「慇懃無礼」とは?

関連ニュース

松岡昌宏演じるシ村「加護の会」信者を見て妻を思い出し…『死役所』 - 07月27日(月)16:24 

柄本時生が、7月29日に放送される松岡昌宏(TOKIO)の主演ドラマ『死役所』(テレビ東京系、毎週水曜24:12~ ※アンコール放送)の第9話「加護の会」に出演。柄本は、「加護の会」という宗教団体の信者・寺井修斗役を演じる。本作は、累計300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画が原作。あの世の市役所ならぬ「死役所」を舞台に、“生と死”“天国と地獄”といった深いテーマを、魅力ある個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる人間ドラマ。主人公であるシ村(松岡)はあの世の市役所ならぬ「死役所」で働く職員。次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応し、ミステリアスで強烈な魅力を持つ闇の深い人物だ。松岡のほかに、黒島結菜、清原翔、でんでん、松本まりか、余貴美子らが出演する。<第9話あらすじ>「加護の会に入信されていましたか?」と、シ村(松岡)はロビーにいた寺井(柄本)に話しかける。両指で輪を作る独特の仕草は、宗教法人「加護の会」信者の証。しかし、それをなぜシ村が知っているのか……。シ村の脳裏には、幸せそうに微笑む妻・幸子(安達祐実)の顔が浮かんでいた。ある日、寺井は祖母に誘われ、加護の会のトップ・蓮田栄山(吹越満)の講演会に参加。「あるがままのあなたを愛する」という蓮田の言葉は、高学歴の弟・恭平(濱田龍臣)へのコンプレックスを持つ寺井の心を徐々...more
カテゴリー:

前田亜季、娘虐待の疑いをもたれる母役を体当たりで挑む『死役所』 - 07月20日(月)14:24 

前田亜季と佐々木みゆが、7月22日に放送される松岡昌宏(TOKIO)の主演ドラマ『死役所』(テレビ東京系、毎週水曜24:12~ ※アンコール放送)の第8話「あしたのわたし」に母娘役で出演。心痛む悍ましい事件を題材にした回で「愛とは何か」を問う。本作は、累計300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画が原作。あの世の市役所ならぬ「死役所」を舞台に、“生と死”“天国と地獄”といった深いテーマを、魅力ある個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる人間ドラマ。主人公であるシ村(松岡)はあの世の市役所ならぬ「死役所」で働く職員。次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応し、ミステリアスで強烈な魅力を持つ闇の深い人物だ。松岡のほかに、黒島結菜、清原翔、でんでん、松本まりか、余貴美子らが出演する。<第8話あらすじ>シ役所の他殺課に、絵本を抱えた少女・小野田凛(佐々木)がやってきた。凛は、シ村(松岡)に「いつもお母さんのことを怒らせていたから、凛は天国には行けないかも」と言うが、保育士・黒川あかね(吉田志織)に憧れていた生前の凛は、園児に読み聞かせをする心優しい子だった。保育士のあかねは、凛の異変に気付きだす。不潔な身なり、不審な傷、保育園に迎えに来ない母親・瞳(前田)の虐待を疑いだす。凛は「お母さんはとっても優しい」の一点張りだが、実際は、絵本を読...more
カテゴリー:

「慇懃無礼」の画像

もっと見る

「慇懃無礼」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる