「所属企業」とは?

関連ニュース

八村塁、久保建英だけじゃない! 海外で活躍の次世代アスリート | ananweb - マガジンハウス - 07月03日(水)20:00 

若くして世界の舞台へ挑戦する、NEXT世代のアスリートが続々。活躍の場はますますワールドワイドに広がっています。スポーツライターの小林信也さんに解説していただきました。世界が身近になった今を象徴するように、近年、早くから世界に目を向け、海外でトレーニングを行う選手が珍しくなくなっている。「より自分の好みやタイプに合う練習プログラムを求めて海外に行く、若いアスリートが増えています。陸上の大迫傑は、駅伝を主体とする日本のシステムではなく、マラソンに専念したいという思いから所属企業を退社して渡米。同じく陸上のサニブラウンは、日本人離れした体格や身体能力ゆえ、的確な指導を得られるフロリダ大学に留学し才能が開花しました。また、錦織圭がいたことでも知られるアメリカの全寮制スポーツスクール『IMGアカデミー』に進学する選手も多い。バスケットボールの田中力は16歳、テニスの望月慎太郎は12歳のときにスクールに参加し、共に世界に通用する実力をつけて注目されています」また、10代の頃から海外の一流チームでプレーをする選手も。「サッカーの久保建英は、’11~’15年に『FCバルセロナ』のユースに所属し、今年、18歳で名門『レアル・マドリード』に移籍が決定。水球日本代表の稲場悠介は、高校時代に水球の盛んなモンテネグロのプロチームで活躍。今年はルーマニアでプレーしています。彼らが本場で培った技術や経験が日本...more
カテゴリー:

セキュリティ観点からシャドーITにどう対処すべきか? - 07月01日(月)07:40 

従業員が個人で所有するスマートフォンやパソコンなどの情報端末を、所属企業の許可なく使用する「シャドーIT」。チャットアプリやファイル共有アプリなど、次々と登場するクラウド型の便利なITツールの登場を背景に、数年前から問題視されてきた。こうしたITツールは端末も含め、今後も次々と新しいものが出てくることが想定され、セキュリティリスクの観点から企業では継続的な問題ととらえ対策を講じる必要がある。企業は具体的にどのような対策を講じるべきなのか。本記事では、潜在的なリスクとなる「シャドーIT」の脅威を整理・説明したうえで、その対策方法を紹介していく。
カテゴリー:

「所属企業」の画像

もっと見る

「所属企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる