50年間、数百ヘクタールの伐採・販売権を民間業者に与える国有林野管理経営法改正案が国会で審議されている。現行ルールによるわずか9ヘクタールの伐採地ですら、再造林がはかどらず、山肌をさらしていた。政府は伐採後に森林を再生させると説明するが、本当に可能なのか。【寺田剛、田中裕之】
カテゴリー:

体罰禁止 児童虐待防止法案、衆院厚労委員会で可決 - 05月24日(金)18:35 

 24日の衆議院厚生労働委員会で親による体罰禁止を明記した児童虐待防止法の与野党合意の改正案が、全会一致で可決されました。
カテゴリー:

米国が今度は日本や中国などに追加関税を検討。日本人の反応は? - 05月24日(金)14:10 

米商務省は現地時間23日、ドルに対して自国通貨を割安にする国からの製品に「相殺関税」を課すルール改正案を明らかにしたと、日本の共同通信や英ロンドンに本社を置く通信社ロイターなどが報じている。ロイターによると、中国製品への高関税に関連して米国のさらなる措置の一環とみられており、中国のほかに、日本や韓国、インド、ドイツ、スイスなど6カ国の製品にも高い関税が課せられるリスクがある、としている。 対ドルで自国通貨を割安にする国に相殺関税を検討=米商務省 https://t.co/oBkDZWJeIW — ロイター.co.jp (@Reuters_co_jp) 2019年5月23日 【日本や中国が対象か】 米国、通貨安国に相殺関税https://t.co/iGNsU5EC5o  →割安かどうかは米財務省が判定。米財務省は日本や中国などを通貨政策の「監視対象」に指定してきた。 — 産経ニュース (@Sankei_news) 2019年5月24日 共同通信は、「自国通貨を割安にすることを輸出国側による補助金と見なし関税で対抗し、割安かどうかは米財務省が判定する、としている。この「相殺関税」のルール改正案は、産業界からの意見を聴いた後、正式に決定するという。 米商務省、通貨安国に相殺関税も - 日本、中国が対象かhttps://t.co/UOfGoJTsiS — 共同通信公式 (@kyodo...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「改正案」の画像

もっと見る

「改正案」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる