「携帯電話事業」とは?

関連ニュース

新プランに批判、異例の説明会 ドコモ 楽天参入に危機感 - 05月23日(木)05:00 

 NTTドコモは22日、4月に発表した携帯電話の通信料を最大4割値下げする新しい料金プランの予約を開始した。ドコモは同日、新しい料金体系についての説明会を開き、改めて値下げ効果を強調した。新プランの発表以降、値下げ幅が不十分などとの批判を受けた異例の対応で、背景には楽天の携帯電話事業参入への対抗意識がある。
カテゴリー:

NTTドコモが新料金プランの予約開始 楽天参入に焦り - 05月22日(水)19:11 

 NTTドコモは22日、4月に発表した携帯電話の通信料を最大4割値下げする新しい料金プランの予約を開始した。ドコモは同日、新しい料金体系についての説明会を開き、改めて値下げ効果を強調した。新プランの発表以降、値下げ幅が不十分などとの批判を受けたための異例の対応で、背景には楽天の携帯電話事業参入への対抗意識がある。
カテゴリー:

【docomo・softbank・au】菅官房長官「大手三社は競争が働いていない」 - 05月19日(日)10:31  poverty

菅義偉 2019年05月18日 18:43 先週、電気通信事業法の改正案が成立しました。 今秋から携帯電話の通信料金と端末代金の完全分離が徹底され、利用者にとって分かりやすくなります。 今や携帯電話は一人一台の時代であり、ライフラインのひとつとなりました。 一方で、家計支出における利用料は、デフレが続いていたこの10年間でも約4割も増え、家計を圧迫する大きな要因となっています。 携帯電話の利用料はOECDの調査によれば、日本は加盟国の平均の2倍程度、他の主要国と比べても高い水準です。 このように国民生活に欠...
»続きを読む
カテゴリー:

KDDIが新料金プランを発表、分かりにくいとの批判も - 05月16日(木)17:03 

KDDIが5月13日、新たな携帯電話の料金プランを発表した(ITmedia)。携帯電話事業者各社は政府から「通信料金と端末代金の分離」や値下げを求められており、今回発表された料金プランはこれに対応したものと思われる。実際、KDDIは「4割値下げ」を謳っているのだが、一方で割引の条件や「4割値下げ」の条件が複雑すぎるという声も出ている(ITmediaの続報)。新たに発表された料金プランは「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」で、6月1日より提供が開始される(au公式Webサイト)。Webサイトでは、「新auピタットプラン」について「ずーっと1,980円/月~」、「auフラットプラン7プラス」については「ずーっと3,480円/月~」と書かれているが、前者については『「家族割プラス(3⼈以上)」「2年契約」適用時』『翌月から<~1GB>1,980円/月~<1GB超~4GB>2,980円/月~<4GB超~7GB>4,480円/月~』『※1GB超~7GBの金額はauスマートバリュー適用時の金額です』との注意書きが、後者については『「家族割プラス(3⼈以上)」「2年契約」「auスマートバリュー」適用時』の注意書きが付いている。詳しく見てみると、「新auピタットプラン」は月間データ使用料が1GB以下の場合2,980円/月、1GB〜4GBの場合4,480円/月、7GBまでの場合5,...more
カテゴリー:

KDDI、携帯電話依存から脱却へ - 05月15日(水)20:21 

 KDDI(au)は15日、令和4(2022)年3月期までの3カ年中期経営計画を発表した。売上高に占める非通信事業の比率を現在の2割程度から4~5割に拡大し、国内携帯電話事業に依存した経営体質からの脱却を目指す。金融や通販などの消費者向け事業といった、非通信事業に注力していく。
カテゴリー:

NTTドコモが新料金プランの予約開始 楽天参入に焦り - 05月22日(水)19:30 

 NTTドコモは22日、4月に発表した携帯電話の通信料を最大4割値下げする新しい料金プランの予約を開始した。ドコモは同日、新しい料金体系についての説明会を開き、改めて値下げ効果を強調した。新プランの発表以降、値下げ幅が不十分などとの批判を受けたための異例の対応で、背景には楽天の携帯電話事業参入への対抗意識がある。
カテゴリー:

【docomo・softbank・au】菅官房長官「大手三社は競争が働いていない」★2 - 05月19日(日)12:24  newsplus

菅義偉 2019年05月18日 18:43 先週、電気通信事業法の改正案が成立しました。 今秋から携帯電話の通信料金と端末代金の完全分離が徹底され、利用者にとって分かりやすくなります。 今や携帯電話は一人一台の時代であり、ライフラインのひとつとなりました。 一方で、家計支出における利用料は、デフレが続いていたこの10年間でも約4割も増え、家計を圧迫する大きな要因となっています。 携帯電話の利用料はOECDの調査によれば、日本は加盟国の平均の2倍程度、他の主要国と比べても高い水準です。 このように国民生活に欠か...
»続きを読む
カテゴリー:

【docomo・softbank・au】菅官房長官「大手三社は競争が働いていない」 - 05月19日(日)09:10  newsplus

菅義偉 2019年05月18日 18:43 先週、電気通信事業法の改正案が成立しました。 今秋から携帯電話の通信料金と端末代金の完全分離が徹底され、利用者にとって分かりやすくなります。 今や携帯電話は一人一台の時代であり、ライフラインのひとつとなりました。 一方で、家計支出における利用料は、デフレが続いていたこの10年間でも約4割も増え、家計を圧迫する大きな要因となっています。 携帯電話の利用料はOECDの調査によれば、日本は加盟国の平均の2倍程度、他の主要国と比べても高い水準です。 このように国民生活に欠か...
»続きを読む
カテゴリー:

KDDI、非通信売上高1.5倍 3カ年中計 脱携帯依存目指す - 05月16日(木)06:21 

 KDDI(au)は15日、今年度から3カ年の中期経営計画を発表した。売上高に占める非通信事業の比率を現在の2割から4~5割程度に拡大し、国内携帯電話事業への依存脱却を目指す。第5世代(5G)移動通信システムの商用化に合わせ、携帯電話大手各社は、新しい収益の柱として非通信事業に注力しており、サービス競争が激化しそうだ。
カテゴリー:

改正電波法公布 「5G」通信網の整備本格化へ - 05月14日(火)22:11 

 政府は14日、電波利用料の増額などを柱とする改正電波法の公布を閣議決定した。公布は17日の予定。携帯電話事業者は高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式の年内実用化に向け、基地局開設などの準備を本格化させる。地方創生を看板政策に掲げる安倍晋三政権は、成長戦略の基盤となる通信網整備を通じて都市と地方の格差をどれだけ早期に縮小できるかが課題となる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「携帯電話事業」の画像

もっと見る

「携帯電話事業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる