「推定組織率」とは?

関連ニュース

「連帯」の進路・連合佐賀30年(中)進む組合離れ 若者の勧誘、試行錯誤 - 02月07日(金)10:33 

「困ったら、この2次元コードを読み込んでください」。佐賀大学の本庄キャンパスで1月24日、連合佐賀が開いた提供講座。東京の中央組織・連合から訪れた相原康伸事務局長が240人の学生に語り掛けた。2次元コードからつながるのは労働相談窓口。「ハラスメントとか賃金とか、職場のさまざまな悩みを引き受ける。転ばぬ先の杖として、ぜひ使って」。社会に出る若者に呼び掛けた。 連合佐賀が結成された1990年、労組の推定組織率は全国で25・2%だった。2019年は16・7%まで落ち込み、組合離れが進む。
カテゴリー:

「推定組織率」の画像

もっと見る

「推定組織率」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる