「強制性交致傷」とは?

関連ニュース

静岡地裁「レイプされたけど抵抗出来たよね?はい無罪」 - 03月20日(水)23:17  livejupiter

https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019032001001265.html 静岡県磐田市で昨年、25歳だった女性に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性被告(45)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部は20日までに、「故意が認められない」として無罪判決(求刑懲役7年)を言い渡した。 判決は19日。 山田直之裁判長は、暴行が女性の反抗を困難にするものだったと認定した上で、女性が抵抗できなかった理由は、女性の「頭が真っ白になった」などの供述から精神的な理由によるものであると説明。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【静岡】女性に乱暴、強制性交致傷罪に問われたメキシコ人男性に無罪 「明らかに分かるような形で抵抗を示すことができていなかった」★3 - 03月20日(水)19:53  newsplus

女性に乱暴しけが、無罪 メキシコ人男性に判決 地裁浜松支部 静岡県西部の女性(25)に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍、浜松市中区の男性工員(44)の裁判員裁判判決公判で静岡地裁浜松支部は19日、無罪(求刑懲役7年)を言い渡した。山田直之裁判長は「被告人が、自身の暴行が(女性の)反抗を著しく困難にする程度のものだと認識していたと認めるには合理的な疑いが残り、故意が認められない。犯罪の証明がない」などと判決理由を述べた。   山田裁判長は、男性の暴行が女性の反抗...
»続きを読む
カテゴリー:

女性に乱暴、無罪判決 男性被告の故意認めず - 03月20日(水)15:51 

 静岡県磐田市で昨年、25歳だった女性に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性被告(45)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部は20日までに、「故意が認められない」として無罪判決(求刑懲役7年)を言い渡した。判決は19日。
カテゴリー:

【静岡】女性(25)を強姦致傷のメキシコ男(45)無罪 裁判官「故意でない」「女性が抵抗できなかったのは頭が真っ白になったから」 - 03月20日(水)12:53  newsplus

 静岡県磐田市で昨年、25歳だった女性に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性被告(45)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部は20日までに、「故意が認められない」として無罪判決(求刑懲役7年)を言い渡した。判決は19日。  検察側は「被告の暴行で女性の反抗が著しく困難になることは明らか」と主張していたが、山田直之裁判長は、暴行が女性の反抗を困難にするものだったと認定した上で、女性が抵抗できなかった理由は、女性の「頭が真っ白になった」などの供述から精神的な理由によ...
»続きを読む
カテゴリー:

静岡地裁「レイプされた女性が反抗しなかった理由は頭が真っ白になったせいなので、暴行した男は無罪」 - 03月20日(水)12:32  poverty

静岡県磐田市で昨年、25歳だった女性に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性被告(45)の裁判員裁判で、 静岡地裁浜松支部は20日までに、「故意が認められない」として無罪判決(求刑懲役7年)を言い渡した。判決は19日。  検察側は「被告の暴行で女性の反抗が著しく困難になることは明らか」と主張していたが、山田直之裁判長は、 暴行が女性の反抗を困難にするものだったと認定した上で、 女性が抵抗できなかった理由は、女性の「頭が真っ白になった」などの供述から精神的な理由による...
»続きを読む
カテゴリー:

【宇宙の 法則が 乱れる!】静岡地裁「強姦したけど故意じゃないから無罪」 - 03月20日(水)21:07  news

女性に乱暴の男性に無罪、静岡 「故意認められない」 https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019032001001265.html  静岡県磐田市で昨年、25歳だった女性に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性被告(45)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部は20日までに、「故意が認められない」として無罪判決(求刑懲役7年)を言い渡した。 判決は19日。  検察側は「被告の暴行で女性の反抗が著しく困難になることは明らか」と主張していたが、山田直之裁判長は、暴行が女性の反抗を困難...
»続きを読む
カテゴリー:

【静岡】女性に乱暴、強制性交致傷罪に問われたメキシコ人男性に無罪 「明らかに分かるような形で抵抗を示すことができていなかった」★2 - 03月20日(水)15:56  newsplus

女性に乱暴しけが、無罪 メキシコ人男性に判決 地裁浜松支部 静岡県西部の女性(25)に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍、浜松市中区の男性工員(44)の裁判員裁判判決公判で静岡地裁浜松支部は19日、無罪(求刑懲役7年)を言い渡した。山田直之裁判長は「被告人が、自身の暴行が(女性の)反抗を著しく困難にする程度のものだと認識していたと認めるには合理的な疑いが残り、故意が認められない。犯罪の証明がない」などと判決理由を述べた。   山田裁判長は、男性の暴行が女性の反抗...
»続きを読む
カテゴリー:

女性乱暴 故意認められぬと無罪 - 03月20日(水)13:05 

静岡県磐田市で昨年、25歳だった女性に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性被告(45)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部は20日まで...
カテゴリー:

【静岡地裁】女性に乱暴、強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性に無罪「故意認められない」 - 03月20日(水)12:40  newsplus

 静岡県磐田市で昨年、25歳だった女性に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性被告(45)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部は20日までに、「故意が認められない」として無罪判決(求刑懲役7年)を言い渡した。判決は19日。  検察側は「被告の暴行で女性の反抗が著しく困難になることは明らか」と主張していたが、山田直之裁判長は、暴行が女性の反抗を困難にするものだったと認定した上で、女性が抵抗できなかった理由は、女性の「頭が真っ白になった」などの供述から精神的な理由によるもので...
»続きを読む
カテゴリー:

女性に乱暴の男性に無罪、静岡 「故意認められない」 - 03月20日(水)12:24 

静岡県磐田市で昨年、25歳だった女性に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性被告...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

もっと見る

「強制性交致傷」の画像

もっと見る

「強制性交致傷」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる