「感染対策」とは?

関連ニュース

【コロナ研究】 少なくとも1メートルの対人距離を確保することでリスクが低下し、2メートルの距離を確保すればさらに効果的 - 06月03日(水)15:55  newsplus

コロナウイルスの感染経路に関する研究結果をまとめたレビューによると、少なくとも1メートルの対人距離確保と、 マスクおよび目を保護する防護具の着用が、COVID─19(新型コロナウイルス感染症)のリスク抑制に最善の策であることが分かった。 頻繁な手洗いや適切な衛生管理も非常に重要だが、すべての対策を講じてもリスクを完全に取り除くことはできないことも示された。 英医学誌ランセットに掲載された今回のレビューは、コロナウイルスによって引き起こされるCOVID─19、 重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(ME...
»続きを読む
カテゴリー:

中学体育大会 弘前地区は分散開催 - 06月03日(水)14:59 

青森県弘前地区中学校体育連盟(竹内徹会長)は3日午前、12~14日に予定していた地区夏季大会を、7月18日~8月10日の土、日、祝日、各競技ごとに分散開催すると発表した。競技によっては試合数を制限したり、試合時間を短縮したりするほか、「3密」を避けるため、開会式や表彰式は行わない。柔道競技は練習不足による選手の事故やけがの懸念があるため、中止の予定。竹内会長は「3年生に節目となる大会のチャンスを与えるため、準備してきた。新型コロナウイルスの感染対策をした上で各競技運営に最善を尽くす」と語った。
カテゴリー:

【現場から、新型コロナ危機】韓国 コロナ感染対.. - 06月03日(水)13:27 

【現場から、新型コロナ危機】韓国 コロナ感染対策に商機
カテゴリー:

救急搬送時のコロナ感染に警戒 消防本部が対策に注力 - 06月03日(水)13:05 

 新型コロナウイルスの感染拡大を機に、秋田県内の消防本部が救急搬送時の感染対策に神経をとがらせている。患者の発熱状況を確認したり、救急車内に飛沫(ひまつ)感染を防ぐシートを設置したり。県内では1カ月以…
カテゴリー:

厳しい目で見られ続ける「接待を伴う飲食店」 存続を賭けた取り組みとは? - 06月03日(水)11:13 

緊急事態宣言解除後も、感染リスクの高い場所としてなかなか自粛要請が解除されない「接待を伴う飲食店」。存亡の危機にある業界は独自のガイドラインを作って感染対策をし、営業を再開し始めています。夜の街はコロナと共存することができるのでしょうか?View Entire Post ›
カテゴリー:

ハンムラビ法典碑=社会的距離 オリエント美術館がパネル展示 - 06月03日(水)15:36 

 岡山市立オリエント美術館(北区天神町)が、新型コロナウイルス感染対策のソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を入館者に伝えようと、ユニークな取り組みを始めた。レプリカを所有する古代メソポタミア文明「...
カテゴリー:

部活動県外遠征19日から可能に/青森県教委方針 - 06月03日(水)14:18 

宿泊を伴う部活動の青森県外遠征や大会、行事、合宿などへの参加について、県教育委員会は19日から、感染対策を行った上で可能とする方針を県立中高、特別支援学校に通知した。これまで県外遠征については、新型コロナウイルス感染防止のため自粛を求めていた。通知は1日付。宿泊なしの県外遠征と、宿泊を伴う県内遠征は1日から実施できるとした。ただ、北海道、首都圏4都県との移動は18日まで「慎重に判断する」とした。発熱などの症状がある場合は自宅で休むよう指導するなど、留意点を合わせて示した。今後の状況により変更す…
カテゴリー:

原子力規制庁がメール48通を誤送信 21年度概算要求の資料など外部に - 06月03日(水)13:26 

 原子力規制委員会の事務局を担う原子力規制庁は2日、放射線防護企画課の職員が、新型コロナウイルスの感染対策で在宅勤務中の別の職員に宛てたメール48通を誤って外部の人に送り、有識者ら21人のメールアドレスや2021年度予算の概算要求に関する資料などの行政文書32件を流出させたと発表した。個人情報の悪用
カテゴリー:

パリらしい景色やっと レストランやカフェ、テラス席のみで再開 - 06月03日(水)12:10 

 フランスでは2日、新型コロナウイルスの感染対策のため3月中旬から営業停止していたレストランやカフェが再開された。ウイルスの流行が続くパリでは、テラス席のみの再開となったが、多くの市民が久しぶりに憩いの一時を楽しんでいた。
カテゴリー:

パリもカフェのにぎわい戻る - 06月03日(水)10:33 

 フランスで2日から飲食店の再開が許可され、パリの街角にもカフェのにぎわいが戻ってきました。 フランス政府は新型コロナウイルスに関する公衆衛生上の数値結果が良好だとして、100キロまでだった移動制限を解除し、レストランなど飲食店の再開も許可しました。パリ市を含む地域圏は、依然、感染状況に注意が必要とされていますが、テラスなど屋外なら飲食店の営業が可能となりました。  「1メートル間隔を空けるから、客は半分くらいになる。だけどテラスだけでも営業できて、うれしい」(カフェ店主)  3月15日以来のオープンとなったカフェでは、1メートルの距離をとってテーブルを配置し、メニューに触れずに注文できるようしたり、消毒を徹底したりするなど感染対策に力を入れています。  「テラスで、ゆっくりとコーヒー1杯飲むのは最高だよ」(客) 「フランス人にカフェは欠かせない。この日をずっと楽しみにしていた」(客)  フランス政府は、今年末まで飲食店などへの補助を延長する方針を示しましたが、観光業などの落ち込みは深刻で、経済成長率の予測はマイナス11%に下方修正しています。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「感染対策」の画像

もっと見る

「感染対策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる