「心房細動」とは?

関連ニュース

高田延彦が発症した「心房細動」とは? 初期症状・なりやすい人の特徴も医師が解説(Medical DOC) - 07月19日(金)13:01 

元プロレスラー・総合格闘家でタレントとしても活躍している高田延彦(62)が、「発作性心房細動」のために心臓の手術を受けたことを自身のSNSにて発表しました。そこで、心房細動の症状・初期症状・原因や何科
カテゴリー:

高田延彦が心臓手術 22年に発作性心房細動を発症「薬のやりくりで今日まで向き合ってきた…」 - 07月18日(木)09:57 

元プロレスラー・格闘家でタレントの高田延彦(62)が、18日までにインスタグラムを更新。心房細動の治療のため「心臓アブレーション手術」を受けたことを報告した。 高田は「午前中、心臓アブレーション手術が終わった。ようやく術後の倦怠感が薄れ…
カテゴリー:

第70回 日本不整脈心電学会学術大会に協賛 - 07月17日(水)10:00 

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:岡田 歩、以下当社)は、2024年7月18日(木)~20日(土)の3日間、石川県金沢市で開催される第70回 日本不整脈心電学会学術大会に協賛します。当社は、心電計付き上腕式血圧計や携帯型心電計など、心電計の主力製品をブース展示します。また、7月19日(金)には、携帯型心電計を活用したカテーテルアブレーション術*1後患者の自己管理に関するランチョンセミナーを開催します。   日本不整脈心電学会は、日本の医療発展と国民の健康増進を目的に、不整脈の発生メカニズムや診断法、治療法研究の助成などに取り組んでいます。近年は、「心房細動」の早期発見および予防の重要性に関する啓発活動に注力しています。「心房細動」は、重症になりやすい脳梗塞 のひとつ、「心原性脳塞栓症」の原因ともいわれる危険な不整脈です。今回、当社は山根 禎一 先生(東京慈恵会医科大学循環器内科 教授)を座長に迎え、濵 義之 先生(幕張不整脈クリニック 院長)より「患者満足度9.8達成への取り組み」と題したランチョンセミナーを実施します。 幕張不整脈クリニックでは年間600件を超えるカテーテルアブレーション術を実施しており、入院患者の平均満足度9.8(10点満点)を実現しています。本講演では、携帯型心電計を活用した術後患者の自己管理について、患者に寄り...more
カテゴリー:

心房細動とその合併症の生涯リスクの2000年~2022年における経時的変化:デンマークの一般住民を対象とした全国規模のコホート研究(解説:原田和昌氏) - 07月02日(火)10:00 

これまで心房細動発症後の患者ケアでは脳卒中リスクに最も焦点が当てられてきた。しかし、脳卒中だけでなく心不全、心筋梗塞などの心房細動合併症の長期的な影響についても知る必要がある。心房細動の生涯リスクの…
カテゴリー:

第6回 日本在宅医療連合学会大会に協賛 - 07月18日(木)10:00 

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:岡田 歩、以下当社)は、2024年7月19日(土)~20日(日)の2日間、幕張メッセ国際会議場(千葉市美浜区)で開催される第6回 日本在宅医療連合学会大会に協賛します。   日本在宅医療連合学会は、在宅医療の質を高め、良質な在宅医療を提供することで、患者の人生や生活の質を向上させることを目的として活動しています。同学会は、関連する学術研究への支援や政策提言、研修会・セミナーの実施を通じた情報発信などを実施しています。今回の大会は『在宅医療を紡ぐ』がテーマです。在宅医療の最新の動向や研究成果を発表するための場として、医療従事者や研究者、関連企業が集います。当社は、患者が家庭で簡単に心電図を記録できる最新の携帯型心電計や、心電計付き上腕式血圧計、医療用の超音波式ネブライザなどをブース展示します。   当社は、循環器事業のビジョンとして「脳・心血管疾患の発症ゼロ(ゼロイベント)」を掲げ、家庭での継続的な血圧測定の普及や、危険な不整脈である心房細動の早期発見に取り組んでいます。誰もが簡便に血圧測定や心電図を記録できるデバイスやサービスを展開し、患者が自宅で安心して療養できる環境づくりを支援します。また、医療従事者や研究者と共に積極的に学術活動を展開しています。今後も学会活動を積極的に進め、医療から信...more
カテゴリー:

高田延彦、発作性心房細動で心臓手術を報告 約2年前から悩まされ「心臓アブレーション手術」 - 07月18日(木)06:04  mnewsplus

2024-07-17 18:20 ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2336581/full/  元プロレスラー・格闘家でタレントの高田延彦(62 ※高=はしごだか)が17日、自身のインスタグラムを更新し、「心臓アブレーション手術」を受けたと報告した。  高田は前日に「短い入院生活の始まり」と病室から伝え、ファンから「え!? お大事にして下さい!!」など心配が寄せられていた。  この日「午前中、心臓アブレーション手術が終わった。ようやく術後の倦怠感が薄れてきた」と、手術着姿で元気に立つ姿を披露。  経緯について「202...
»続きを読む
カテゴリー:

第30回日本心臓リハビリテーション学会学術集会に協賛 - 07月12日(金)10:00 

オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:岡田 歩、以下当社)は、2024年7月13日(土)~14日(日)の2日間、神戸国際展示場と神戸国際会議場(いずれも神戸市中央区)で開催される第30回日本心臓リハビリテーション学会学術集会に協賛します。日本心臓リハビリテーション学会は、先進的な心血管治療および予防介入としての心臓リハビリテーションの普及と質の向上を目的に活動しています。学術研究の促進や、教育・研修活動、一般市民および医療関係者への情報発信と啓発活動などにも取り組んでいます。今回の学術集会のテーマは『サイエンスしていく心臓リハビリテーション』です。当社はブースセミナーを開催するほか、最新の携帯型心電計や、家庭で簡単に心電図の記録ができる心電計付き上腕式血圧計などをブース展示します。   心臓リハビリテーション(心臓リハビリ)とは、心臓病の患者さんが、体力を回復し自信を取り戻し、快適な家庭生活や社会生活に復帰するとともに、再発や再入院を防止することをめざしておこなう総合的活動プログラムです。プログラムには、運動療法と学習活動・生活指導・カウンセリングなどが含まれます。今回の当社ブースセミナーでは、「モバイルデバイスを活用した生活期心臓リハビリテーションの新展開」のテーマで、内藤紘一先生(名古屋女子大学医療科学部理学療法学科 講師 兼 名古屋...more
カテゴリー:

なかやまけんみゃくん(検脈)です! なかやまきんに君が「検脈」による心房細動の早期発見の重要性を伝える - 07月01日(月)12:00 

公益財団法人 日本心臓財団(東京都千代田区、理事長:矢﨑義雄、以下、日本心臓財団)は、2024年7月1日より、公益社団法人ACジャパン(東京都中央区、理事長:鳥井信宏、以下、ACジャパン)の「支援キャンペーン」による啓発活動を開始します。       日本心臓財団は、1970年の創立から50年以上にわたり、心臓病や脳卒中などの循環器病を克服するための事業に取り組んでいます。研究者や医療関係者などの専門職に向けては、循環器病に関連する研究への助成や褒章事業を行っています。一般市民に向けては、無料のメールによる医療相談やホームページ、イベントなどを通じて、心臓病の予防・治療に関する啓発活動を行ってきました。さらに、ACジャパンの支援キャンペーンを通じた、循環器病の疾病啓発にも継続的に取り組んでいます。2008年から2010年には「AED」普及を、2017年から2018年にかけては「心臓弁膜症」の早期発見をテーマにしたメディア広告を実施しました。2023年からは、「心房細動」という脳卒中や心不全の原因とも言われている不整脈の早期発見をテーマにしたACジャパン支援キャンペーンを展開しています。2024年6月までは、ダンスグループTRFのメンバーであるDJ KOOさんに登場いただき、「EZ DO(イージードゥ)検脈!」というCMオリジナルのフレーズとともに、同世代の方々...more
カテゴリー:

こんなの見てる