「技術向上」とは?

関連ニュース

行政院、第三期航空宇宙計画に251億台湾元 - 01月16日(水)00:00 

行政院(内閣)は15日、第三期「太空科技長程発展計画(=航空宇宙計画)」に251億台湾元(約883億日本円)を投入することを決めた。   第一期「太空科技長程発展計画」は1991年から2005年に実施され、台湾の航空宇宙技術のインフラと人材育成の基礎を築いた。また、台湾初の科学実験衛星「福爾摩沙衛星一号(FORMOSAT-1、フォルモサット1号)」、2機目の地球観測衛星「福爾摩沙衛星二号(フォルモサット2号)」、3機目の気象衛星「福爾摩沙衛星三号(フォルモサット3号)」などの打ち上げを成功させた。   第二期「太空科技長程発展計画」は2004年から2018年に実施された。産学連携により研究資源を統合し、台湾の航空宇宙分野の研究・開発能力を充実。地球観測衛星「福爾摩沙衛星五号(フォルモサット5号)」や気象衛星「トリトン」を自主開発し、且つ米国と共同で気象衛星群「福爾摩沙衛星七号(フォルモサット7号)」の開発を進めた。   科技部(日本の文部科学省に類似)によると、第三期は2019年から2028年までの10カ年計画となる。主に高解像度光学センサを搭載したリモートセンシング人工衛星、超高解像度光学センサを搭載した人工衛星、合成開口レーダーを搭載した人工衛星などの開発に力を入れ、より完全な人工衛星群によって台湾の安全を守ることを目指す。   第一期計...more
カテゴリー:

光る技、選手目輝かす 女子サッカー元日本代表・高良さん 初企画 内外からプロ参加 - 01月13日(日)10:50 

 県勢でただ一人、女子サッカーのなでしこジャパンのフル代表(日本代表)を経験し、国際舞台で活躍してきた那覇市出身の高良亮子さん(28)が引退後の初の活動として、県内女子サッカー選手を対象とした「GENIUS CUP」とクリニックを12日、恩納村の赤間陸上競技場で行った。競技の普及や選手の技術向上が目的。約150...
カテゴリー:

「技術向上」の画像

もっと見る

「技術向上」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる