「拒絶反応」とは?

関連ニュース

青井実アナへの「いじめ」は「名家の御曹司」ゆえの宿命?NHKからフジ転身も現場は拒絶反応…脳裏に蘇る老舗料亭とミタパンの名 - 02月21日(水)18:45 

今年1月にNHKを退職しフリーになった青井実アナウンサー(43)。4月からはフジテレビの報道番組『Live News イット!』のMCになる予定ですが、フジ局内がこの人選に強い拒絶反応を示しているようです。青井アナと言えば、NHK時代は『ニュースウオッチ9』で“夜の顔”を担当。丸井創業者一族の「御曹司」として、全身から滲み出る「育ちの良さ」が評判だったイケおじですが、一方では、親族企業からの役員報酬を得ていたとして、兼職を禁止するNHKから厳重注意処分を受けていたとも。この記事ではそんな「名家出身アナ」の苦労を、芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さんが振り返ります。 青井実アナの「フジテレビ転身」に現場は拒絶反応!? 4月から“NHK夜の顔”から“フジテレビ夕方の顔”に転身する青井実アナウンサーに思わぬ逆風が吹いているようです。 この数年フジテレビが苦戦を強いられていた夕方の報道・情報番組のMCが榎並大二郎アナから青井アナに交代することで新規視聴者を獲得できるのなら良いのでしょうが、どうやら現場は手放しで“ウエルカム”とはなっていないようなんです。 関係者に改めて話を聞けば、「青井アナってどこがどう凄いの?」とか「アナウンサーとしてはどうなの?」といった、アナウンサーとしての資質そのものに疑問を持つ人間や、夕方から深夜枠に移動させられた榎並アナを心配する声で浮き足立...more
カテゴリー:

羽田事故受け日航がペット同伴を検討 現行は1社のみ、アレルギーや苦情で慎重姿勢根強く - 02月16日(金)18:02  newsplus

日本航空が、ペットの客室内への同伴搭乗を検討していることが16日、分かった。1月2日に羽田空港で発生した航空機の衝突事故で、貨物室に預けられたペット2匹が取り残されたことを受け、同伴搭乗を求める声を踏まえた。ただ、他社は他の乗客からの拒絶反応などを考慮して慎重姿勢で、日本の航空会社も現状は同伴搭乗を認めているのは1社にとどまる。 ■オンライン署名も 「機内に持ち込むことを許してほしい」 衝突事故後にペットの同伴搭乗を巡り芸能人らがSNSなど自らの思いを訴え、オンライン署名サイトでも多くの賛同...
»続きを読む
カテゴリー:

臓器移植専用のブタが誕生。国内初。これにはさすがの愛護家も・・・ - 02月13日(火)06:00  news

人間移植用の臓器持つブタ、国内初誕生 遺伝子改変、25年臨床研究 2024/2/13 00:01 毎日新聞 遺伝子が改変されて人間への移植用の臓器を持った状態の子ブタが11日、国内で初めて誕生した。 種の壁を越えた「異種移植」は、新たな移植医療につながると期待される。今後、国内の研究施設や医療機関でサルへの移植実験を始め、人間に移植する臨床研究を2025年中に始めることを目指す。 明治大発のベンチャー企業「ポル・メド・テック」(川崎市多摩区)は、米バイオ企業「イージェネシス」から輸入した遺伝子改変ブタの細胞を使い...
»続きを読む
カテゴリー:

「異種移植」用のブタ、国内で初めて誕生 今夏にもサルへ移植の計画 - 02月13日(火)00:21  newsplus

2/13(火) 0:01配信 朝日新聞デジタル  明治大発ベンチャーのポル・メド・テック社(川崎市)は13日、人間に臓器を移植しても拒絶反応が起きないように遺伝子改変したブタが、日本で初めて生まれたと発表した。国内では人への移植をめざす研究チームも立ち上がり、今夏にも、このブタの腎臓をサルに移植することを計画しているという。  ブタは、米国のバイオ企業eGenesis(イージェネシス)社が作製したもの。通常のブタの臓器は、人に移植すると激しい拒絶反応が起きる。今回のブタはこれを抑えるため、10種類のブタの遺伝子が改...
»続きを読む
カテゴリー:

目覚めよ!恋愛力<2/19〜2/25>の星占い【双子座】 - 02月18日(日)23:00 

双子座さんの愛しかた「あなたしか見えない!」っていうのは最初だけかも。男女問わず、いろんな人やコトに興味がある双子座さんは、恋愛だけじゃ満足できません。束縛してくるお相手とは合わないでしょうね。付き合い方はいたってフレンドリー。口が立つからこそ、言葉の刃で愛する人を傷つけないでくださいね。愛は敬意から。感受性が強くなっているため、ちょっと気に入らないだけで拒絶反応を示しちゃいそうです。それを野放しにすると自分だけの特殊な世界をつくることはできそうですが、他者を寄せ付けなくなりますからね。恋愛としてはどうかと。だからといって、「なんでもいいよいいよ」ではダメ。一緒にいることで成長できる関係を目指してくださいね。女性は、シングルさんは人にどう言われようと、自分がその人を尊敬していて、お相手も敬意をもって接してくれるならそれでいいのでは? 逆に雑な扱いを受けているなら、ほかの人に目を向けましょう。カップルさんはお互い束縛せず、自由でいられるのはそれぞれへの敬意あってのことと心得ましょう。男性は、シングルさんはアプローチするなら、下から目線で敬語を使って。礼儀正しさを男性の魅力のトップに挙げる方は多いですからね。紳士がモテます。カップルさんはお互い、同じ方向の未来を見ているなら、将来について話し合ってみては? 逆にそうでないなら、これ以上一緒にいるメリットって何? ってことになっちゃうかも...more
カテゴリー:

ブタの臓器移植でヒトの寿命は伸びるか。不老不死時代の人生設計はどう変わる? - 02月13日(火)20:25 

世界各国が研究を進める、ヒトへの臓器の異種移植。そんな中にあって明治大学発のベンチャー企業が、アメリカのバイオ企業が開発した「ヒトに臓器移植しても拒絶反応が起こりにくいブタ」の細胞からクローンを作製し、2月11日に3頭の子豚が生まれたことが報じられ、大きな話題となっています。このブタからヒトへの異種移植が可能となり一般的に普及されれば、人間の寿命も大きく伸びることが期待されることとなりますが、もしそのような社会となった場合、「人生100年時代」と言われる現在よりもさらに先を見据えた人生設計が必要となるのもまた事実です。今回、ボディビル全米大会の覇者であり“筋肉博士”の異名を持つ山本義徳さんは自身のメルマガ『博士の「Optimal Body 研究所」』で、飛躍的に寿命が伸びた人間は、どのような人生を送ることになるのかについて考察しています。 「移植」された人間の意識は「本人」としてアップロードできるのか 今回は趣向を変えて哲学的な話をしたいと思います。 テーマリクエストに「今後、人は何歳まで生きられそうか。それによって人生設計が変わるかもしれない」という内容のものがあり、合わせて私の考えをお伝えしていきます。 SFなどで良く出てくるのが、ヒトの意識をコンピュータに移植するというものです。 これが可能ならば、バックアップを取っておけば事故などで死んでも簡単に生き返ることができます。 し...more
カテゴリー:

日本、人間への臓器移植用ブタ、生産開始 - 02月13日(火)01:02  poverty

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240213/k10014356111000.html アメリカで開発された、ヒトに臓器を移植することを想定した特殊なブタを、明治大学発のベンチャー企業などのグループがクローン技術を使って生産することに成功し、国内で初めて子ブタが生まれたと発表しました。 これは、ブタのクローン技術などを研究する明治大学発のベンチャー企業「ポル・メド・テック」などのグループが発表しました。 このブタはアメリカのバイオ企業がヒトに臓器を移植することを想定して拒絶反応が起こりにくくなるよう遺伝子操作をし...
»続きを読む
カテゴリー:

「異種移植」用のブタ、国内で初めて誕生 今夏にもサルへ移植の計画 - 02月13日(火)00:01 

 明治大発ベンチャーのポル・メド・テック社(川崎市)は13日、人間に臓器を移植しても拒絶反応が起きないように遺伝子改変したブタが、日本で初めて生まれたと発表した。国内では人への移植をめざす研究チームも…
カテゴリー:

こんなの見てる