「招致活動」とは?

関連ニュース

陰謀説も浮上。誰がJOC竹田会長を「6月退任」でクビにしたのか - 03月21日(木)05:00 

3月19日、JOCの竹田恒和会長が6月の任期満了をもって身を引く意向を表明しました。本人は「後進に道を譲るため」としていますが、東京五輪の招致を巡る汚職疑惑が大きな理由となっていることは否めません。この騒動を新聞各紙はどう伝えたのでしょうか。ャーナリストの内田誠さんが、自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』で詳細に分析しています。 JOC竹田会長の「6月退任」を新聞各紙はどう伝えたか ラインナップ ◆1面トップの見出しから……。 《朝日》…「JOC竹田会長 6月退任」《読売》…「竹田JOC会長 退任表明」《毎日》…「「透析再開」要請聞かず」《東京》…「竹田会長 6月退任」 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…「竹田会長 耐えきれず」《読売》…「親の体罰禁止 法律で」《毎日》…「外圧 竹田氏に引導」《東京》…「イメージ悪化 耐えきれず」 ハドル 各紙の全体像を示しながら、共通テーマを「竹田退任」としてやってみることにします。 IOCの水面下の圧力 【朝日】は1面トップから2面の「時時刻刻」、14面社説、23面スポーツ欄、38面社会面まで、「竹田退任」一色の紙面。23面には一問一答も掲載。 1面には「はやぶさ2」の成果、患者殺害事件の再審決定、地方圏の住宅地地価上昇の重要ニュース。3面はいよいよ始まる統一地方選第一弾中心の紙面になっている。 uttiiの眼 「竹田...more
カテゴリー:

JOC会長の後任選びは山下氏を軸に 国際的な信頼回復が課題 - 03月20日(水)04:19 

JOC=日本オリンピック委員会は、竹田恒和会長の退任表明を受け、柔道で国民栄誉賞を受賞した山下泰裕氏を軸に後任選びを本格化させることになります。JOCを中心とした招致活動に向けられた国内外からの疑惑を払拭(ふっしょく)するために、新たな態勢のもとで信頼回復に取り組むことが求められます。
カテゴリー:

【サッカー】<日本サッカー協会>2023年女子W杯招致へ!立候補の意思表明書を提出 - 03月15日(金)19:52  mnewsplus

日本サッカー協会は15日、2023年に開催される女子ワールドカップ(W杯)の開催地として立候補するための意思表明書を国際サッカー連盟(FIFA)に12日付で提出したと発表した。  意思表明書の提出は、FIFAが定める招致活動のプロセスにおいて最初の手続き。10月4日までに招致及び開催に関する最終書類、開催合意書などをFIFAに提出、2020年3月に開催国が決定する。  女子W杯は1991年に中国で第1回女子世界選手権として開催され、2003年大会から女子W杯に名称を変更。今年6月7日から7月7日までフランスで第8回大会が開催され、2023年...
»続きを読む
カテゴリー:

【五輪】JOC会長の後任選び、山下泰裕氏を軸に 柔道で国民栄誉賞を受賞 - 03月20日(水)08:02  newsplus

JOC=日本オリンピック委員会は、竹田恒和会長の退任表明を受け、柔道で国民栄誉賞を受賞した山下泰裕氏を軸に後任選びを本格化させることになります。JOCを中心とした招致活動に向けられた国内外からの疑惑を払拭(ふっしょく)するために、新たな態勢のもとで信頼回復に取り組むことが求められます。 JOCの竹田会長をめぐっては、みずからがトップを務めた東京大会の招致委員会が、シンガポールのコンサルタント会社に支払ったおよそ2億2000万円について贈賄の疑いが持ち上がり、フランスの裁判所が裁判を開くかどうかを審...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京五輪】JOCの竹田会長、周囲に退任の意向伝える 19日の理事会で幹部に辞意伝達か - 03月16日(土)22:38  newsplus

JOCの竹田会長、周囲に退任の意向伝える 22:24 https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20190316-OYT1T50269/  2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動にかかわる不正疑惑でフランス司法当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が、周囲に退任の意向を伝えたことが16日、複数の関係者への取材でわかった。JOCの理事会が行われる19日にも、竹田氏の辞意が幹部に伝えられる可能性がある。  JOCは6、7月に役員改選を控えており、今のところ竹田氏続投で20年大...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京五輪】JOC・竹田恒和会長「世界中に復興した姿見せる」被災地への思い - 03月15日(金)05:17  newsplus

https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20190314/mog/00m/050/007000c 東京・わたし JOC・竹田恒和会長「世界中に復興した姿見せる」 2019年03月15日  2020年東京五輪の招致委員会理事長を務め、東日本大震災からの「復興五輪」の意義を訴えてきた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)に被災地への思いを聞きました。【聞き手・小林悠太】  ――東日本大震災から約4カ月後の11年7月、20年大会の立候補が正式に決まりました。  ◆震災が起きた時は、正直、(20年大会の国内)開催は難しいと思いました。招...
»続きを読む
カテゴリー:

「招致活動」の画像

もっと見る

「招致活動」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる