「改正案」とは?

関連ニュース

少年法、年齢引き下げ見送り 公明反発「更正の余地大」 - 01月27日(月)06:00 

 政府・与党は、少年法の対象年齢を20歳未満から18歳未満に引き下げる同法改正案の今国会提出を見送る方向になった。18、19歳の更生機会が失われるとの反対論が強く、与党内の調整がつかないためだ。政府は…
カテゴリー:

【自民・石破氏】「金持ち政党がバンバン改憲CMいいのか」 - 01月26日(日)10:10  seijinewsplus

 自民党の石破茂元幹事長は25日、大阪市内で講演し、憲法改正を問う国民投票について、「お金持ちの政党がバンバンCM打って勝つなんてことで、憲法改正があっていいとは思わない」と述べ、テレビCM規制の必要性を訴えた。  安倍晋三首相や自民党は国民投票法改正案の早期成立をめざす立場だが、野党を中心にCM規制を含めた議論を求める声が上がっている。  改憲論者の石破氏だが、講演では「金を持っている政党はタレントさんを抱えて、良い時間(帯)のCMの枠を押さえて、『憲法改正、憲法改正』と言うことができる。お金のない...
»続きを読む
カテゴリー:

「宇宙作戦隊」新設へ 今国会での法改正目指す 防衛省 - 01月26日(日)06:21 

宇宙やサイバー分野での防衛能力強化に向け、防衛省は「宇宙作戦隊」を新設するため、防衛省設置法の改正案を今の国会に提出し、成立を目指すことにしています。
カテゴリー:

【ロシア】憲法改正へ - 01月25日(土)15:13  newsplus

ロシア下院は、プーチン大統領が提案した議会及び憲法裁判所の権限拡大、高官に対する外国での居住許可取得の禁止、大統領任期の数の制限、国際法に対する憲法の優位性、国家の社会的義務の強化に関する憲法改正法案を第1読会で承認した。 法案は全会一致(432人)で承認された。 次のステップは、2月11日に開かれる可能性がある第2読会に向けた改正案の準備。 大統領の指示で設置された議員や社会活動家、専門家などで構成される作業グループも提案意見を収集する。 法案は、プーチン大統領が1月15日に行った年次教書演説で...
»続きを読む
カテゴリー:

衆参代表質問 - 01月24日(金)05:15 

■政策論戦へ誠意示せ これでは誠意を欠き、身勝手な答弁と言わざるを得ない。衆参両院での代表質問で、安倍晋三首相は野党が追及する「桜を見る会」やカジノを含む統合型リゾート施設(IR)汚職事件については従来通りの答弁に終始する一方、憲法改正に関しては野党側に具体的な改正案を示すよう求めた。 首相は代表質問に当たって「堂々と政策論争を行いたい」と強調した。だが、政策論戦を深める前提には与野党が課題に取り組もうという認識の共有が必要だ。疑念の解明に後ろ向きでは、その共有は不可能だろう。
カテゴリー:

【少年法改正】政府、改正案の今国会提出見送り 適用年齢下げ、法制審結論出ず - 01月26日(日)10:22  newsplus

 政府は、少年法の適用年齢を20歳未満から18歳未満へと引き下げる同法改正案について、今国会への提出を見送る方針を固めた。  引き下げの是非をめぐり法制審議会(法相の諮問機関)の意見が割れ、集約のめども立っていないためだ。  少年法の適用年齢引き下げは、選挙権年齢と成人年齢の引き下げの動きに連動する形で、2017年2月に法制審に諮問された。ただ、少年法の対象外となる18、19歳の更生面に悪影響が生じるなどとして日弁連を中心に根強い異論があり、法制審でも賛否が伯仲している。  事態打開のため、法務省の事...
»続きを読む
カテゴリー:

【国防】「宇宙作戦隊」新設へ。防衛省、今国会での法改正目指す - 01月26日(日)06:27  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200126/k10012259201000.html 宇宙やサイバー分野での防衛能力強化に向け、防衛省は「宇宙作戦隊」を新設するため、 防衛省設置法の改正案を今の国会に提出し、成立を目指すことにしています。 宇宙やサイバーといった新たな分野での防衛能力の強化を目指して防衛省は、 ことし4月以降、新たな部隊の発足や人員の拡充を検討しています。 具体的には、航空自衛隊に不審な人工衛星などを監視する「宇宙作戦隊」を20人規模で 東京の府中基地に新設するほか、陸・海・空の3自衛隊共同でサ...
»続きを読む
カテゴリー:

【自民】石破氏「金持ち政党がバンバン憲法改正CMいいのか」 - 01月25日(土)19:42  newsplus

※週末政治 自民党の石破茂元幹事長は25日、大阪市内で講演し、憲法改正を問う国民投票について、「お金持ちの政党がバンバンCM打って勝つなんてことで、憲法改正があっていいとは思わない」と述べ、テレビCM規制の必要性を訴えた。 安倍晋三首相や自民党は国民投票法改正案の早期成立をめざす立場だが、野党を中心にCM規制を含めた議論を求める声が上がっている。 改憲論者の石破氏だが、講演では「金を持っている政党はタレントさんを抱えて、良い時間(帯)のCMの枠を押さえて、『憲法改正、憲法改正』と言うことができる。お...
»続きを読む
カテゴリー:

新潟、神戸、呉、札幌… 新たな「バスタ」全国に 国交省、民間参入へ新制度 - 01月25日(土)09:53 

 国土交通省は24日、大型バスターミナルを各地の拠点都市に整備するため、民間参入を促す制度を創設する方針を固めた。ターミナルビルの運営企業がテナント料を得られるようにするのが柱で、道路法改正案を今国会に提出する。JR新宿駅に直結する「バスタ新宿」のような交通結節点を増やし、住民や観光客の利便向上につ
カテゴリー:

無人機「グローバルホーク」部隊編成へ法改正案 自民部会了承 - 01月23日(木)20:59 

 防衛省は23日、航空自衛隊の三沢基地(青森県三沢市)への無人偵察機グローバルホーク配備に向け、約70人体制の部隊を新たに編成する防衛省設置法改正案を自民党国防部会などに提示した。北朝鮮に対する警戒監視強化が主な狙い。改正案は了承された。今国会中の成立を目指す。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「改正案」の画像

もっと見る

「改正案」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる