「意匠」とは?

関連ニュース

オンラインパチンコは合法なのか? 運営元の会社を直撃してみた - 02月21日(水)08:52 

 家にいながらネット経由でパチンコ、パチスロを打ち、玉やメダルをポイントとして獲得。そのポイントは景品と交換……。近未来型のパチンコ、パチスロサービスが開始!? と業界で話題のオンラインパチンコ・アミュライブは果たして合法なのか。運営元の会社を直撃した。 ◆景品交換できると謳っていたが実際のサービスは果たして……  パチンコ・パチスロの遊技人口は減少やむことなく、業界が斜陽化して久しい。ホール軒数は20年前から半減。約1万店程度に落ち込み、廃業する店も少なくない。そんな先行きの暗いビジネス環境にあって、2月下旬にリリースされるオンラインパチンコ・アミュライブに業界の注目が集まっている。  オンラインパチンコといえば、従来は実機に似せたアニメーションの台を、PCやスマホでプレイするものだったが、このサービスでは実機そのものをネット経由で遠隔操作する点がミソだ。出玉はポイントとして換算されて積み上がり、それを景品や他社ポイントへ交換できる仕組み。つまり、限りなくリアルなパチンコに近いスキームなのだ。  あるパチンコ店主は、こうしたサービスについて「どういう方法であれ、台を24時間稼働できたらすごく助かる。でも、こんなん完全にアウトじゃないのか?」と疑問を呈する。そこで、取材班はアミュライブの運営元であるIoTエンターテインメント社を直撃した。 ◆遠隔地の実機をネット経由で操作...more
カテゴリー:

山手線が走るアートミュージアムに。TOKYOをテーマに東京造形大学が「山手線グラフィック展」を開催 - 02月19日(月)17:00 

東京造形大学は、 2018年2月17日(土)より、JR東日本・山手線(E231系)1編成でのグラフィック作品・映像作品等の展示を行う。期間は2018年2月17日~2018年2月28日まで。本プロジェクトは、造形学部デザイン学科グラフィックデザイン専攻領域の学生による作品展。デザインは社会を形成する大切な要素であり、また、人々の日常に溶け込んでこそ真価を発揮するものという考えのもと、本作品展を東京の中心を周回するJR山手線で実施する。 ■実施概要名称:  東京造形大学 山手線グラフィック展実施期間:2018年2月17日(土)~2018年2月28日(水)     ※車両整備等の理由で、期間中でも運休となる場合があります。 実施車両:山手線E231系 ADトレイン 1編成内容:  山手線の車内を展覧会場に見立て、東京造形大学グラフィックデザイン専攻領域の学生がデザイン作品を制作し、車内の各媒体に掲出総意匠数:約300点デザインテーマ:TOKYO■プレスリリース■ITライフハック■ITライフハック Twitter■ITライフハック Facebook■カルチャーに関連した記事を読む・DMM.comから動きに合わせて音楽を奏でるモーション楽器ガジェット「SoundMoovz」登場・市販ソースの活用でごくうまレシピを時短調理!「カゴメ基本のトマトソース」編・LINE NEWSに「平昌五輪タブ」登...more
カテゴリー:

電気も水も自給できる卵型ミニハウス「Ecocapsule」で究極のエコが実現 - 02月19日(月)09:00 

Techableではさまざまな意匠をこらしたトレーラーハウスを紹介してきたが、今回取り上げるのは、設置型のミニハウス「Ecocapsule」。 なんと、電気は搭載のソーラーパネルと風力による発電で賄い、水は雨水をためて濾過して使うという、究極のエコハウスだ。 ・大人2人用ベッド 全体的に丸みを帯びて...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

色調コントロールで思い通りの世界観を創る「DaVinci Resolve カラーグレーディングBOOK」発売 - 02月16日(金)10:21 

株式会社玄光社は、映像の色をコントロールし、思い通りの世界観を創るカラーグレーディングの教科書「DaVinci Resolve カラーグレーディングBOOK」を2月15日に発売した。A4判/160P/3,000円(税抜)。 カラーグレーディングとは、映像作品において色彩を補正する作業のこと。高精度の色調調整によって、大きくイメージが向上することも多く、映像の専門家にとっては基本的かつ必須とみなされているテクニックである。本書は、動画編集ソフト「DaVinci Resolve」を使ったカラーグレーディングにスポットを当て、ソフトの基本操作と使用例を紹介したマニュアルブックだ。7名のクリエイターが手がけた作品の1カットをピックアップし、どのような工程でDaVinci Resolveによるカラーグレーディングが行われたのかを詳しく紹介。誌面にあわえてWEB動画も公開されており、どんな考えの元に、どんな工程で調整作業を行っているのかを、実際の作品と共に学んでいける一冊となっている。これまでカラーグレーディングは、ハイエンドな映像制作の現場で、一部のクリエイターだけが行うものとみなされてきたが、今はソフトウェアが個人にも導入できる価格帯(無料版もあり)となっており、多くのクリエーターにとって身近なものになりつつある。本書を読んで、プロの感覚を身に付けたら、ぜひ自身の作品のグレードアップに役立...more
カテゴリー:

個性豊かなイラストレーターと動物たちの共演「ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION ANIMAL アニマル」発売 - 02月15日(木)11:17 

artbook事務局は、活躍中の作家約100名の作品をテーマごとにまとめたアート作品集「ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION」から、動物をテーマにした新作「ANIMAL アニマル」を2月15日に発売する。A5判/162P/1,200円(税抜)。 今回は、イラストレーター・グラフィックデザイナー・画家・布絵作家・切り絵作家など、さまざまなジャンルで活躍中の116名の作家が集結。描かれる動物たちは、犬・キツネ・熊といった定番のモチーフから、アリクイ・サメ・エイといった珍しいものまで。哺乳類に限らず、鳥類・魚類・昆虫・爬虫類・恐竜までもが登場する。同シリーズは、巻末に各作家のプロフィール写真・コメント・HP・連絡先が収録されており、ビジュアルを楽しむだけでなく、イメージに合ったクリエーターを探している人にとっても便利な一冊である。本書の他に、和風・和モダンをテーマにした「ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION 和モダン」、使いやすい・分かりやすい・伝わりやすいカットをテーマにした「ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION CUT カット」、ガールズイラストをテーマにした「ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION Girls ガールズ」が発売されており、いずれも活躍中の作家の作品が...more
カテゴリー:

平成29年度審査の質についてのユーザー評価調査報告書を公表します - 02月20日(火)17:20 

特許庁は毎年度、特許・意匠・商標審査の質についてのユーザー評価調査を行っています。
カテゴリー:

山手線に作品を飾って走るアートミュージアムにしたグラフィック展を東京造形大学が開催 - 02月19日(月)15:15 

秀逸なロゴデザインも要注目 東京造形大学は、2018年2月28日(水)まで「東京造形大学 山手線グラフィック展」を開催中。JR東日本・山手線E231系ADトレイン1編成を展覧会場に見立て、造形学部デザイン学科グラフィックデザイン専攻領域学生によるデザイン作品を車内に展示している(車両整備などの理由で、期間中でも運休となる場合あり)。デザインテーマは「TOKYO」で、総意匠数は約300点。 この「山手線グラフィック展」のプロジェクトは、言わば山手線を“走るアートミュージアム”にする企画だ。デザインは社会を形成する大切な要素であり、人々の日常に溶け込んでこそ真価を発揮するもの、という考えにもとづいて、東京の中心を周回するJR山手線の車内で実施。学生たちが、それぞれ個性に溢れた作品を披露している。 展覧会のロゴは、東京の中心を走る山手線を抽象的に表現。東京造形大学らしく、手や人肌を感じて欲しいとの想いから、球体に布を被せて透過光で撮影したビジュアルが採用された。さらに、文字は一部を除いて全て活版印刷で表現されている。なお、展示の様子は東京造形大学の公式SNSアカウント(Facebook / Instagram / Twitter)でも順次公開予定。 「東京造形大学 山手線グラフィック展」車内展示の様子 展示作品例 展示作品例 展示作品例 ■期間:2018年2月17日(土)~2月28日(水...more
カテゴリー:

金沢城ミステリー? 石垣に刻まれたマークの謎 - 02月19日(月)07:06 

[となりのテレ金ちゃん-テレビ金沢]2018年2月5日放送の「仰天コロンブス」のコーナーで、金沢城の石垣についての話題が出ていました。皆さんは、金沢城の石垣にマークがあるのをご存じですか?マル、バツ、ひょうたん、サイコロ...金沢城は、「石垣の博物館」といわれるほど、いろいろな石垣があります。その石垣にはマークが彫ってあるのです。○(マル)の中に×(バツ)印がしてあるものや、卍(マンジ)、田、など。城内には200種類以上ものマークが見つかっているそうです。金沢城管理事務所の方の話では、はっきりとした文献こそないものの、このマークは、石工集団のマークだといわれています。石垣には戸室山の石が使われました。当時は、職人が石切場で掘る→割る→削る作業をして、一つ作るのに1~2日かかっていたといわれています。その石が、金沢城では推定十数万個使われているのです。考えられるのは、藩が石工集団の作業グループごとに一つのマークを与えて、割り振られた石の数をきちんと収めていたか、管理していたのではないかということです。三代藩主、前田利常の時代はマークが大型化、意匠化してきて、ひょうたんやうちわ、サイコロのマークなども出てきたものの、五代藩主のころには、質素なものが多くなりました。そして、マークのない石垣も多数あり、まだまだ解けていない謎がたくさんあるそうです。この石垣に着目して、金沢城を巡るのも楽しそ...more
カテゴリー:

<W杯フリースタイルスキー>樺細工メダル 意匠美しく 仙北 - 02月16日(金)09:46 

3月3、4の両日、仙北市のたざわ湖スキー場で開かれるフリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会のメダルが14日、秋田県庁で披露された。同市角館町の伝統工芸「樺(かば)細工」で、特徴的
カテゴリー:

必勝パター 木製『玉突き2号』 - 02月14日(水)13:00 

パッティングは『フィーリング』が大事です。プロもアマチュアもパッティングは悩むのです。。そのフィーリングを回復し育てます (ヘッド)さくら (仕上げ)荏油 (シャフト)約46インチ  特許庁 意匠権所得済 /競技非公認  もちろん当工房は、1本1本づつ完全ハンドメイドです。
カテゴリー:

もっと見る

「意匠」の画像

もっと見る

「意匠」の動画

Wikipedia

  • redirectデザイン...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる