「憲法改正」とは?

関連ニュース

9月入学は「世界標準」の大ウソ。独も豪も「9月以外」の現実 - 06月04日(木)05:00 

新型コロナウイルスの影響により予想外に長引いた休校を受け、導入が検討された「9月入学」。導入賛成派の多くがその根拠として、「9月入学はグローバルスタンダード」という面を強調していましたが、果たしてその論に疑いを差し挟む余地はないのでしょうか。今回の『きっこのメルマガ』では著者で人気ブロガーのきっこさんが、世界各国の入学時期のデータを提示し「9月入学=グローバルスタンダード」という嘘を暴くとともに、日本人の言うところの「グローバルスタンダード」は単なる「米国標準」であって「世界標準」ではないという歪んだ状況を批判しています。 「グローバルスタンダード」は「米国に倣え」の意味 未だに何ひとつ解明されていない「加計学園問題」で、安倍晋三首相の伝書バトとして裏工作に飛び回った当時の官房副長官、萩生田光一氏は、この時のご褒美として、昨年2019年9月の内閣改造で、安倍晋三首相から文部科学大臣のイスをプレゼントされました。「加計学園問題」で暗躍した人物を文部科学大臣に任命するなんて、まるで空き巣に留守番をさせるような話ですが、これこそか安倍晋三首相が胸を張る「適材適所」という名の「お友だち人事」の真骨頂なのです。 そんな、およそ「教育」とは似つかわしくない萩生田光一氏ですが、就任からわずか40日ほどで、あたしの期待に応えてくれました。まだ覚えている人もいると多いと思いますが、当事、安倍政権が導...more
カテゴリー:

【改憲】国民投票法改正案、今国会の成立見送りへ…衆参憲法審の開催メドたたず(読売新聞) - 06月03日(水)18:46  newsplus

 憲法改正の国民投票の利便性を高める国民投票法改正案は、17日に会期末を迎える今国会での成立が見送られることが確実となった。 同改正案は2018年6月に衆院に提出されており、6国会連続で継続審議となる。  衆院憲法審査会の新藤義孝与党筆頭幹事(自民党)は3日、山花郁夫野党筆頭幹事(立憲民主党)と電話で協議し、4日の審査会開催を提案した。 山花氏は、野党が要求する衆院予算委員会の集中審議に与党が応じていないことを理由に挙げ、拒否した。  一方、参院憲法審も3日、今国会初となる幹事懇談会を開催...
»続きを読む
カテゴリー:

【緊急アベ速報】安倍「この国難を乗り越えるため、憲法改正が必要だ」ビデオメッセージで熱く語る - 06月03日(水)05:51  poverty

安倍首相「議論進めるべき」 憲法改正の必要性訴え https://www.fnn.jp/articles/-/39045 安倍首相のビデオメッセージ「未曽有の危機を経験した今、緊急事態において、 国家や国民がどのような役割を果たし、国難を乗り越えていくべきか、 そして、そのことを憲法にどのように位置付けるかについては、極めて重く、大切な課題である」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア改憲 プーチン大統領「7月1日に全国投票」 続投、権力機構再編引き金に - 06月02日(火)18:03 

 ロシアのプーチン大統領は1日、憲法改正案の是非を問う全国投票を7月1日に実施すると表明した。新型コロナウイルス感染拡大を受けて延期していた。改憲案には2024年に任期が切れるプーチン氏の続投を可能にする条項や、国家権力機構の再編条項が含まれている。全国投票での承認は確実で、改憲成立後は政界再編の動
カテゴリー:

ロシア改憲案、7月1日に国民投票 2036年までプーチン氏続投も - 06月02日(火)01:15 

ロシアのプーチン大統領は1日、自身の続投を可能にする条項を含む憲法改正法案の是非を問う全国投票を7月1日に実施すると発表した。改憲が実現すれば、プーチン氏の任期は2036年まで延長される可能性がある。
カテゴリー:

ロシア改憲へ再始動 プーチン氏「7月1日に国民投票」 - 06月03日(水)20:39 

 【モスクワ=小野田雄一】新型コロナウイルスの影響で中断していたロシアの憲法改正プロセスが再び動き出した。プーチン露大統領は1日、2024年以降の自身の続投を可能にする改憲について、延期されていた「国民投票」を7月1日に行うと表明した。コロナ禍による経済疲弊でプーチン氏の支持率は下落傾向にあり、早期に改憲を完了したい意図が鮮明だ。
カテゴリー:

安倍総理「日本でも国民投票を導入するわ。ネットでも投票できるようにするぞ。むふふ」 これは安倍ちゃんGJだね - 06月03日(水)18:42  poverty

ネットと国民投票の課題浮き彫りに 今国会初の憲法審 衆院憲法審査会が28日、今国会で初めて開かれ、憲法改正の手続きを定める国民投票法をテーマに自由討議を行った。 インターネット上の広告規制や表現をめぐる問題などに議論が集中した。 一方、同法改正案の早期採決をめざす与党と、慎重な野党の溝は埋まらないままだ。 無所属の山尾志桜里氏は、個人の決定がAI(人工知能)によって左右される懸念を指摘。 スマートフォンの利用を通じて、認識がないまま意思決定が操られる可能性があるとした。 https://www.asahi.c...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア 憲法改正の全国投票7月1日に実施へ #nhk_n.. - 06月02日(火)20:17 

ロシア 憲法改正の全国投票7月1日に実施へ #nhk_news
カテゴリー:

憲法審査会 新たな課題の丁寧な議論を - 06月02日(火)05:15 

憲法改正に必要な手続きを定めた国民投票法は、実際に改憲が国会で発議された際の、賛否を呼び掛ける運動の規則を定める重要な法律だ。 改憲の発議は現実的な日程に上がってはいないが、いわば「平時」にこそ、その問題点を整理し、対処策を講じておくべきだろう。 通常国会で初めての衆院憲法審査会が開かれ、投票法の改正を巡って討議が行われた。自民党などは2年前に提出した改正案の早期採決を要求、立憲民主党などはインターネットが投票に与える影響など、新たに浮上した課題の議論を求め、平行線に終わった。
カテゴリー:

プーチン露大統領、改憲の国民投票「7月1日」表明 - 06月01日(月)23:47 

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのプーチン大統領は1日、2036年までの自身の続投が可能になる憲法改正の是非を問う国民投票を「7月1日に実施する」と表明した。露中央選管や露保健当局幹部らとの会議での発言を露国営テレビが中継した。国民投票は当初、4月22日に予定されたが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「憲法改正」の画像

もっと見る

「憲法改正」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる