「意匠」とは?

関連ニュース

アート&クラフト体験でおしゃれ化!富山で美的センスアップを目指せ!!<富山県> - 05月28日(月)07:00 

多くのガラス作家が集まることから、いつしか「ガラスの街」と呼ばれるようになった富山県富山市。北陸新幹線開通後に「TOYAMA キラリ」(富山市ガラス美術館/富山市立図書館)が誕生し、街の変化は加速した。2017年夏には、“世界一美しい”と言われたスターバックスがある富岩(ふがん)運河環水公園内に「富山県美術館」がオープン。富山県にはほかにも、伝統工芸が盛んでもの作りの町として注目を集める高岡市など、感性を刺激してくれるスポットやエリアが多い。アートという魅力が備わった富山県で、美的センスを磨いてみよう! 【写真を見る】“世界一美しい”と言われたスターバックス ■ アートとデザインをつなぐ新感覚の美術館 ピカソやシャガールら巨匠たちの作品や、日本を代表する作家のデザイン作品を展示する「富山県美術館」。“アートと人をつなぐ”をテーマにした、さまざまなプログラムを実施している。なかでもアトリエで行われるオープンラボは、大人も子どももほぼ無料でアートを体験でき、アーティストを講師として招いたワークショップを開催することも。美術、建築、ファッションなどの専門書を取りそろえた図書コーナーなど、アートとデザインを楽しみながら、学べるエリアも用意されている。 ■ つい“撮りたくなる”アートな図書館 富山市ガラス美術館に併設する「富山市立図書館」。富山県産の木材を活用した内装など、建築家・隈研吾...more
カテゴリー:

福井県営陸上競技場:「9秒98の地」名所に ボード設置 - 05月26日(土)10:50 

 陸上短距離の桐生祥秀選手(22)=日本生命=が100メートル走で日本勢初の9秒台をたたき出した福井県営陸上競技場(福井市福町)に、新記録樹立の地を示す大型サインボードが設置される。同県と福井陸上競技協会の企画で、桐生選手がマークした「9秒98」を意匠に取り込んだ。27日に完成除幕式を開き、「聖地」
カテゴリー:

レクサスUX──都市の生活を愉しむパワーカップルへ - 05月25日(金)12:00 

メルセデス・ベンツ『GLA』、BMW『X2』、アウディ『Q2』。ジャーマンスリーが力を入れていることからも分かるように、プレミアムコンパクトSUVは世界中で売れ筋のボディタイプだ。特に、都市部での運転のしやすさが支持されている。ここに満を持して新型車を投入したのが、ジャーマンスリーを仮想敵に据えるレクサスだ。レクサスがこれまで参入していなかったポジションを担う新型車種は、コンセプトに「Creative Urban Explorer(クリエイティブアーバンエクスプローラー)」を据えた。車名は『UX』。コンセプトの頭文字の一部から取られたことは、言うまでもないだろう。 『UX』でのプレミアムコンパクトSUVへの参入は、レクサスの新たな挑戦 「WILD but FORMAL」というキャッチコピーに、タキシードを着たライオン。アラフォーのカーガイならピンとくるだろう。1997年にデビューしたトヨタ『ハリアー』のコマーシャルだ。 今では、いちカテゴリーとして定着している「プレミアムSUV」は、ここから始まった。時は流れ、世界中で支持されているのは、コンパクトサイズのプレミアムSUVだ。しかし、そのポジションにおいて、レクサスは遅れを取っていた。『UX』は、まさに、レクサスの新たな挑戦だ。 都会派コンパクトクロスオーバーを標榜しているだけに、ボディは全長4495mm×全幅1840mm×全...more
カテゴリー:

【自動車】マツダ アテンザ 改良新型…セダンは前後のデザインを一新 - 05月24日(木)15:06  bizplus

マツダは、5月24日よりフラッグシップモデルである『アテンザ』セダンおよびワゴンの改良新型を発表し、同日より予約受注を開始すると発表した。発売は6月21日を予定している。 今回の改良では、フラッグシップモデルに相応しい最新かつ最良の「走る歓び」を具現化することに開発の志をおき、幅広い領域と性能や質感を大幅に向上させている。 まず、エクステリアでは、フロントグリルの意匠を変更。ヘッドランプは薄くワイドな造形となり、LEDを使用した線表現の発光でより精悍な表情を演出している。セダンでは、リアエンドとガー...
»続きを読む
カテゴリー:

旧川上家別邸など重文に=9件の新規指定答申-文化審 - 05月18日(金)17:08 

 文化審議会(佐藤信会長)は18日、旧川上家別邸(岐阜県各務原市)や高座神社本殿(兵庫県丹波市)など建造物9件を重要文化財として新たに指定するよう、林芳正文部科学相に答申した。 併せて、既に重文指定済みの旧碓氷峠鉄道施設(群馬県安中市)の追加指定や、福島県喜多方市小田付地区の重要伝統的建造物群保存地区への選定なども求めた。近く答申通り告示され、重文の建造物は2489件(うち国宝225件)、保存地区は118地区となる。 旧川上家別邸は、日本の女優第1号とされる川上貞奴の別荘として1933年に建てられた。部屋ごとに趣向の異なる意匠を使い分けているのが特徴。 高座神社本殿は1705年に建立され、丹波地方では最大級の規模を誇る。屋根の形式や彫刻などの彩色技法が、地方的特色と独創性を備えており価値が高いと評価された。 ◇答申された重要文化財など 文化審議会の指定・選定答申は次の通り。 【重要文化財(新規)】 旧大沼家住宅(宮城県村田町)▽臨江閣(前橋市)▽旧遠山家住宅(埼玉県川島町)▽旧平沢家住宅(新潟県長岡市)▽松栄家住宅(新潟県佐渡市)▽旧川上家別邸(岐阜県各務原市)▽中村家住宅(滋賀県長浜市)▽高座神社本殿(兵庫県丹波市)▽阿弥陀寺本堂(和歌山市) 【重要文化財(追加)】 旧碓氷峠鉄道施設(群馬県安中市) 【重要伝統的建造物群保存地区(新規)】 喜多方市小田付地区(福島県喜多方市) 【...more
カテゴリー:

別格の役付き911に刮目せよ──ポルシェ911 GT3 RS - 05月27日(日)12:00 

「役付き」。コアなポルシェファンが使うこの言葉は、「ターボ」や「GT」など、いわゆるスペシャリティな『911』を指す。つまりは別格なのだが、なかでも別格中の別格が、ジュネーブモーター2018でアンベールされた『911GT3 RS』だろう。『911 GT3』『911 GT2 RS』に続く、公道を走ることができる3台目のGTスポーツカーであり、ポルシェラインナップのなかでも最高峰のポテンシャルを誇る「役付き」だ。 ポルシェファンならわかる、『911GT3 RS』が持つレース由来のエクステリア 『911GT3 RS』のホームグラウンドは、間違いなくサーキットだ。「公道を走れるGTスポーツカー」にもさまざまなモデルがあるが、『911GT3 RS』はそのすべてがモータースポーツに最適化されている。そもそも、エクステリアからして、挑発するかのような攻撃的佇まいだ。 一見すると、ノーマルの『911』と変わらないと思うかもしれない。しかし、ポルシェファンなら、『911GT3 RS』の特徴であるエンジン用エアインテーク、エアアウトレットを備えたフロント、ワイドになったサイドスカート、ホイールアーチにアクセントを加えるブラックのベントを見ただけで、その戦闘力を推察することができるだろう。 これらはすべて、空力を最適化させるために計算された意匠。機能がデザインを作っているのだ。 たとえば、ホイー...more
カテゴリー:

【スマホ特許訴訟】サムスンのアップルへの賠償金は588億円に - 05月25日(金)19:01  newsplus

◆アップルのスマホ特許訴訟 サムスン賠償金は588億円に アップルとサムスン電子のスマートフォン特許権を巡る差し戻し審で、米カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁陪審は24日、サムスンのアップルへの損害賠償を5億3900万ドル(約588億円)と認定した。 国際的な特許訴訟が始まってから7年となる中、アップルは2012年に出された当初の評決に盛り込まれた約10億ドルの賠償を差し戻し審でも求めていた。 これに対し、サムスンは2800万ドルを主張していた。 同日の陪審認定は損害賠償額についてだけで、スマートフォンの角の丸みや前...
»続きを読む
カテゴリー:

株式会社アピロス:四角いiPhoneケースTILEの阪神タイガースモデルを発売 - 05月25日(金)10:00 

株式会社アピロス(東京都江東区、代表取締役 政岡 健太郎)は、株式会社 阪神タイガース(兵庫県西宮市、取締役社長 揚塩 健治)とライセンス契約を結び、阪神タイガース柄のiPhoneケースTILEを2018年6月末に発売します(iPhoneケースの形状に関する意匠登録出願済)。 本製品は、阪神タイガースの球団フラッグ、ユニフォームをモチーフにした伝統的タイガースデザインのほか、「野球観戦をもっと楽しくキュートに」をテーマとした阪神タイガースを応援する女性=TORACO柄など、老若男女問わず阪神タイガースファンに愛されるデザインとなっております。 初回は、フラッグ、ユニフォーム、トラ模様、TORACOロゴの4デザインを阪神タイガース公式オンラインショップ「T-SHOP」のほか自社ECサイト、スマートフォンアクセサリー専門店、バラエティショップなどで発売致します。
カテゴリー:

【今週の名車】第1回:戦後のアルファ ロメオに黄金期をもたらした傑作 クーペ 「ジュリア・スプリントGT」(1963-1977) - 05月19日(土)10:00 

Filed under: クーペ, アルファロメオ, パフォーマンス, クラシック【ギャラリー】Alfa Romeo Giulia Sprint GT15戦後アルファロメオを 代表するジュリア・スプリントGT 大戦後、量産メーカーとして再起を図ったアルファ ロメオは、まず1950年に高級車の「1900」(下の写真)を発表し、続いて55年に大衆車の「ジュリエッタ」を世に送り出す。両モデルは量産車でありながら、当時は一部のスポーツカーのみに搭載が許されていたツインカムユニットを搭載し、戦前の伝統を受け継ぐ高性能車として仕立てられたことから発表と同時にたちまち人気車種となる。 両モデルの成功(ポルテッロ工場でライセンス生産していた「ルノー ドーフィン」のヒットも追い風となった)により、アルファ ロメオはイタリア国内でシェアを伸ばすことに成功する。そして、50年代後半に入ると両モデルの後継車種の開発がスタートした。こうして誕生したのが57年発表の2000であり、62年発表のジュリアであった。 このジュリアであるが、当初ニューボディで登場したのはベルリーナ(セダン)のみ(上の写真)で、スポーツモデルの4座クーペは、車名が「ジュリエッタ・スプリント」から「ジュリア・スプリント」に変更された上で継続生産されることになった(車名変更に伴い、新たに1.6Lエンジンが追加され、外装の意匠が小変更を受け...more
カテゴリー:

敵わないものと出合いたい。そんなものを傍に置きたい[硯箱/京都府京都市] - 05月18日(金)15:17 

【ONESTORY】「僕は“印”つまりクラシックなハンコが好きで色々な意匠の篆刻(てんこく)を持っているのですが、印や印泥を入れる“箱”として使っています」。
カテゴリー:

もっと見る

「意匠」の画像

もっと見る

「意匠」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる