「情報開示」とは?

関連ニュース

SMBCグループ、「グリーンイノベーター」発足。サステナビリティに関する顧客ニーズに対応 - 08月03日(火)19:25 

三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)は7月27日、「SMBC Group GREEN Innovator(SMBCグループ グリーンイノベーター)」を立ち上げたと発表した。サステナビリティ(持続可能性)関連のソリューションの提供と新たなサービス開発やノウハウ蓄積の活動・取り組みの総称で、グループ全体のサステナビリティに関するノウハウ・情報を集約することで他業種との協業を円滑化し、サービス開発力を強化することで、顧客により高度なソリューションを提供する狙い。同グリーンイノベーターのもと、新たに「AI 技術を活用した気候変動シナリオ分析の高度化」「SMBCサステナビリティ優先課題特定ツールの開発」の2件の取り組みを創出した。 脱炭素を始めとするサステナビリティに関する顧客ニーズが多様化、高度化すると見込まれる中、SMBCグループは「ニーズに対するグループ一体となった対応力の強化と社会のサステナビリティの実現に向けた自社のノウハウの蓄積が必要」と考え、また、多様化するニーズや求められるノウハウは金融分野にとどまらず「脱炭素関連分野やエネルギー分野といった非金融分野にまで広がることから他業種との協業が必要になる」という認識から、グリーンイノベーターとして情報とノウハウを集約するに至った。 AI技術を活用した気候変動シナリオ分析の高度化は、株式会社三井住友銀行(SMBC)が、気...more
カテゴリー:

学術会議、6人が不服申し立てへ 政府の任命拒否理由、不開示に | 共同通信 - 08月02日(月)21:47 

学術会議、6人が不服申し立てへ 政府の任命拒否理由、不開示に | 共同通信日本学術会議の会員への任命を拒否された学者6人が8日、拒否の理由を記した文書を不開示とした政府の決定を巡り、行政不服審査法に基づき不服申し立てをする方針を明らかにした。 6人は4月、自らの情報を請求する「自己情報開示請求」で文書の開示を求めた。内閣府は「公正かつ円滑な人事の確保に支障を及ぼす恐れがある...
カテゴリー:

【2021年8月最新】ソーシャルレンディング徹底比較!利回り・特徴・リスクなど - 08月02日(月)12:26 

国内には複数のソーシャルレンディング、また、それに類するクラウドファンディング投資ができる会社があります。投資ができる会社が多いため、投資初心者の方はどの会社を使って投資すれば良いのか、迷ってしまうこともあるでしょう。 そこで、ここではソーシャルレンディング会社やクラウドファンディング会社の中から自分に合った投資対象を選べるようにするため、それぞれの特徴をまとめてみました。利回りや特徴などを参考にしながら、ぜひ今後の投資の参考にしてください。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 ソーシャルレンディング会社の特徴・比較 1-1.OwnersBook(オーナーズブック) 1-2.CRE Funding 1-3.クラウドバンク 1-4.LENDEX(レンデックス) 1-5.Funds 1-6.バンカーズ 1-7.クラウドクレジット 不動産投資型クラドファンディング会社の特徴 2-1.WARASHIBE(わらしべ) 2-2.ちょこっと不動産 2-3.信長ファンディング 2-4.Rimple(リンプル) 2-5.CREAL(クリアル) 株式投資型クラウドファンディング会社の特徴・比較 3-1.FUNDINNO(ファンディーノ) 3-2....more
カテゴリー:

ソーシャルレンディング投資歴5年の私が本当に伝えたい7つのこと - 08月02日(月)12:24 

筆者は2016年からソーシャルレンディング投資を始め、今年で投資経験としては5年目になります。その中でソーシャルレンディング業界にも様々な動きがあり、良いと感じた点と悪いと感じた点の両方がありました。 そこでこの記事では、まずソーシャルレンディングの仕組みについて簡単に解説し、その上でこれまでのソーシャルレンディング投資で培った経験の中から、これからソーシャルレンディング投資を始める人に伝えたいポイントを7つに絞ってお伝えします。 記事目次 ソーシャルレンディングとは? ソーシャルレンディングの利回りはたとえ5%でも非常に高い ソーシャルレンディングで2年間の運用期間はリスクが高い 日本のソーシャルレンディングは発展途上の投資手法である ソーシャルレンディングで最も怖いのは事業者リスク 将来的には海外への投資がもっと盛んになる 投資をしないと資産は相対的に目減りする一方である ファンドの早期償還は悪いことではない 1 ソーシャルレンディングとは? ソーシャルレンディングとは、お金を貸したい個人投資家(レンダー)とお金を借りたい企業(ボロワー)をインターネット上でマッチングするサービスで、クラウドファンディングと呼ばれる投資手法の一つです。「貸付型クラウドファンディング」と呼ばれることもあります。 なぜ、企業がソーシャルレンディングの仕組みを使い、銀行以外からお金を借りようとす...more
カテゴリー:

米 証券取引委 中国企業に情報開示求める方針 投.. - 07月31日(土)08:44 

米 証券取引委 中国企業に情報開示求める方針 投資家保護で #nhk_news
カテゴリー:

ジョニー・デップ、元妻アンバー・ハードの情報開示を求める裁判で勝利。 - 08月03日(火)12:00 

ジョニー・デップが、泥沼化している元妻アンバー・ハードとの間の法廷争いの1件で勝訴した。
カテゴリー:

不明女児母を中傷 情報開示命令 - 08月02日(月)19:28 

山梨県道志村のキャンプ場で2019年9月に消息を絶った小倉美咲さん(9)の母とも子さん(38)が、インターネット上のブログの記事で中傷されたとして、大阪市内のプ...
カテゴリー:

オーナーズブックの評判は?メリット・デメリットを解説、始め方も - 08月02日(月)12:25 

インターネット上で「お金を借りたい人」と「貸したい人」を結びつける「ソーシャルレンディング」というサービスが新しい投資方法として注目されています。ソーシャルレンディングは株式投資やFXと比べてリスクは小さく、また、不動産投資と比べて大きな元手を必要としないため始めやすいのが特徴です。 そこでこの記事では、ソーシャルレンディングの中でも不動産に特化した「オーナーズブック」の特徴やメリット・デメリット、評判について詳しくご紹介します。不動産投資やソーシャルレンディングに興味のある方は、参考にしてみてください。 オーナーズブックのウェブサイトを見る 目次 オーナーズブックとは オーナーズブックの投資案件は2タイプ オーナーズブックのメリット 3-1.少額・分散投資が可能 3-2.不動産のプロが物件を厳選 3-3.案件情報が豊富 3-4.ロードスターキャピタル社の株主になると優待枠も オーナーズブックのデメリット 4-1.元本保証がない 4-2.途中解約ができない 4-3.利回りは3.0%~5.0%と低め 4-4.人気案件には投資できないことも オーナーズブックの評判・口コミ 5-1.企業の信頼性について 5-2.最低投資額について 5-3.抽選について 5-4.情報開示について オーナーズブックの始め方 まとめ 1 オーナーズブックとは 会社名 ロードスターキャピタル株式会社...more
カテゴリー:

気候変動リスク 企業の情報開示の在り方 金融庁が.. - 08月01日(日)12:09 

気候変動リスク 企業の情報開示の在り方 金融庁が検討へ #nhk_news
カテゴリー:

米SEC、中国企業IPOで追加情報開示を義務付けへ #.. - 07月31日(土)08:10 

米SEC、中国企業IPOで追加情報開示を義務付けへ #株式 #米国株 #中国
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる