「拒否権」とは?

関連ニュース

Googleがファーウェイとのハードウェア、ソフトウェアの譲渡を中断 ネット「日本のユーザー、早めに中古店に売ったほうが…」「倒産… - 05月20日(月)17:48  seijinewsplus

https://anonymous-post.mobi/archives/7849 日曜日にロイターが指摘したように、オープンソースライセンスで保護されているものを除き、GoogleはHuaweiとのハードウェアおよびソフトウェア製品の譲渡を必要とする事業を中断した。中国の技術会社は、米国政府との戦いで そしてその決定は、ドナルド・トランプ政府が中国の企業を商業上のブラックリストに入れた後に行われたが、ファーウェイの場合、紛争はスパイ行為の告発にまで及ぶため最後の関税違反の前に行われた。 このようにして、トランプ政権が戦争を宣言して以来、Huawei社...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】Huawei社は最大の危機に瀕している可能性があります - 05月20日(月)07:43  newsplus

日曜日にロイターが指摘したように、オープンソースライセンスで保護されているものを除き、GoogleはHuaweiとのハードウェアおよびソフトウェア製品の譲渡を必要とする事業を中断した。中国の技術会社は、米国政府との戦いで そしてその決定は、ドナルド・トランプ政府が中国の企業を商業上のブラックリストに入れた後に行われたが、ファーウェイの場合、紛争はスパイ行為の告発にまで及ぶため最後の関税違反の前に行われた。 このようにして、トランプ政権が戦争を宣言して以来、Huawei社は最大の危機に瀕している可能性があります。...
»続きを読む
カテゴリー:

金正恩がわざわざ訪露してまでプーチンと「世間話」をした理由 - 05月09日(木)04:30 

段階的非核化を主張するもアメリカからは受け入れられず、すがるようにロシアに出向きプーチン大統領と会談を行った北朝鮮の金正恩委員長。しかし合意文書等の発表もなく、あくまで「意見交換のみ」に終わり、その成果に対して疑問視する声も各所から上がっています。そもそもこの会談の意図はどこにあったのでしょうか。国際ジャーナリストの北野幸伯さんが自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で分析しています。 金正恩プーチン会談の目的は? 皆さんご存知と思いますが、金正恩が訪ロし、プーチンと会談しました。 プーチン氏、経済・人道分野での協力の可能性に言及  毎日新聞 4/25(木)20:22配信   【ウラジオストク(ロシア極東)渋江千春、大前仁】ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による初めての首脳会談が25日、ウラジオストクのルースキー島で開かれた。2月の米朝首脳会談決裂を受け、朝鮮半島の平和体制構築について意見交換し、地域の安定に向けた連携強化で一致。金委員長が自国の非核化を含む「朝鮮半島情勢の共同管理」の意義を強調するのに同調してプーチン氏も半島問題での外交的解決で積極的役割を果たすと表明し、両国の協力関係を強調した。 金とプーチンの単独会談が2時間。閣僚を交えた拡大会合が1時間半。計3時間半話し合ったそうです。 合意文書はなく、朝鮮半島情勢、非核化...more
カテゴリー:

【経済】Huawei社は最大の危機に瀕している可能性があります★2 - 05月20日(月)08:53  newsplus

日曜日にロイターが指摘したように、オープンソースライセンスで保護されているものを除き、GoogleはHuaweiとのハードウェアおよびソフトウェア製品の譲渡を必要とする事業を中断した。中国の技術会社は、米国政府との戦いで そしてその決定は、ドナルド・トランプ政府が中国の企業を商業上のブラックリストに入れた後に行われたが、ファーウェイの場合、紛争はスパイ行為の告発にまで及ぶため最後の関税違反の前に行われた。 このようにして、トランプ政権が戦争を宣言して以来、Huawei社は最大の危機に瀕している可能性があります。...
»続きを読む
カテゴリー:

国際交渉人が警戒。中東地域に嵐を呼ぶトルコの「危険なあそび」 - 05月13日(月)18:33 

メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で、数々の国際舞台で交渉人を務めた島田久仁彦さんが、かねてからその動向に注意を払っているトルコで、エルドアン大統領が強権を発動する事態が起きました。さらに、アメリカのイランに対する強硬姿勢がさらに強まったことも加わって、ますます危険な状況になっている中東情勢を解説し、警戒を呼びかけています。 もう引き返せない中東情勢の悪化の兆し GWが明けて今週入ってきたトルコからのニュースには思わず目を覆いました。エルドアン大統領が“民主的に行われたはず”のイスタンブール市長選挙のやり直しを宣言し、選挙管理委員会もその申し立てを受け入れる形で、再選挙になる見通しとなりました。 理由(こじつけ?)としては、『本来、公務員で組織されるはずの選挙管理スタッフの中に、非公務員が紛れ込んでいたため、不正が行われた可能性が否めない』ということのようですが、すでに国内は、エルドアン大統領と彼の政党AKPの横暴に対し、真っ向から対立の様相を呈してきました。 『イスタンブールを制する者は、トルコ全土を制する』 これは、自らがイスタンブール市長を踏み台に、首相、絶対権限の大統領にまで駆け上がったエルドアン大統領の言葉・意識ですが、前首相のユルドゥルム氏という超大物を擁立しながら、僅差で野党候補に負けた“事実”を受け入れることが出来ず、考...more
カテゴリー:

「拒否権」の画像

もっと見る

「拒否権」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる