「接近中」とは?

関連ニュース

【環境】衝突か? 全長150km超の巨大氷山、南大西洋の島に接近中 生態系への影響で懸念されていること - 12月02日(水)17:14  scienceplus

全長150km超の巨大氷山が南大西洋の島に衝突? 生態系への影響で懸念されていること  巨大な氷山が、南極から英領サウスジョージア島へと真っすぐに進んでいる。  南大西洋のはずれに浮かぶこの島は、数百万もの海鳥、ペンギン、アザラシたちのすみかだ。  その繁殖地付近に、米国のデラウェア州の面積ほどもある巨大な氷の塊が居座ることになれば、これらの生物たちが陸と海を行き来するルートは閉ざされてしまうかもしれない。  「A-68A」の正式名をもつこの氷山は、2017年9月に南極大陸のラーセン棚氷からはがれ落ちて以来...
»続きを読む
カテゴリー:

【台風対策】窓ガラスに養生テープは有効? 正しい対策方法で警戒しよう - 11月28日(土)11:47 

台風にそなえて窓を養生テープなどで補強する場合があります。この記事では台風の際に養生テープを貼る理由や効果、正しい窓の補強方法、台風接近中の過ごし方について解説します。窓を台風の被害から守るために自分でできることを知り、安全に備えましょう。
カテゴリー:

木星と土星、12月下旬には満月の見かけの直径の4分の1ほどまでに接近 - 11月29日(日)17:25 

最近は日没後の南西の空に並んで見える木星と土星だが、今後日を追うごとに近付いていき、12月下旬には最接近するそうだ(国立天文台 - ほしぞら情報)。 木星と土星が最接近するのは12月22日3時頃だが、日本では既に地平線の下にあるため、実際に最も近付いた状態で観察できるのは12月21日の日没後だという。2つの惑星は満月の見かけの直径の約4分の1にまで接近する。望遠鏡を使えば木星と土星に加え、木星の衛星ガリレオも同じ視野に捉えることが可能とのこと。なお、木星と土星は7月に相次いで地球との距離が最も近くなる衝を迎えていた。 12月17日時点では2つの惑星の距離が満月の見かけの直径程度だが、その左下に細い月が見えて美しい眺めになるそうだ。ただし、日没後の高度は低く、2時間あまりで沈んでしまうため観察可能な時間は限られる。国立天文台では南西の方角の見晴らしの良い場所での観察を推奨している。 すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙 | 関連ストーリー: NASAのロケットの残骸とみられる小惑星、一時的な地球の衛星になる 2020年11月14日 ベテルギウスがこれまで考えられていたよりも小さく、地球に近い位置にあることを示す研究成果 2020年10月20日 肉眼...more
カテゴリー:

地球に接近中の小惑星、1966年に飛び立った月探査機の一部の可能性 - Engadget 日本版 - 11月16日(月)15:04 

地球に接近中の小惑星、1966年に飛び立った月探査機の一部の可能性 - Engadget 日本版9月17日に発見された小惑星「2020 SO」は、2020年11月から2021年5月頃にかけて一時的に地球を周回すると予測されています。ところが、その小惑星は1966年9月20日にNASAが打ち上げた月探査機「サーベイヤー2号」の2段目ロケット、セントールが、深宇宙への漂流を経てふたたび地球に接近している可能性が高いことがわかり...
カテゴリー:

「接近中」の画像

もっと見る

「接近中」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる