「投資事業」とは?

関連ニュース

調理ロボットサービス開発のコネクテッドロボティクスが東京大学松尾豊研究室からスピンアウトしたベンチャーキャピタルDeep30より資金調達を実施 - 08月14日(火)14:40 

[コネクテッドロボティクス株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/31342/3/resize/d31342-3-404472-1.jpg ] 「Deep30」(Deep30投資事業有限責任組合 代表組合員:田添聡士)は、日本における人工知能(AI)研究の第一人者として知られている東京大...
カテゴリー:

【企業決算】セコム、純利益33%増、4~6月期 警備好調 - 08月12日(日)09:30  newsplus

◆セコム、純利益33%増、4~6月期 警備好調 セコムが10日発表した2018年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比33%増の273億円だった。 同期間として4年ぶりに最高益を更新した。 主力のセキュリティー事業での伸びに加え、米国で手がける投資事業の運用益を計上したことが全体の利益を押し上げた。 税負担が実質減ったことも寄与した。 売上高は6%増の2290億円と4年連続で過去最高を更新。 昨秋に買収したコールセンターを手がける企業の収益が3カ月分加わったことも寄与した。 売上高の6割を占めるセキュリテ...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業決算】楽天の1~6月期、純利益60%増 投資先の株式評価益拡大 - 08月06日(月)20:12  newsplus

◆楽天の1~6月期、純利益60%増 投資先の株式評価益拡大 楽天が6日に発表した2018年1~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比60%増の645億円だった。 投資事業で株式評価益が膨らんだ。クレジットカード「楽天カード」の手数料収入が伸びたことなども寄与した。 売上高にあたる売上収益は16%増の5121億円だった。 楽天カードや楽天銀行などフィンテック事業が好調だった。 国内の電子商取引(EC)事業は売上収益が堅調だったものの、配送費用などが重荷となり利益面では苦戦した。 営業利益は31%増...
»続きを読む
カテゴリー:

2018年7月度 ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業 Web出張予約システム25社新規オープン - 08月03日(金)16:39 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

投資事業が牽引/日本商業開発19年3月期1Q - 08月13日(月)09:00 

 日本商業開発(株)は10日、2019年3月期第1四半期決算(連結)を発表した。
カテゴリー:

プレスリリース案件の進捗状況に関するご報告 - 08月10日(金)16:40 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

スマホ・PC・ニンテンドースイッチ向けゲーム開発・運用と海外でのオフショア開発・人材事業を行う株式会社ジーゼと資本業務提携 - 08月03日(金)16:40 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

インバウンド関連事業の集約に向けた子会社合併及び株式会社インバウンド プラットフォームへの社名変更について  - 08月01日(水)17:30 

[株式会社エボラブルアジア]  One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コ...
カテゴリー:

「投資事業」の画像

もっと見る

「投資事業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる