「情報漏洩」とは?

関連ニュース

NTTコミュニケーションズで「水平移動」型の不正アクセス、621社の情報流出の恐れ - 05月30日(土)08:00 

Anonymous Coward曰く、 NTTコミュニケーションズは5月28日、攻撃者からの不正アクセスを受けたことを5月7日に検知し一部の情報が外部に流出した可能性があることを発表した(プレスリリース)。 NTTコミュニケーションズが提供する企業向けクラウドサービスBHE/ECL1.0において、ラテラルムーブメント(水平移動)タイプのアタックによりシンガポールのサーバからサービス管理セグメントの運用サーバを経てNTTコミュニケーションズ社内のActiceDirectoryサーバが不正操作された模様。情報流出の可能性があるユーザは621社であるとのこと。 またNTTコミュニケーションズ社内のサーバ群への不正アクセスも認められるため影響を調査しているとのこと。撤去予定のサーバが踏まれたような記述があるが、同業社としては注意したいところである。 すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | IT | 情報漏洩 | 関連ストーリー: 日経グループの社員がメール経由でウイルスに感染、社員ら1万2514人分の個人情報流出 2020年05月15日 三菱電機、不正アクセスによる攻撃を受け情報漏洩 2020年01月20日 中国のサイバー攻撃集団によるものとみられ...more
カテゴリー:

“テレワークの働き方をAIでサポートする” テレワーク中従業員の状況チェック・情報漏えい防止のためのWebカメラアプリケーション開発開始と、協業パートナー募集のお知らせ - 05月27日(水)09:00 

機械学習・画像処理技術を駆使したシステムの研究・開発とAI教師データ作成プラットフォームの運営を行うグローバルウォーカーズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森川和正)は、テレワークをサポートするWebカメラアプリケーションの開発を開始したことをお知らせします。また、それに伴い本アプリケーションの協業パートナーの募集開始をお知らせいたします。■テレワークをサポートするWebカメラアプリケーション開発の背景新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大に伴い、新たな働き方としてテレワークが認知されつつあります。しかし、テレワークによる勤務は通常のオフィスワークと違い、従業員の勤務状況や情報漏えいのリスクを管理者側が把握しづらく、勤務実態が不透明な状態となりがちです。また、新型コロナ渦において、特に重要視される従業員の健康状態の把握が難しいといった問題から、緊急事態宣言が出される以前においても出勤を認めるか否かをお悩みの担当者も多く見受けられました。そういったテレワークにおける多くの課題に対し、AIでの画像認識・音声認識処理を活用し、Webカメラおよびマイクにより従業員の勤務状況や健康状態を把握すると同時に、機密・個人情報の漏えいを防止する機能を備えたアプリケーションの開発を開始しました。■テレワークをサポートするWebカメラアプリケーションの概要本アプリケーションは、従業員が...more
カテゴリー:

トレンドマイクロ製品のドライバーでWindowsの「ドライバーの検証ツール」実行の有無をチェックするコードが見つかる - 05月26日(火)12:30 

headless曰く、 複数のトレンドマイクロ製品が共通して使用するドライバーで、Windowsの「ドライバーの検証ツール」が実行されているかどうかチェックするコードが見つかったそうだ(Bill Demirkap's Blog、The Register、Demirkapi氏のツイート)。 発見したセキュリティ研究者のBill Demirkapi氏は当初、トレンドマイクロのルートキット除去ツール「ルートキットバスター」で逆にルートキットをインストール可能な脆弱性が存在しないか調べようとしていたという。しかし、ルートキットバスターに含まれるドライバー「tmcomm.sys(TrendMicro Common Module)」が他のトレンドマイクロ製品でも使われることに気付き、こちらに絞って調査を行ったとのこと。 Demirkapi氏はtmcommを通じて任意のカーネルメモリを読み書き可能になることを確認したうえで、実行可能な非ページプール(NonPagedPool/NonPagedPoolExecute)の割り当てが行われていないか調査。その結果、OSがWindows 10以降かつドライバーの検証ツールが実行されている場合のみ実行不可の非ページプール(NonPagedPoolNx)が使われ、それ以外ではNonPagedPoolが使われることが判明する。 ドライバーの検証ツールが実行さ...more
カテゴリー:

日本郵政が情報漏洩問題で調査報告書「前副社長に.. - 05月25日(月)19:17 

日本郵政が情報漏洩問題で調査報告書「前副社長に違法性は認められず」
カテゴリー:

「前副社長の違法性認められず」 日本郵政が情報漏洩問題で調査報告  - 05月25日(月)17:49 

 日本郵政は25日、傘下のかんぽ生命保険の不正販売に関する行政処分などの情報を昨年12月に前総務事務次官が郵政側に漏洩(ろうえい)した問題について、弁護士による調査結果を発表した。漏洩した情報を受け取った鈴木康雄前上級副社長に「違法性は認められなかった」との判断が示された。
カテゴリー:

ソフトクリエイト、IT資産管理ツール無償提供 - 05月28日(木)07:03 

ソフトクリエイトは、エムオーテックス(MOTEX)が提供するIT資産管理・情報漏洩対策ツールである「LanScope Cat」をクラウドで利用できる「LanScope Cat on SCCloud」と、ソフトクリエイトが提供するセキュリティアプライアンスである「L2Blocker クラウド」の体験版を、無償提供するキャンペーンを開始した。
カテゴリー:

今度は3DSのOSやソフトのソースコードが流出? - 05月26日(火)13:31 

kawakazu曰く、 先日、Wiiのソースコード等流出やXboxのソースコード流出が騒がれたばかりであるが。今度はNintendo 3DSのOSと、ポケットモンスター ダイヤモンド・パールのソースコードが流出したという話が海外のゲーム関連情報サイトで報じられている(Nintendo Everything、ResetEra)。 タレコミ民的には一応現行機種である3DSのソースが大体的に流出して任天堂の開発環境大丈夫と思うとともに、流失したとされる画像には日本語資料が含まれており、日本国内からの流出かなと思ってしまった。また、コンソール機のコンテンツ保存のためにはエミュレータの存在は大きいが、ハッキングによる情報取得の場合は、販売終了後10年以上経ってから公開したほうがまだよろしいのではないかと思う。 すべて読む | セキュリティセクション | 任天堂 | ソフトウェア | ゲーム | 情報漏洩 |
カテゴリー:

前副社長の違法性認められず 日本郵政、情報漏洩問題で調査報告 - 05月26日(火)05:00 

日本郵政は25日、傘下のかんぽ生命保険の不正販売に関する行政処分などの情報を、昨年12月に鈴木茂樹・前総務事務次官が郵政側に漏洩(ろうえい)した問題について、弁…
カテゴリー:

【法案】マイナンバー「ひも付け」論、急加速の構図 プライバシー主張で頓挫していたが… - 05月25日(月)19:02  newsplus

※夜の政治  マイナンバーと銀行口座を紐付ける法案の成立に、政府・与党が動き出した。  背景には、新型コロナウイルスの経済対策として、国民に一律10万円支給される「特別定額給付金」がある。オンライン申請の手続きや、それにともなうシステム障害により、自治体の業務負担が増していることが要因で、野党からも前向きな声が出ている。 ■内閣提出法案でも対応できるよう準備  新藤義孝元総務相を座長とする自民党のワーキングチームは2020年5月19日、マイナンバーの活用案に関する提言をまとめた。その目玉が、銀行口...
»続きを読む
カテゴリー:

「前副社長の違法性認められず」 日本郵政が情報漏洩問題で調査報告  - 05月25日(月)17:46 

 日本郵政は25日、傘下のかんぽ生命保険の不正販売に関する行政処分などの情報を昨年12月に前総務事務次官が郵政側に漏洩(ろうえい)した問題について、弁護士による調査結果を発表した。漏洩した情報を受け取った鈴木康雄前上級副社長に「違法性は認められなかった」との判断が示された。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「情報漏洩」の画像

もっと見る

「情報漏洩」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる