「弘南鉄道」とは?

関連ニュース

防雪柵に衝突 軽乗用車の男性死亡/黒石 - 11月29日(水)12:09 

27日午後9時過ぎ、黒石市境松村井の市道で、軽乗用車が道路脇の防雪柵に衝突しているのを通行人が発見、消防に通報した。この事故で、運転席に乗っていた弘前市取上3丁目、農作業員荒城豪さん(44)が黒石市内の病院に運ばれたが同日午後10時38分、頭部外傷で死亡が確認された。黒石署などによると、現場は弘南鉄道境松駅北方約600メートルの片側1車線のカーブ。発見当時、路面は乾燥していた。
カテゴリー:

弘南鉄道、自治体と補修費分担へ - 11月21日(火)09:00 

弘南鉄道(本社青森県平川市)の長期運休を巡り、沿線自治体などでつくる活性化支援協議会(会長・桜田宏弘前市長)は20日、弘前市役所で会合を開き、弘前圏域8市町村に対し、レールの補修やバス代行などにかかった経費について、同社と沿線5市町村とで分担する案を示した。経費は数千万円規模とみられる。5市町村はそれぞれ、12月定例議会に負担金を盛り込んだ一般会計補正予算案を提案する方向。同社の弘南線(弘前-黒石)と大鰐線(大鰐-中央弘前)で基準値を超えるレールの摩耗が判明し、9月25日から運休。弘南線は11…
カテゴリー:

弘南鉄道大鰐線の一部区間で運転再開 - 11月20日(月)10:11 

弘南鉄道(本社青森県平川市)は20日、レール補修などのために運休していた大鰐線(大鰐-中央弘前)のうち、津軽大沢-中央弘前間でおよそ2カ月ぶりに運転を再開した。同社は、大鰐線の全線再開時期を「12月上旬」としている。同日朝の中央弘前駅は、列車を利用する高校生らで混み合った。大鰐方面行きの始発列車に乗り込んだ弘前学院聖愛高、小山美駕(みのり)さん(3年)は「運休中は学校まで自転車で40分かけて通っていた。再開してくれて助かる」と笑顔を見せた。
カテゴリー:

弘南鉄道大鰐線 20日始発から一部再開 - 11月17日(金)10:10 

弘南鉄道(本社青森県平川市)は17日、全線運休していた大鰐線(大鰐―中央弘前)のうち津軽大沢―中央弘前間の運行を20日の始発から再開すると発表した。
カテゴリー:

防雪柵に衝突、軽乗用車の男性死亡/黒石 - 11月28日(火)10:15 

27日午後9時すぎ、黒石市境松村井の市道で、軽乗用車が道路脇の防雪柵に衝突しているのを通行人が発見、消防に通報した。この事故で、運転席に乗っていた弘前市取上3丁目、農作業員荒城豪さん(44)が黒石市内の病院に運ばれたが、同日午後10時38分、頭部外傷で死亡が確認された。黒石署などによると、現場は弘南鉄道境松駅北方約600メートルの片側1車線のカーブ。発見当時、路面は乾燥していた。 
カテゴリー:

2カ月ぶり、一部運転再開/弘南鉄道大鰐線 - 11月20日(月)20:24 

弘南鉄道(本社青森県平川市)は20日、レール補修などのために運休していた大鰐線(大鰐-中央弘前)のうち、津軽大沢-中央弘前間でおよそ2カ月ぶりに運転を再開した。同社は大鰐線の全線再開時期を「12月上旬」としている。同日朝の中央弘前駅は、列車を利用する高校生らで混み合った。大鰐方面行きの始発列車に乗り込んだ小山美駕(みのり)さん(弘前学院聖愛高3年)は「運休中は学校まで40分かけて自転車で通っていた。再開してくれて助かる」と笑顔を見せつつ、度々の運休に「事故なく走るのか不安はある」と吐露した。千…
カテゴリー:

弘南鉄道大鰐線、20日一部区間再開 - 11月18日(土)09:00 

弘南鉄道(本社青森県平川市)は17日、レール補修などのため9月25日から運休中の大鰐線(大鰐-中央弘前)の津軽大沢-中央弘前間で20日始発から運転を再開すると発表した。大鰐-津軽大沢間は代行バス運転を続け、12月上旬の全線再開を目指す。同社によると、鉄道の運行本数は運休前と変わらず上下各17本。代行バスは津軽大沢駅発1本、大鰐駅発は2本増え各12本となる。バスの乗り入れなどを考慮し、朝の運行時間を変更、また、バス運行がない時間を設けた。再開区間は10月下旬からレール交換の準備を始め、今月11日…
カテゴリー:

こんなの見てる