「役職定年」とは?

関連ニュース

50代バブル世代 平社員リストラ 生産性ゼロでいらない - 05月29日(金)09:09  poverty

決められた年齢時に 課長や部長に昇進していない人は、 おおよそ50代のうちに主要な役職から 外れることになります。 その後はいわば平社員。 部下がいなくなり、 マネジメントする必要もなくなりますから、 報酬は大幅に下がります。 さらに、大きなモチベーションダウンが生じると言われています。 役職定年後のモチベーションの低い社員が、 生産性を生みにくくなり、 会社にとってはコスト要因となってしまいます。 今回のコロナショックです。 ほとんどすべての業種において 業績悪化は避けがたい状況です。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

民主党政権で思い出す…検察への“政治介入”の恐ろしさ! 尖閣事件の中国人船長「釈放」でも圧力 - 05月28日(木)20:00 

 検察庁法改正案への批判は、まったく的外れというしかない。検事総長らの「役職定年」延長の判断も、検察当局が行うことを前提としていたはずだ。それを内閣の検察人事への恣意(しい)的介入を可能にすると批判する人々は、彼らこそが「検察への政治介入」を企図していたはずだ。
カテゴリー:

検察庁法改正案 菅氏「取り下げ考えていない」 役職定年延長規定の削除否定 - 05月27日(水)15:29 

 検察官の定年延長などを明文化した検察庁法改正案などの関連法案について、菅義偉官房長官は27日の衆院内閣委員会で「(国会から)取り下げることは考えていない」と述べた。野党は役職定年の延長規定などを削除するよう求めているが、菅氏は「国会で成立をさせていただきたい。これが政府の統一した考え方だ」と述べた
カテゴリー:

博徒・黒川検事長 問題の夜に国士無双を鬼ツモ  しかし仲間内では『手心』を加えた接待だったとも - 05月23日(土)12:39  news

東京高検の黒川弘務検事長(63)が“賭け麻雀報道”を受け、21日に辞表を提出した。 同氏には訓告処分が科され、森雅子法相が進退伺を出す事態に発展。 つい先日まで「次の検事総長」と目された男が、一気に権力の座から転落。 ネット上では懲戒免職を求める声や、安倍晋三首相の任命責任を問う声が上がっている。 そんな中、当の黒川氏はというと、親しい担当記者にLINEで“惜別メッセージ”を送っていたという――。 天国から地獄だ。  ほんの数日前まで「検事総長」の最有力候補と言われていた男が、職を失うこと...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日社説】黒川氏辞職へ 政権の「無法」の果てに - 05月22日(金)09:11  seijinewsplus

 東京高検の黒川弘務(ひろむ)検事長が辞表を提出した。コロナ禍で外出自粛が求められているさなかに、産経新聞記者の自宅で賭けマージャンをしたと週刊文春が報じ、法務省の聞き取りに氏も事実を認めたという。  公訴権をほぼ独占し、法を執行する検察官として厳しい非難に値する。辞職は当然だ。  マージャンには、記者時代に黒川氏を取材した朝日新聞社員も参加していた。本日付の朝刊にこれまでの調査の概要を掲載し、おわびした。社員の行いも黒川氏同様、社会の理解を得られるものでは到底なく、小欄としても同じ社内で仕...
»続きを読む
カテゴリー:

【ミンスサポ憤死】民主党政権で思い出す…検察への“政治介入”の恐ろしさ! 尖閣事件の中国人船長「釈放」でも圧力 - 05月29日(金)07:27  seijinewsplus

https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/200528/plt20052820000009-n1.html 突破する日本  検察庁法改正案への批判は、まったく的外れというしかない。検事総長らの「役職定年」延長の判断も、検察当局が行うことを前提としていたはずだ。それを内閣の検察人事への恣意(しい)的介入を可能にすると批判する人々は、彼らこそが「検察への政治介入」を企図していたはずだ。  立憲民主党や国民民主党のルーツとなる民主党政権がそうだ。民主党の鳩山由紀夫政権では、千葉景子法相(当時)が2009年9月の就任時に「検察の暴...
»続きを読む
カテゴリー:

【突破する日本】民主党政権で思い出す…検察への“政治介入”の恐ろしさ! 尖閣事件の中国人船長「釈放」でも圧力 - 05月28日(木)11:00 

 検察庁法改正案への批判は、まったく的外れというしかない。検事総長らの「役職定年」延長の判断も、検察当局が行うことを前提としていたはずだ。それを内閣の検察人事への恣意(しい)的介入を可能にすると批判する人々は、彼らこそが「検察への政治介入」を企図していたはずだ。
カテゴリー:

【検察官定年延長問題】 忘れてはいけない3つ「三権分立 法の支配 民主主義」 ”選挙で選ばれた内閣が検察を統制”論は危険 - 05月24日(日)21:59  newsplus

今回の一連の問題では、「三権分立」「法の支配」「民主主義」などといったキーワードが浮上し、 単なる人事を超えた問題として議論されました。上智大学国際教養学部の中野晃一教授(政治学)に、どんな問題を内包しているのかを聞きました。 ●「三権分立」の原則に反する 中野教授も「なぜこの改正法案がいけないのかの本質」だといいます。 「検察の最高幹部に関して、内閣の一存で役職定年を延長するか、しないかを決められるようにする。 その意味は、検察幹部に対する政治支配を行ってしまうことになり、人事に介入でき...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日新聞】黒川氏辞職へ 政権の「無法」の果てに 問われているのは首相の責任の取り方だ - 05月22日(金)21:35  newsplus

夜の政治 https://www.asahi.com/articles/DA3S14484934.html  東京高検の黒川弘務(ひろむ)検事長が辞表を提出した。コロナ禍で外出自粛が求められているさなかに、産経新聞記者の自宅で賭けマージャンをしたと週刊文春が報じ、法務省の聞き取りに氏も事実を認めたという。  公訴権をほぼ独占し、法を執行する検察官として厳しい非難に値する。辞職は当然だ。  マージャンには、記者時代に黒川氏を取材した朝日新聞社員も参加していた。本日付の朝刊にこれまでの調査の概要を掲載し、おわびした。社員の行いも黒川氏同様...
»続きを読む
カテゴリー:

標的は河井夫妻にあらず。検察が狙う「安倍政権」という真の本丸 - 05月22日(金)05:00 

検察庁法改正による「検察幹部人事権の掌握」という目論見が、国民の抗議により潰えた形となった安倍政権。そもそもなぜ政府与党は、このような無理筋としか思えぬ法案を押し通そうと画策していたのでしょうか。今回のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では元全国紙社会部記者の新 恭さんが、官邸が検察庁法改正にこだわらざるを得なかった事情を改めて解説。さらに現在捜査が進んでいる河井前法相夫妻の買収疑惑に安倍首相が関わっている可能性が高いとして、国民から「正常化」を望まれている検察に、政界中枢部への斬り込みを期待する旨を記しています。 検察庁法改正案で挫折した安倍首相に迫る河井前法相立件のXデー 昨年7月の参院選をめぐる買収容疑で、河井克行前法務大臣を広島地検が立件する腹を固めたようだ。 報道によると、妻の河井案里参院議員が立候補した昨夏の参院選前、広島県内の首長や地方議員、後援会幹部ら数十人に総額で1,000万円を超える現金を渡していたという。 河井前法相の疑惑には参院選の3か月ほど前に自民党から渡された1億5,000万円もの巨額資金が絡んでおり、前法相の妻、河井案里候補(現参院議員)を強く推した安倍官邸の関与もとりざたされている。広島地検が本気で捜査に取り組めば、安倍首相も安閑としてはいられない。 おりから、検察幹部人事への介入を目論む検察庁法改正案を、あたかも検察の動きを牽制するかのように、...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「役職定年」の画像

もっと見る

「役職定年」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる