「微小粒子状物質」とは?

関連ニュース

【環境】中国のPM2.5濃度一時大幅低下 日本も好転「3月顕著」 コロナによる経済停滞影響 - 05月23日(土)01:17  newsplus

新型コロナウイルスが最初に流行した中国で、大気汚染につながる大気中の微小粒子状物質「PM2・5」の濃度が一時大幅に下がり、大陸からの飛来物質の影響を受けやすい 九州北部や西日本の日本海側でも濃度が低下していたことが、各地の測定結果から明らかになった。感染拡大に伴う中国国内の経済活動の停滞や移動の制限などが影響した。 PM2・5は大気中に浮遊する直径2・5マイクロメートル以下の粒子状物質で、吸い込むと肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系や循環器系への影響が懸念されている。 日本国内の基準では、1日平均で1立...
»続きを読む
カテゴリー:

中国のPM2.5濃度一時大幅低下 日本も好転「3月顕著」 コロナによる経済停滞影響 - 05月22日(金)21:27 

 新型コロナウイルスが最初に流行した中国で、大気汚染につながる大気中の微小粒子状物質「PM2・5」の濃度が一時大幅に下がり、大陸からの飛来物質の影響を受けやすい九州北部や西日本の日本海側でも濃度が低下していたことが、各地の測定結果から明らかになった。感染拡大に伴う中国国内の経済活動の停滞や移動の制限
カテゴリー:

「微小粒子状物質」の画像

もっと見る

「微小粒子状物質」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる