「投票率」とは?

関連ニュース

【MLB】MLB最多762発ボンズの殿堂入りの行方は? ファン賛否「史上最高のステロイドユーザー」 - 01月19日(日)20:45  mnewsplus

2020年の米国野球殿堂入りは1月21日に発表、ジーター氏の史上2人目の“満票選出”に注目 2020年の米国野球殿堂入りは1月21日に発表される。ヤンキースの英雄デレク・ジーター氏が史上2人目の“満票選出”に注目が集まる中、MLBスタッツはMLB史上最多の762本塁打を誇るバリー・ボンズ氏の動向に注目している。 【写真】「彼は体脂肪率0%」…引退後も変わらぬイチロー氏の締まった身体が印象的、若手選手のミラーが公開した2ショット写真  通算762本塁打、2558四球とMLB史上最多の記録を持ち、日本でもお馴染みのボンズ氏。野球殿堂...
»続きを読む
カテゴリー:

外交部、蔡英文総統再選に対する各国の祝意に感謝 - 01月13日(月)00:00 

中華民国(台湾)第15代総統・副総統選挙および第10期立法委員(国会議員)選挙の投開票が11日に行われた。中央選挙委員会の発表によると、蔡英文総統と副総統候補の頼清徳氏のペアは817万票を獲得、得票率57.13%で当選した。投票率は74.9%に達した。これは、蔡英文総統の再選というだけでなく、台湾の総統選挙における過去最多の得票数となった。投開票の結果を受けて11日夜、米国のマイク・ポンペオ国務長官や日本の茂木敏充外相らが相次いで祝意を表し、「台湾の人々が強固な民主主義制度の力強さを示した」と称えた。   12日午後までの時点で、中華民国(台湾)の国交樹立国のうちエスワティニ王国のムスワティ3世、アンブロセ・マンドゥロ・ドラミニ首相、パラオ共和国のレメンゲサウ大統領、ナウル共和国のライノル・ローウェン・エニミア大統領、ツバルのカウセア・ナタノ首相、マーシャル諸島共和国のCasten Nemra外相、パラグアイ共和国のマリオ・アブド・ベニテス大統領、グアテマラ共和国のジミー・モラレス大統領、アレハンドロ・ジャマティ次期大統領、ホンジュラス共和国のフアン・オルランド・エルナンデス大統領、ベリーズのディーン・バーロウ首相、パトリック・ファーバー副首相、ハイチのジョブネル・モイーズ大統領、ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領、ロサリオ・ムリジョ副大統領、セントクリストファー・ネイ...more
カテゴリー:

台湾総統選、投票始まる - 01月11日(土)12:25 

 台湾の総統選挙の投票が始まりました。中国に強硬な姿勢をとる蔡英文総統と中国寄りの国民党・韓国瑜候補の事実上、2人の争いとなっています。  中国との距離をどう取るのかが最大の争点となっている今回の総統選挙。こちらの投票所では投票開始前から市民が行列をつくっていて、関心の高さが伺えます。  「国家として安定した地位と尊厳を得るための重要な選挙だと思う」(投票者) 「立場を表しに投票に来ました」(投票者)  投票は日本時間午前9時に始まりました。現職の蔡英文総統は投票を済ませた後、集まった取材陣に対し、「投票率が高くなるでしょう」と笑顔で語りました。  「きょうは天気が良いので皆さん投票するでしょう。投票が無事に行われることを願っています」(民進党・蔡英文総統)  一方、野党の国民党の韓国瑜候補は市長を務める高雄市で投票しましたが、集まった報道陣の取材に応じることなく会場を後にしました。混乱が続く香港情勢の影響で、中国との距離の取り方が選挙の最大の争点となっています。  中国に強硬な姿勢をとる蔡英文総統と中国に近い韓国瑜候補の事実上、2人の争いですが、世論調査では蔡総統がリードしていると伝えられています。蔡総統は選挙戦で「一国二制度」を受け入れないと何度も訴えていて、再選した場合、中国側がどのような反応を示すか注目されます。  投票は日本時間午後5時まで行われ、深夜には大勢が判明すると...more
カテゴリー:

混戦模様の前橋市長選 各団体が公開討論会企画  - 01月10日(金)18:02 

 任期満了に伴う前橋市長選(2月2日告示、同9日投開票)で、市内の2団体が市長選立候補予定者による公開討論会を計画している。過去最多の5人が出馬を表明し、うち4人が保守系と混戦模様の中、初めて討論会を企画する団体も。討論会で選択材料を有権者に示し、投票率アップなど選挙を活性化させる考え。
カテゴリー:

【速報】合理的な人ほど選挙に行かないことが明らかに「自分の一票の影響は限りなくゼロに近い」 - 01月08日(水)17:29  poverty

合理的な人は選挙に行きません。自分の一票が選挙に与える影響、それが限りなくゼロに近いことを知っているからです。 1億人の有権者に対し、自分の一票は1億分の1の効果しかありません。 「近似ゼロ効果」、つまり限りなく効果がゼロなことに対して、わざわざ行動を起こすことは時間と労力のムダです。 したがって、合理的な観点からは、選挙に行かないことが正しい選択なのです。 投票のために、時間をかけて、政治について勉強したり、情報収集することは、合理的な観点から見れば、狂気の沙汰と映ります。合理的な人にとって...
»続きを読む
カテゴリー:

「10年後、政治はこうなってほしい」小学生からの注文 - 01月19日(日)19:00 

 10年後、どんな政治であってほしいのか――。未来の有権者である小学生たちが、朝日新聞記者と意見交換した。地球温暖化やふくれあがる国の借金、低い投票率など、将来につけ回しされてきた課題に政治家たちはし…
カテゴリー:

【北海道】泊村長に元村課長が初当選 原発再稼働「反対ではない」 - 01月12日(日)22:40  newsplus

土日の政治 任期満了に伴う北海道泊村長選は12日投開票され、無所属の元村建設水道課長高橋鉄徳氏(49)が無所属の元村議三浦光博氏(68)を破り、初当選を果たした。高橋氏は北海道電力泊原発の再稼働は安全性確認を前提に「反対の立場ではない」としている。  投票率は85.43%で、得票は高橋氏705票、三浦氏472票だった。  再稼働容認の立場で、3期務めた牧野浩臣村長(73)は高齢などを理由に2019年10月に不出馬を表明、12年ぶりの新人対決になった。  泊原発は全3基が停止中で、13年に原子力規制委員会に再稼働に向けた審...
»続きを読む
カテゴリー:

蔡英文総統が再選、過去最多800万票以上を獲得 - 01月11日(土)00:00 

中華民国(台湾)第15代総統・副総統選挙および第10期立法委員(国会議員)選挙の投開票が11日に行われた。そのうち第15代総統・副総統選挙では、民主進歩党(以下、民進党)から出馬した現職の蔡英文総統と頼清徳氏のペアが817万231票を獲得して当選した。この得票数は、2008年の総統・副総統選挙で中国国民党(以下、国民党)の馬英九・蕭万長ペアが獲得した765万9,014票を上回り、1996年に台湾で初めて総統・副総統の直接選挙が行われて以来の過去最多となった。   今回の総統・副総統選挙は民進党の蔡英文氏と頼清徳氏、国民党の韓国瑜氏と張善政氏、親民党の宋楚瑜氏と余湘氏の3組が争った。結果は以下のとおり。   ■民進党:蔡英文・頼清徳ペア(当選) 得票率57.13%、得票数817万231票 ■国民党:韓国瑜・張善政ペア 得票率38.61%、得票数552万2,119票 ■親民党:宋楚瑜・余湘ペア 得票率4.26%、得票数60万8,590票   中央選挙委員会の発表によると、総統・副総統選挙の有権者は1,931万1,105人で、そのうち投票を行った人は1,446万4571人、投票率は74.90%に達した。   同時に行われた第10期立法委員選挙では、小選挙区73議席に対し、政党別の当選議席数は民進党が46議席、国民党が22議席、台湾基進が1議席、無所...more
カテゴリー:

【速報】合理的な人ほど選挙に行かないことが明らかに「自分の一票の影響は限りなくゼロに近い」★2 - 01月08日(水)19:31  poverty

合理的な人は選挙に行きません。自分の一票が選挙に与える影響、それが限りなくゼロに近いことを知っているからです。 1億人の有権者に対し、自分の一票は1億分の1の効果しかありません。 「近似ゼロ効果」、つまり限りなく効果がゼロなことに対して、わざわざ行動を起こすことは時間と労力のムダです。 したがって、合理的な観点からは、選挙に行かないことが正しい選択なのです。 投票のために、時間をかけて、政治について勉強したり、情報収集することは、合理的な観点から見れば、狂気の沙汰と映ります。合理的な人にとって...
»続きを読む
カテゴリー:

【高市総務相】ネット投票導入へ検討 在外投票巡り - 01月07日(火)13:48  newsplus

 高市早苗総務相は7日の記者会見で、国政選挙の在外投票におけるインターネット投票導入を巡り「(海外に住む有権者の)投票環境向上を図るのは非常に重要だ」と述べ、着実に検討を進める考えを示した。総務省は現在、前段階として在外ネット投票の実証実験実施へ準備を進めている。  在外投票を巡っては、導入した2000年以降の国政選挙で、低投票率が懸案となっている。  総務省の有識者研究会は18年、海外居住者の低投票率解消に向けネット投票導入を提言。マイナンバーカードを活用した本人確認や、開票時に投票者が分からない...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「投票率」の画像

もっと見る

「投票率」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる