「技術向上」とは?

関連ニュース

IGDA日本・ビジュアルノベルゲームの歴史がテーマのセミナー「SIG-GS 世界のビジュアルノベルゲームは今。【第3回】ビジュアルノベルゲームの過去・現在・未来」を開催 - 06月24日(月)12:00 

NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGAD日本)は、ビジュアルノベルゲームの連続セミナーの第3回目「SIG-GS 世界のビジュアルノベルゲームは今。【第3回】ビジュアルノベルゲームの過去・現在・未来」を、2019年7月1日(月)にクラーク記念国際高等学校秋葉原ITキャンパス(東京都千代田区)で開催いたします。本セミナーでは、ゲーム研究家でジャーナリストの福山幸司氏を講師に迎え、世界と日本のビジュアルノベルゲームの歴史や、国内市場における展望などについて俯瞰します。日本に限らず世界中で市場が拡大しつつあるビジュアルノベルゲームの現状知る連続セミナーの第3弾となります。本セミナーは、ゲームシナリオ専門部会 「SIG-GameScenario (SIG-GS)」により主にゲーム開発者の方向けに開催いたしますが、本分野に関心がある方なら、学生の方を含めどなたでも参加いただけます。記催事名 SIG-GS世界のビジュアルノベルゲームは今。【第3回】ビジュアルノベルゲームの過去・現在・未来主 催 特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本 (NPO法人 IGDA日本)日 時 2019年7月1日(月) 18:00~20:30(17:30開場)会 場 クラーク記念国際高等学校秋葉原ITキャンパス(〒101-0021 東京都千代田区外神田6-5-12)参加費 1,000円申込み・詳細 https:...more
カテゴリー:

<東京五輪>弓引き心も引かれ合う パラオのアーチェリー選手団 宮城蔵王で合宿 生徒と交流学校も訪問 - 06月23日(日)10:00 

2020年東京五輪初出場を目指すパラオのアーチェリー選手団が宮城県蔵王町の蔵王球場で、26日までの日程で事前合宿を行っている。技術向上に励みながら、太平洋戦争後にパラオからの引き揚げ者が開拓した北原尾
カテゴリー:

大阪いずみ市民生協「2018年度 コープ・ラボ(商品検査センター)検査実績報告 ~2019年6月11日まとめ~ - 06月18日(火)16:00 

大阪いずみ市民生協2018年度 コープ・ラボ(商品検査センター)検査実績報告 ~2019年6月11日まとめ~2018年度(2018年4月~2019年3月)の検査実績がまとまりましたのでご報告します。大阪いずみ市民生協は、食品の安全を確かなものにするためには、メーカーや産地との書面だけの約束(仕様書等の確認)では、不十分だと考えます。科学的に検査・検証することが必要であり、そのことが仕様書等の約束事をより有効なものにすると考えます。1.検査内容と検査件数(1)微生物検査 20,514件微生物による食品の腐敗や変敗、食中毒を未然に防止するため、新規取り扱い時や抜き取り検査を行っています。検査結果は取引先にフィードバックし、品質向上に役立てています。(2)残留農薬検査 1,777件野菜、米、冷凍野菜、果物、農産物を主原料とした加工品の農薬検査を実施しています。(3)食品添加物検査 1,360件一般的に使用量が多い保存量、発色剤、着色料などの検査を中心に実施しています。商品が仕様書どおりか、また添加物が使われている場合、使用基準に適合しているかを検査しています。(4)放射性物質検査 298件食品に含まれる放射性物質を検査しています。(5)PCR(遺伝子増幅)検査 137件(1)遺伝子組換え原料の使用の有無を検査しています。(2)米の品種特定の検査をしています。(3)食肉原料の畜種判別の検査...more
カテゴリー:

ザンビアの農業技術向上 丸森・派遣の町民が3年の成果報告 - 06月24日(月)06:05 

丸森町耕野地区の住民自治組織「耕野振興会」によるアフリカ・ザンビアへの農業技術協力プロジェクトが2018年度末で3年の実施期間を終え、同町の国民宿舎あぶくま荘で22日、成果報告会があった。町民やザンビ
カテゴリー:

自動運転技術の皮肉:有人運転が安全に 自動車メ.. - 06月18日(火)20:40 

自動運転技術の皮肉:有人運転が安全に 自動車メーカーが日進月歩の技術向上を人間の運転する自動車に応用すれば、完全自動運転車の利点の一つとされる「安全」を先取りすることになる #自動車 #自動運転車
カテゴリー:

「技術向上」の画像

もっと見る

「技術向上」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる