「排水溝」とは?

関連ニュース

“水道からの自由”がもたらす未来 東大発ベンチャーのCEOがしかける“新たなインフラ” - 12月03日(木)12:08 

テレビ朝日が“withコロナ時代”に全社を挙げて取り組む初の試み『未来をここからプロジェクト』。本プロジェクトの先陣を切る『報道ステーション』では、「未来への入り口」というコンセプトのもと、多岐にわたる分野で時代の最先端を走る「人」を特集する新企画『未来を人から』を展開している。第6回に登場したのは、水の浄化システムを開発するWOTA株式会社CEOの前田瑶介氏。東京大学で建築学を専攻し、在学中から大手住設メーカーのIoT型水回りシステムの開発プロジェクトに参加。teamLab等でPM・エンジニアとしての勤務や、建築物の電力需要を予測するアルゴリズムを開発・売却を経てWOTAに参画した。2016年の熊本地震を皮切りに、2018年の西日本豪雨など数多くの被災地にて、コンパクトな水の浄化システムとシャワーを提供し、2020年には内閣総理大臣賞である「グッドデザイン賞」の大賞を受賞。『Forbes JAPAN』の“世界を変える30歳未満の30人”「30 UNDER 30」にも選出されている。人類に必要不可欠な「水」の領域で、新たなインフラをしかける前田氏が見据える未来とはーー。※YouTube完全版動画はこちら◆東京ドーム大の下水処理施設を、AI活用で持ち運び可能に水道の通っていない場所であっても、安定的に水を利用できる。それが前田氏の開発した“自律分散型水循環システム”「WOTA BOX...more
カテゴリー:

「出会い」が生まれるのは、きっとこんな軒先。 - 11月19日(木)19:00 

軒先の小さなスペースって、屋内とはちょっと違う空気が流れている気がする。偶然、居合わせた人と仲良くなったり。部外秘のひそひそ話だったり。「ちょっと外」な解放感やそこから生まれるグルーヴ感もさらなり。店先の空間が素敵なお店を3つ紹介しよう。01.「みんなの、人間交差点のような場所でありたい」PARADISE TOKYO(東京・目黒区)アパレルブランド「WACKO MARIA(ワコマリア)」の旗艦店である「PARADISE TOKYO」。男の色気やルーディーさが魅力の同ブランドらしく、ショップも無機質なカラーリングとラギッドな佇まいがなんともクールだ。© 2020 eeeeeeenoショップの前を通るたびに、店先で談笑したりくつろいでいる姿が目に入り、なんとなく気になっていた。「お客さまにもスタッフにとってもゆっくりチルできるようなスペースがあるのはいいですよね」無骨な紳士然としたブランドイメージから勝手に想像していたのとは、正反対のやわらかい物腰で出迎えてくれたPRの村田裕平さん。いからせた肩が緩む。外観に溶け込むように置かれた灰皿について聞いてみた。「これ、もともとは真っ赤の“火の用心”ってかいてある灰皿なんです。お店の外壁と似寄りの塗料を使って塗ってあります。年季が入っていい色合いですよね」© 2020 eeeeeeenoここは、1日中多くの人が行き交...more
カテゴリー:

ワイ、親が買ってきた牛乳を排水溝に捨てる - 11月30日(月)08:03  livejupiter

ふざけんなよ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「排水溝」の画像

もっと見る

「排水溝」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる