「強制排除」とは?

関連ニュース

『アナと雪の女王2』はなぜ“大人向け”の作品だと感じるのか?「姉妹愛」のウラで描かれていたこと【考察】 - 12月06日(金)07:30 

11月22日に公開されたディズニー最新作『アナと雪の女王2』の勢いが止まらない。公開10日目での興行収入・40億円突破は、『トイ・ストーリー4』を超えて、ディズニー・ピクサー制作の全作品の中で最短記録となった。前作『アナと雪の女王』から5年。これから続編を観る人は、「アナとエルサの“姉妹愛”がどう描かれるのか」「また子どもたちを巻き込む社会現象になるのか」などと様々な期待を抱いて観ることだろう。だが、作品を見終えた後の私は、この続編は“大人のためのアナ雪”だったと感じた。ネット上の感想をみても、「前作より大人向けだった」との声はかなり多い。なぜなのだろうか?その理由を紐解くと、ディズニーが“裏テーマ”として作品を通じて伝えたかったメッセージが存在するように思えてくる。それは何なのか、考えてみた。(※ここから先は、内容のネタバレを一部に含んでいます)昨今のディズニー作品には、“ある共通点”が存在する『アナと雪の女王2』が描く最大のテーマは、「なぜ、エルサは力を与えられたのか」というもの。その謎に迫っていくという展開で、ハッピーエンドで終わった前作の3年後が舞台だ。自らが納めるアレンデール王国で平穏に暮らすエルサはある日、“不思議な歌声”を聴く。その歌声に自身の力の謎...more
カテゴリー:

香港政府が民主化要求に応じず 抗議活動 再び活発化の可能性も - 12月02日(月)04:07 

香港では1日、大規模な抗議活動が行われ、警察が催涙弾を発射してデモ隊を強制排除する事態となりました。政府が市民の要求に応じる姿勢を見せないなか、抗議活動が再び活発化する可能性も指摘されています。
カテゴリー:

フランスでは「ブロックフライデー」、アマゾン本部で座り込み抗議 消費主義をあおって地球環境問題を悪化させている - 11月30日(土)23:26  newsplus

米国で一大小売りイベントとして定着したブラックフライデーの金曜。アマゾン・ドット・コムのフランス本部と配送センターでは、米国から輸入された消費文化を非難する抗議活動が繰り広げられた。   反資本主義と環境保護を訴える世界的な運動の一環で、ツイッターでは「#ブロックフライデー」などのハッシュタグでメッセージがやり取りされている。パリ北西にあるアマゾン・フランス本部の外では数十人が座り込んで抗議。同国北部とリヨンにある物流センター2カ所でも、警察に強制排除されるまで営業妨害を行った。ブラックフライ...
»続きを読む
カテゴリー:

香港理工大、数十人立てこもり 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎 - 11月20日(水)20:17 

 「香港人権・民主主義法案」が米上院で可決されたことを受けて、香港の民主派からは歓迎の声が相次いだ。一方、香港理工大で立てこもりを続ける若者らは数十人規模に減り、事実上制圧状態となった。理工大でこれまでに強制排除されたり、自主的に投降したりしたのは約1100人。香港紙によると、6月のデモ本格化以降の
カテゴリー:

香港 拘束の邦人は東京農大生 - 11月19日(火)13:22 

抗議活動が続く香港では警察に包囲され、大学にとどまる学生たちを助けようという呼びかけに応じた大勢の市民が大学の周辺に集まりましたが、強制排除に乗り出した警察と衝...
カテゴリー:

香港 週末も大規模デモ、緊張高まる - 12月02日(月)13:22 

 香港では先月下旬の区議会選挙後、初めての週末を迎えましたが、両日とも大規模なデモが行われました。警察はデモ隊に催涙弾を発射するなど、再び緊張が高まっています。  香港の九龍地区では1日、主催者発表で38万人以上が参加する大規模なデモが行われました。このなかで、一部の参加者がレンガや発煙弾を投げるなどしたことから、警察は土曜日夜に続き、2日連続で催涙弾を発射。その後もデモ隊の一部が障害物を置くなどして道路を占拠したため、警察が強制排除に乗り出しました。  区議会選挙の直前は過激な抗議活動は控えられていましたが、林鄭月娥行政長官は、8割を超える議席を獲得した民主派の要求に応じない姿勢を鮮明にしていて、緊張が再び高まっています。(02日11:08)
カテゴリー:

香港 警察がデモ隊に催涙弾使用 民主派圧勝の選挙後初めて - 12月01日(日)05:17 

香港では、民主派が圧勝した区議会議員選挙のあと初めての週末を迎え、夜になって抗議活動を行うデモ隊が道路の通行を妨害したのに対し、警察が強制排除するため催涙弾を使用しました。警察が催涙弾を使ったのは選挙後初めてで、今後の情勢は再び不透明になってきました。
カテゴリー:

【中国】広東省 火葬場建設めぐり 住民と警察が衝突 次々と拘束 メディアは報道せず、SNS上の投稿も削除 - 11月30日(土)20:28  newsplus

中国南部、広東省で火葬場の建設に反対する住民と警察が衝突し、けが人が出ていると香港メディアなどが伝えました。 香港メディアや、アメリカ政府系のラジオ局「ラジオ・フリー・アジア」などによりますと、中国の広東省・茂名で、地元政府が公園をつくるとしていた場所に火葬場をつくろうとしたことに住民が反発し、28日、抗議活動を行いました。 これに対して警察は放水車を出したり、催涙弾を発射したりして強制排除に乗り出し、複数のけが人が出ているということです。 現場とされる映像には、抗議の声を上げる住民らを武装し...
»続きを読む
カテゴリー:

香港、学生ら1100人排除 行政長官「暴力停止」求める 邦人男性逮捕 - 11月19日(火)21:59 

 【香港=藤本欣也】反政府デモが続く香港では18日から19日未明にかけて、若者らが立てこもる香港理工大の周辺で警官隊とデモ隊が衝突を繰り返した。香港警察は19日、同大とその周囲で強制排除されたか自主的に投降した若者らが計約1100人に上ったと発表した。
カテゴリー:

香港で東京農大生がディズニーランド帰りにデモ見学し逮捕される - 11月19日(火)11:17 

香港の抗議活動に関連して20代の日本人男性が17日、香港の警察に逮捕されていたことがわかったと、NHKニュース、共同通信などが報じている。男性は、東京農業大学に通う20代の大学生で、けがはなく、健康状態も問題ないという。 外交筋によりますと香港の抗議活動に関連して20代の日本人男性が17日、香港の警察に逮捕されました。詳しい容疑などは明らかになっていませんが、男性は17日の夜、学生と警察との間で激しい衝突が続いていた香港理工大学の周辺にいたところ、警察に拘束されたということです。https://t.co/QA7GPRvp59 — NHK国際部 (@nhk_kokusai) November 18, 2019 速報:政府関係者によると、香港で続くデモを巡り身柄を拘束された20代の日本人男性は、東京農大の学生という。 https://t.co/9wvak2Dyyo — 47NEWS (@47news) November 19, 2019 NHKニュースによると、外務省関係者からの話として、香港当局に身柄を拘束されたのは20代の日本人観光客の男性。共同通信によると東京農大の学生だという。17日、「香港ディズニーランド」に行った帰りに、香港理工大学にデモの様子を見に行った際、周辺で現地の警察に拘束されたとしている。一連の香港デモに関連して日本人が逮捕されたことが分かったのは、9月に続い...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「強制排除」の画像

もっと見る

「強制排除」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる