「情報販売」とは?

関連ニュース

大企業に不正アクセスするためのデータ、約2000~4000ドルで売買‐カスペルスキー - 06月24日(金)16:23 

露Kasperskyが公開した分析結果によると、企業ネットワークに不正アクセスするための情報販売で最多だったのはRDPへのアクセスで、取引価格は2000~4000ドルだった。
カテゴリー:

感染症診断の市場規模、2022年からCAGR-1.4%で減少し2027年に331億米ドルに縮小見込み - 06月23日(木)17:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「感染症診断の世界市場:製品(試薬、キット、機器、ソフトウェア)、検査タイプ(ラボ、POC)、疾患(COVID-19、インフルエンザ、HAI、HIV、HPV)、技術別(免疫診断薬、NGS、INAAT、PCR)、エンドユーザー(病院、ラボ)別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1091562-infectious-disease-diagnostics-market-by-product.html感染症診断の市場規模は、2022年の355億米ドルからCAGR-1.4%で減少し、2027年には331億米ドルに縮小する見込みです。同市場は、感染症の世界的な流行と早期診断に対する意識の高まり、集中型ラボから分散型POC検査へのシフト、技術的進歩の高まりなどにより、需要を維持し続けています。COVID-19が感染症診断市場に与える影響COVID-19の検査は、依然としてこの病気の急速な拡大を抑制するための重要なステップであるため、各国政府機関は、COVID-19検査手順の合理化に向けて検査室を支援しています。COVID-19パンデミックはほとんどの企業の売上全体にマイナスの影...more
カテゴリー:

配合飼料の市場規模、2027年に6,412億米ドル到達予測 - 06月23日(木)15:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「配合飼料の世界市場:成分別 (穀類、粕類、副産物、サプリメント)・形状別 (マッシュ、ペレット、クランブル)・家畜別 (反芻動物、家禽、豚、養殖魚)・原料別 (植物ベース、動物ベース)・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1091565-compound-feed-market-by-ingredient-cereals-cakes.html配合飼料の市場規模は、2022年の5,213億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2027年には6,412億米ドルに達すると予測されています。配合飼料は、サプライチェーン全体において飼料と食品の安全性を確保する上で重要な役割を担っています。肉や乳製品の需要の大幅な増加により、家畜の飼育や畜産が盛んに行われています。また、動物の発育のために適切な栄養の必要性も高まっており、家畜のための配合飼料の需要を促進しています。さらに、国内外の食品・外食チェーンの成長、発展途上国における組織化された畜産部門の成長、精密栄養技術に対する意識の高まりなどが、配合飼料の消費量増加につながっています。牽引要因:家畜飼育のための近代的な技術...more
カテゴリー:

in vitro毒性試験の市場規模、2027年に186億米ドル到達予測 - 06月23日(木)13:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「in vitro毒性試験の世界市場:製品(アッセイ(ウェスタンブロット、組織培養)、装置、消耗品、ソフトウェア)、毒性エンドポイント(ADME、皮膚刺激、細胞毒性)、技術、手法、業界(製薬、バイオテクノロジー)別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1091558-vitro-toxicology-testing-market-by-product-assays.htmlin vitro毒性試験の市場規模は、2022年の112億米ドルからCAGR10.8%で成長し、2027年には186億米ドルに達すると予測されています。技術的進歩、動物実験への反対、医薬品開発の初期段階で毒性を検出するための研究開発費の増加といった要因が、市場成長の原動力となっています。COVID-19のin vitro毒性試験市場に対する影響in vitro毒性試験市場は、今後2年間は約11.0%~13.0%のCAGRで成長すると予想されています。これは、診断用アッセイとPCR装置を中心とした、in vitro毒性試験技術の需要に起因しています。一方で、COVID-19の発生が指数関数的に増加して...more
カテゴリー:

RPAとハイパーオートメーションの市場規模、2027年に260億米ドル到達予測 - 06月23日(木)11:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「RPAおよびハイパーオートメーションの世界市場:コンポーネント(ソリューション、サービス)、ビジネス機能(IT、運用・サプライチェーン、人事)、展開モード(クラウド、オンプレミス)、業界(BFSI、IT・通信、製造)、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1090236-rpa-hyperautomation-market-by-component-solution.htmlRPAとハイパーオートメーションの市場規模は、2022年の92億米ドルからCAGR23.1%で成長し、2027年には260億米ドルに達すると予測されています。主要産業における自動化需要の高まりと投資収益率の向上が、今後数年間におけるRPAおよびハイパーオートメーションの成長に市場機会を提供するものと思われます。世界中の組織は、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、変化し続ける市場環境の中で競争力を維持するために、AIとML技術に献身的に投資しています。しかし、RPAおよびハイパーオートメーションソリューションを採用するための主な課題は、自動化するべきビジネスプロセスの特定と、自動化前のビジネ...more
カテゴリー:

創傷治療用生物製剤の市場規模、2027年に24億米ドル到達予測 - 06月23日(木)18:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「創傷治療用生物製剤の世界市場:製品別 (生体皮膚代替物、局所剤)・創傷の種類別 (潰瘍 (糖尿病性足潰瘍、静脈性潰瘍、褥瘡)、手術創・外傷性創傷、熱傷)・エンドユーザー別 (病院、外来手術センター、熱傷センター) の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1091749-wound-care-biologics-market-by-product-biological.html創傷治療用生物製剤の市場規模は、2022年の18億米ドルからCAGR5.4%で成長し、2027年には24億米ドルに達すると予測されます。同市場の成長は、熱傷の発生率の増加と創傷治療用生物製剤の革新によりもたらされています。COVID-19の創傷治療用生物製剤市場への影響COVID-19パンデミックの出現により、世界各国の医療提供体制が変化しています。COVID-19患者の入院率の上昇によるプレッシャーは、多くの病院や診療科の再整備につながりました。その結果、利用可能な限られた能力をCOVID-19患者のケアに確保したため、多くの選択的手術がキャンセルすることになりました。Advances in...more
カテゴリー:

3Dプリント用プラスチックの市場規模、2027年に19億700万米ドル到達予測 - 06月23日(木)16:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「3Dプリント用プラスチックの世界市場:タイプ(フォトポリマー、ABS、PLA、ポリアミド)、形状(粉末、液体、フィラメント)、用途、エンドユーザー業界(航空宇宙・防衛、ヘルスケア、自動車、電子・消費財)、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1091561-3d-printing-plastics-market-by-type-photopolymer.html3Dプリント用プラスチックの市場規模は、2022年の7億2,100万米ドルからCAGR21.5%で成長し、2027年には19億700万米ドルに達すると予測されています。3Dプリント用プラスチックの用途別グレードの開発が、今後の市場の成長を促進すると予想されます。一方、製品の廃棄に関する環境問題や、新興国での新技術の受け入れに関する遅れが、同市場の成長にマイナスの影響を及ぼしています。COVID-19の3Dプリント用プラスチック市場への影響COVID-19の発生は、世界200カ国以上に影響を与えるパンデミックとなり、個人用保護具(PPE)と医療用品の深刻な不足が生じました。医療機器製造ラインは、世界的な需...more
カテゴリー:

EPDMの市場規模、2027年に48億米ドル到達予測 - 06月23日(木)14:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「EPDMの世界市場:用途(自動車、建築・建設、プラスチック改質、タイヤ・チューブ、ワイヤー・ケーブル、潤滑油添加剤)、製造プロセス、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1091559-epdm-market-by-application-automotive-building.htmlEPDMの市場規模は、2022年の36億米ドルからCAGR5.9%で成長し、2027年には48億米ドルに達すると予測されています。自動車や建設・ビルディングでのEPDMの使用量増加が、今後の需要を促進しています。アジア太平洋地域の新興経済圏の成長性が、EPDM市場にチャンスをもたらしています。COVID-19のEPDM市場に与える影響EPDM市場は、最終用途産業の急速な回復により、2020年より20%増で急速に成長しています。パンデミックの中、サプライチェーンが寸断され、最終用途産業の減少が2020年のEPDM市場に影響を及ぼしましたが、自動車などの最終用途産業も、パンデミック後に生産が順調に回復したこともあり、 2021-2022年は、世界経済の正常化、ワクチン接種の増加、企...more
カテゴリー:

デジタル薬局の市場規模、2027年に2,119億米ドル到達予測 - 06月23日(木)12:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「デジタル薬局の世界市場:医薬品別・製品別・プラットフォーム別・ビジネスモデル別・出店地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1090242-digital-pharmacy-market-by-drug-rx-otc-product.htmlデジタル薬局の市場規模は、2022年の965億米ドルからCAGR17.0%で成長し、2027年には2,119億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、COVID-19パンデミック状況下およびその後のオンライン医薬品購入に対する消費者の嗜好の高まり、市場の統合やパートナーシップ、高齢者人口の増加などが要因となっています。一方、臨床支援を薬剤師に頼る患者や違法薬局の増加が、今後の市場の成長を抑制することが予想されます。COVID-19のデジタル薬局市場への影響インターネットユーザーの増加、オンラインサービスへのアクセスの増加、医療サービスにおける電子処方箋の導入の高まりなどが、市場成長を支える重要な要因となっています。CVSヘルスは、2020年3月にCOVID-19とその他の慢性疾患の両方の治療に使用される医薬品の...more
カテゴリー:

エネルギー回収型ベンチレーター用コアの市場規模、2027年に13億6,000万米ドル到達予測 - 06月23日(木)10:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「エネルギー回収型ベンチレーター用コアの世界市場:材料タイプ(エンジニアリングレジン、繊維紙)、形状(正方形、ダイヤモンド、六角形、輪)、フロータイプ(カウンターフロー、クロスフロー)、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1090241-energy-recovery-ventilator-core-market-by-material.htmlエネルギー回収型ベンチレーター用コアの市場規模は、2022年の9億4,700万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2027年には13億6,000万米ドルに達すると予測されています。エネルギー回収型ベンチレーター用コア市場は近年大きく成長しており、今後数年間は高い成長率で推移すると思われます。その需要増加の主な理由は、室内空気質に対する消費者の意識の高まり、規制機関による換気基準の引き上げ、環境条件の変化などが挙げられます。COVID-19のエネルギー回収型ベンチレーター用コア市場に与える影響同市場は、COVID-19の流行により中程度の影響を受けました。2020年の感染の始まった時期に、非住宅建設活動は本質的に必要でな...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる