「憲政史上」とは?

関連ニュース

「ユズ」どころか「桜」についての説明責任すら果.. - 01月12日(日)07:50 

「ユズ」どころか「桜」についての説明責任すら果たす気配がみじんもない…? 新年初回の「松尾貴史のちょっと違和感」は、日本の憲政史上最長の政権ーーその「主」の話題です。
カテゴリー:

2020年の不動産市場 自然災害、消費増税、政局…… その影響やいかに!? ~長嶋修の市場予測セミナーも開催決定! ~ - 01月07日(火)09:00 

2019年は各地に大きな爪痕を残す自然災害に悩まされ、その戸惑いの中で10月には消費増税が施行。憲政史上最長の現政権の継続が見通しづらいニュースは、今後の不動産市場や株式市場への影響も懸念されます。そのようなこれまでの様々なトピックが、これからの不動産にどのような影響を与えるのか。1月7日(火)、株式会社さくら事務所の会長で不動産コンサルタントの長嶋 修が市場予測を発表いたします。不動産コンサルタント長嶋修(ながしまおさむ)1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立、現会長。『中立な不動産コンサルタント』としてマイホーム購入・不動産投資など不動産購入ノウハウや、業界・政策への提言を行なう。著書・メディア出演多数。https://www.sakurajimusyo.com/company/profile.php【災害リスク待ったなし! 】2019年の台風15号や19号は国内各地に甚大な水害・災害をもたらしました。気候変動のトレンドはその変化の勢いを増し、海面温度上昇から大規模な台風が発生する可能性はますます高まり、今年も2019年を上回る災害が発生する可能性は高いでしょう。浸水可能性のある地域ではその備えを、また不動産選びではリスクのあるところはなるべく避けるといった動きが顕著になりそうです。「不動産売買・賃貸契約時にハザードマップの説明を義...more
カテゴリー:

長いだけで実績ゼロ!ようやく終止符が打たれる安倍一強支配と腐敗政権の末路 - 01月03日(金)08:33  seijinewsplus

「潮目が変わる」とは、こういうことを言うのだろう。安倍首相が2019年11月20日に在職日数で桂太郎を抜き、憲政史上最長を記録。と同時に、7年にわたって権勢を振るってきた安倍1強支配にほころびが目立ち始めた。  秋の臨時国会が始まった途端、経産相と法相という重要閣僚が立て続けに「政治とカネ」の問題で辞任。側近の萩生田文科相による「身の丈」発言がきっかけで、安倍政権が推進してきた大学入試への英語民間試験、さらには国語と数学の記述式問題も土壇場で導入が見送られることになった。大学入試改革の2本柱が...
»続きを読む
カテゴリー:

【この世の地獄の安倍政権】ようやく終止符が打たれる#安倍 一強支配と腐敗政権の末路 - 01月01日(水)10:50  newsplus

「潮目が変わる」とは、こういうことを言うのだろう。安倍首相が2019年11月20日に在職日数で桂太郎を抜き、憲政史上最長を記録。と同時に、7年にわたって権勢を振るってきた安倍1強支配にほころびが目立ち始めた。  秋の臨時国会が始まった途端、経産相と法相という重要閣僚が立て続けに「政治とカネ」の問題で辞任。側近の萩生田文科相による「身の丈」発言がきっかけで、安倍政権が推進してきた大学入試への英語民間試験、さらには国語と数学の記述式問題も土壇場で導入が見送られることになった。大学入試改革の2本柱が...
»続きを読む
カテゴリー:

習近平「国賓訪日」に保守派からも猛反発。安倍首相を待つ茨の道 - 01月10日(金)05:00 

昨年11月20日、首相在職期間が日本憲政史上最長となった安倍晋三総理。しかしながら国内外に問題は山積状態と言っても過言ではなく、2021年9月末までの任期どころか、今月開会する通常国会での野党の激しい追求に耐えうるかすら定かではありません。元全国紙社会部記者の新 恭さんは今回、自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、安倍政権のこれまでを振り返るとともに、首相の年頭記者会見を挨拶程度のセレモニーで済ます記者クラブと政権のなれ合いを批判しています。 安倍首相のおだやかならぬ年明け 今年の「桜を見る会」は中止になったが、「桜の咲く季節」に、安倍首相は中国から「国賓」を招くそうである。 もちろん、国家主席、習近平氏だが、ただの訪日ではお気に召さず、宮中晩さん会にて天皇、皇后両陛下の手厚いもてなしを受ける「国賓」でなければならぬらしい。 かつて民主党政権は、国家副主席だった習氏のたっての願いを受け入れ、なんだかだと抵抗する宮内庁を説き伏せて、天皇との会見をセットしたが、この時は当然、国賓ではない。 当時の習近平氏の目的は、次期国家主席に就くことを念頭に、中国国民へ向けて権威性を高めることにあった。 あたりまえながら、国家主席として世界を睥睨する習近平氏の今春の訪日には、覇権争いの相手国と張り合う気持ちも含まれているだろう。昨年5月、トランプ米大統領が国賓として招かれたのと同じ待遇を中...more
カテゴリー:

政治展望 - 01月04日(土)05:15 

2020年は、「安倍政治」の最終総括を始めるべき年である。 在任期間が憲政史上最長となり、1日付の年頭所感で憲法改正をとなえた安倍晋三首相だが、自民党総裁としての任期が21年9月末まで、衆院議員の任期が翌月21日までと、それぞれ2年を切っており、衆院解散・総選挙がいつあってもおかしくない時期に入る。政権復帰からすでに7年超、総括には十分な年月だ。 今年7月24日には東京五輪が開幕、パラリンピックが閉幕する9月6日までは「政治休戦」となる。
カテゴリー:

「都合の悪い真実を隠す」“お手盛り”安倍長期政権がもたらした数々の弊害 - 01月03日(金)06:00 

 第1次内閣を含めた安倍晋三首相の通算在職期間は2019年11月に桂太郎内閣を超えて憲政史上最長となり、同年末には第2次内閣発足から数えて8年目に突入する。「得意分野」の外交を振り返ると……
カテゴリー:

【反日左翼憤死】そもそも共産党が政権を獲った国の国民が幸せになったことがほとんどないというのが歴史の事実だ - 12月31日(火)14:42  seijinewsplus

https://news.yahoo.co.jp/byline/azumiakiko/20191230-00157159/ 2020年は日本政治のターニングポイントになる  2020年はこれからの日本政治を決する年となるに違いない。その鍵となるイベントが2つある。まず7月には東京都知事選が行われ、「一地方自治体」とは言い切れない巨大な権限を持つ首長が選出される。次に2021年10月に任期満了を迎える衆議院の総選挙がいつ行われるかという点だ。 年末の秋元司前IR担当副大臣の逮捕で年明け早々の解散・総選挙説は消えたが、自民党総裁選が2021年9月に予定されているため、任期満了近...
»続きを読む
カテゴリー:

「憲政史上」の画像

もっと見る

「憲政史上」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる