「戯曲賞」とは?

関連ニュース

アクタージュ、舞台化も中止決定WXWXWX - 08月11日(火)19:53  livejupiter

「週刊少年ジャンプ」(集英社)の人気漫画「アクタージュ」の舞台化を2022年に予定していた芸能事務所ホリプロは11日、原作者・松木達哉容疑者(29)が強制わいせつの疑いで逮捕されたことを受け、舞台「アクタージュ act―age~銀河鉄道の夜~」の上演と現在進行中だったヒロイン・夜凪景役のオーディション、両方の中止を決めたと公式サイトで発表した。 前日10日には連載打ち切りが発表されていた。  逮捕を「重く受け止め」、協議の結果、中止を決定。「このような形で終えてしまうことは残念でなりません」とした。  舞台版...
»続きを読む
カテゴリー:

様々な愛のカタチに触れられる珠玉の恋愛映画 5選 - 08月07日(金)19:01 

「恋」や「愛」に明確な形がないように、「恋愛映画」と一言で括っても、そのタイプは様々。清らかな純愛もあれば、背徳的な偏愛もあり、胸打たれる感動的な恋模様もあれば、胸締め付けられる落胆的な恋模様もある。人の数だけ、映画の数だけ、ドラマがある。今回は動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信中の映画の中から、私、映画アドバイザーのミヤザキタケルが様々な愛のカタチに触れることができる作品をご紹介。多種多様な恋模様を描く5本の作品の中に、あなたの心に響く1本があることを祈っています。◆『愛の渦』(2014年) 非日常の中で見え隠れする人間の本性と欲望と淡い恋乱交パーティのために集まった見ず知らずの男女が過ごす一夜を描くこの作品を、「愛」であったり「恋愛映画」と呼ぶのにはいささか疑問を感じるかもしれないが、愛を求め、愛に飢え、愛に確信を持てない者たちが辿り着いた一つの場所、一つの境地、一つの通過点と捉えることができれば、何一つ疑問を抱くことはないだろう。「愛」を欲するが故に生じる渦、その渦から抜け出せずにいる者たちの歪で繊細な葛藤は、きっとあなたの心をも渦の中へと引きずり込んでしまうに違いない。題材的に嫌悪感を抱いてしまう人も中にはいると思うが、僅かでもそそられるものがあるのなら、「愛」に対して足踏みしている自覚があるのなら、勇気を出して作品世界へと飛び込んでみて頂きたい。知らない世界...more
カテゴリー:

「戯曲賞」の画像

もっと見る

「戯曲賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる