「拡張現実」とは?

関連ニュース

ARによるビジュアルな遠隔会議をサポートするStreemが類似企業のSelerioを買収 - 05月25日(土)12:00 

遠隔会議のソフトウェアにコンピュータービジョンの技術を組み合わせたAR企業Streemが、同じく拡張現実の応用企業であるイギリスの小企業Selerioを買収した。 両社は昨年共に、Betaworksのアクセラレーター事業VisionCampに参加し、コラボレーションをしたり、別々にARにおけるコンピュータービジョンの問題に取り組んだりした。 Streemの持ち味はパワーアップしたSkype通話みたいなところにあり、たとえば各種ホームサービスのプロバイダーが家の持ち主とチャットする場合、多くのビジュアルデータを得られる。たとえば電話口で機器の30桁のシリアルナンバーを口頭で伝えるのではなく、画像や映像で分かる。それらのビジュアルデータから間取りを計測したり、その家の特徴に関するノートを取ったりできる。 ポートランドに本社を置く同社は、これまで1000万ドルあまりの資金を調達しているが、最近も新しいラウンドを完了したばかりだ(詳細情報は未発表)。 Selerioの専門技術は、空間の意味的な構造を理解することだ。同社は、ケンブリッジ大学における研究から生まれた。すでにシード資金を獲得しているが、額は公表していない。投資家はBetaworks、Greycroft Partners、GGV Capitalなどだ。同社の3名の社員は全員Streemに加わる。 [原文へ] (翻訳:iwatan...more
カテゴリー:

「超歌舞伎」南座で上演へ AR活用 - 05月24日(金)06:34 

NTTと松竹は23日、8月に京都市の南座で上演する「八月南座超歌舞伎」の制作発表会を開催した。NTTの現実空間に3次元の映像を重ねて表示できる「拡張現実(AR)」技術を活用し、役者の動きを読み取って、別の場所に立体的に表示させるなどの演出を取り入れる。若者や訪日客(インバウンド)などの顧客層の開拓につなげたい考えだ。
カテゴリー:

NTTと松竹、南座で拡張現実活用の「超歌舞伎」上演へ - 05月23日(木)20:20 

 NTTと松竹は23日、8月に京都市の南座で上演する「八月南座超歌舞伎」の制作発表会を開催した。NTTの現実空間に3次元の映像を重ねて表示できる「拡張現実(AR)」技術を活用し、役者の動きを読み取って、別の場所に立体的に表示させるなどの演出を取り入れる。若者や訪日客(インバウンド)などの顧客層の開拓につなげたい考えだ。
カテゴリー:

日本のAR界を牽引?!世界最大のARコミュニティ「AWE」の東京支部「AWE Nite Tokyo」、MESON&Graffity&ENDROLLの3社で共同設立 - 05月22日(水)20:00 

VR、ARといったテクノロジーへの関心が高まっている。エンターテイメントコンテンツからサービス業まで、幅広い分野での活用が進んでいる。 そんな時代の風を受けて、このたびARクリエイティブスタジオ事業を手がける株式会社MESONは、Graffity株式会社と株式会社ENDROLLの3社で、ARコミュニティ「AWE Nite Tokyo」を設立した。 代表としてGraffityの斉藤氏が就任し、オーガナイザーとしてGraffityの森本氏、MESONの梶谷氏と小林氏、ENDROLLの前元氏、大島氏が就任した。 ・世界最大のAR/VRカンファレンス「AWE」 AWE (Augmented World Expo)は、アメリカ、アジア、イスラエル、ヨーロッパで定期開催されている、世界最大のAR/VRカンファレンス・EXPOのこと。 AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)などの3D技術の総称をxR(エックスアール)と呼ぶ。様々な領域で活躍するxR業界のトップランナーが一堂に会し、見て・触れて・学ぶことによる発見やパートナーシップに繋がる機会を提供する場となる。 ・ローカルコミュニティ「AWE Nite」の東京支部を設立 また、定期開催のイベントだけでなく、世界各地に「AWE Nite」と呼ばれるローカルコミュニティが存在しており、ミートアップを定期開催しているという。 AR業界を...more
カテゴリー:

SynopsysとKudanが共同でインテリジェントコンピュータビジョンプロセッシングSoC (System on Chip) の開発を開始 - 05月21日(火)15:30 

SynopsysとKudanが共同でインテリジェントコンピュータビジョンプロセッシングSoC (System on Chip) の開発を開始することを2019年5月20日(米国時間)にアナウンスしております。SynopsysのARC EV6x Vision Processor IPとKudanSLAMソフトウェアは高効率で高精度なマシンビジョンをAI、自動運転、IoT等アプリケーションに提供します詳細は news.synopsys.com(下記リンク)をご参照ください。https://news.synopsys.com/2019-05-20-Synopsys-and-Kudan-Collaborate-to-Accelerate-Development-of-Intelligent-Computer-Vision-Processing-SoCs■ ハイライト・Synopsys DesignWare ARC EV6x Embedded Vision Processor IPに最適化されたKudanSLAMソフトウェアアルゴリズムは、AI、自動運転、IoT等のアプリケーションのための高効率で高精度なコンピュータビジョンをを可能にします・最大4個の512ビットのベクターDSPを含むDesignWare EV6x Vision Processorと、完全にプログラム可能なCNNエンジンは、...more
カテゴリー:

建物や生き物をリアルに体験できるAR地球儀「Shifu Orboot」 - 05月24日(金)09:00 

米国のスタンフォード大学とインド工科大学の卒業生がARの機能を利用した地球「Shifu Orboot」を開発。タブレットやスマートフォンをかざすことで動物や植物などの画像を楽しむことができるスマート地球儀だ。 ・3Dで学べる新感覚の地球儀 AR(拡張現実)技術を用いた「Shifu Orboot」は世界各国の特徴や文化が立体表示される仕組みの地球儀。ゲーム感覚で楽しみながら地理を学習することができる。 スマートフォンやタブレットをかざすと世界中の文化的な建造物や現地の郷土料理、有名な動物等数多くの情報が3Dで表示され、子供も大人もゲームのように楽しみながら学習できる点が特徴。遊びながら学ぶことで、子どもたちは好奇心をもって積極的に学ぶことが期待できるという。 ・英語の勉強にも役立てられる機能 英語での音声ガイダンスも兼ね備えているので英語を勉強中の人にもおすすめ。 世界の国々の文化、動物、建造物、料理など計8個のカテゴリーの解説の吹き替えや歴史の物語を聴きながら学習することができる。子どもはもちろんのこと、大人の語学学習の一環としても役立てられるはず。 子どもだけでなく大人も十分に楽しめるクオリティ。ギフトとしても喜ばれそうなプロダクトだろう。 Shifu Orboot
カテゴリー:

NTTと松竹、南座で拡張現実活用の「超歌舞伎」上演へ - 05月23日(木)20:33 

 NTTと松竹は23日、8月に京都市の南座で上演する「八月南座超歌舞伎」の制作発表会を開催した。NTTの現実空間に3次元の映像を重ねて表示できる「拡張現実(AR)」技術を活用し、役者の動きを読み取って、別の場所に立体的に表示させるなどの演出を取り入れる。若者や訪日客(インバウンド)などの顧客層の開拓につなげたい考えだ。
カテゴリー:

フェイスケイク、ゴールドマン・サックスのテックネット(TechNet)カンファレンス・アジアパシフィック2019でプラットフォーム全体を紹介 - 05月22日(水)23:31 

米カリフォルニア州カラバサス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- スウィベル(Swivel®)バーチャル・ドレッシングルームおよびスカウト(Scout)検索モバイルアプリの開発者であるフェイスケイク・マーケティング・テクノロジーズは、2019年5月22日と23日に香港で開催されるゴールドマン・サックス・テックネット(TechNet)カンファレンスにて、デジタル・ショッピング・プラットフォームを披露し、新しいウィーチャット・スカウト・サーチ拡張現実(AR)・人工知能(AI)ショッピング・アプリを紹介します。 フェイスケイクのリンダ・スミス最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「この世界的な舞台で当社の最新のテクノロジーとイノベーションを初公開し、当社がこの業界でのテクノロジーの利用を推進している様子を紹介するのは、当社のチームにとっては自然なことです。当社のプラットフォームにウィーチャットが加わったことで、フェイスケイクは今後も、ブランドが購買プロセスを通して消費者を導く方法を生み出していきます。」 フェイスケイクのすべての分野(アパレル、美容、
カテゴリー:

Minecraft EarthはARで現実がブロックの世界になりニワトリも飼える - 05月22日(水)09:00 

ゲームのプレイヤー数が1億人を突破すれば、次は2倍の数を目指そうと思うのが自然な成り行き。それは、ゲームがそのまま商品カテゴリーにもなったMicrosoft(マイクロソフト)の「Minecraft」の開発者たち、というかむしろスチュワードも同じこと。このゲームは、さらなる大きな飛躍を遂げた。「ポケモンGO」の流れをくむ、拡張現実(AR)ゲーム「Minecraft Earth」(MCE)に進化したのだ。 米国時間5月18日に発表されたMCEは、iOS版とAndroid版の公式スタートが夏以降とのことだが、完全なMinecraftをモバイル用に、そしてARゲームとして再考したものだ。つまり、どういうこと? エグゼクティブプロデューサーJesse Merriamは、簡潔にこう説明している。「どこへ行ってもMinecraftがある。そしてどこへ行っても、Minecraftで遊べる」。 なるほど、で、どういうこと?もうちょっと詳しく言うと、MCEは他の現実をベースとしたARゲームと同じく、今いる場所の仮想版の中を歩き回り、アイテムを集めたりミニゲームに参加したりできるというものだ。他のARゲームと違うのは、Minecraft: Bedrock Editionが基礎になっているということ。派生版でも、課金を目的にした名前だけのインチキゲームでもない。本物のMinecraftだ。すべてのブロック...more
カテゴリー:

業界初!ARを活用した最適なサイズ提供 もうサイズ違いの製品を“買わない・使わない”で安全作業!「ハセガワ AR」2019年5月21日(火)よりサービス開始 - 05月21日(火)11:00 

はしご・脚立のパイオニア長谷川工業株式会社(本社:大阪市西区 代表取締役社長:長谷川 泰正)では、作業現場の使用シーンや用途に合った製品・サイズを提供するサービス「ハセガワ AR」を2019年5月21日(火)より開始いたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184005/LL_img_184005_1.jpg ハセガワAR ハセガワ ARとは、AR(拡張現実)の機能を活用し、はしごや脚立を実際に使用する場所に原寸サイズのまま製品を映...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「拡張現実」の画像

もっと見る

「拡張現実」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる