「弁護士ドットコム」とは?

関連ニュース

ドコモが女性上司の「ゲイバー」セクハラを隠蔽。新料金プラン以上の衝撃 - 12月04日(金)12:24 

NTTドコモの社員だった男性(36)が、上司に連れて行かれたゲイバーでセクハラ被害を受けたなどとして、同社と上司2人を相手取り、約460万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと時事通信などが報じている。ドコモは3日、20ギガバイトで月額2980円という他社を圧倒する格安料金プランを発表。思い切った戦略でドコモの評価が上がっていただけに、冷や水を浴びせるようなニュースが明らかになってしまった。 「ゲイバー」で男性社員がセクハラ被害 記事によると、元社員の男性は女性上司に東京都内のゲイバーに連れて行かれた際、店員に顔をなめられたり、下半身を触られたりしたが、上司は全く止めることもなく爆笑していたという。 男性が店側に抗議すると、「ドコモの飲み会はいつもこうだから、ごめんなさい」と言われたといい、他の社員も同様の被害を受けていた可能性が高い。 【関連】OB訪問アプリ悪用、就活女子大生のカラダを狙う「リクルート脳」の歪んだ欲望 また、別の男性上司からもパワハラを受けたとして、社内のコンプライアンス窓口に申告したが、男性は別の部署へ異動となった。これらが原因となり、精神的ダメージを受けた男性は2019年4月から休職し6月に退職した。 男性から訴えを起こされたことに対し、NTTドコモは「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。 せっかくの「新料金プラン」も台無し 会社の上司...more
カテゴリー:

ドコモ社員のセクハラがエッチすぎると話題に - 12月04日(金)07:11  livejupiter

https://news.livedoor.com/article/detail/19321746/ NTTドコモに勤務していた30代男性が12月3日、上司からセクハラとパワハラを受けたとして、同社と上司らに慰謝料など約463万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。 男性が被害を会社に申告したところ、逆に男性のありもしない事実を「コンプライアンス違反」と認定され、さらに全く畑違いの部署に異動させられたと主張している。 訴えを起こした渡邉哲也さん(36)は「モラルのないハラスメント行為を何年もおこない、専門性をある人間を搾取して上司の立場を利用し不当な利...
»続きを読む
カテゴリー:

ドコモの社員がセクハラ提訴 「下着の中に手を入れられ、触られ続けた」「上司は笑うだけだった」 - 12月04日(金)00:01  poverty

https://news.livedoor.com/article/detail/19321746/ NTTドコモに勤務していた30代男性が12月3日、上司からセクハラとパワハラを受けたとして、同社と上司らに慰謝料など約463万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。 男性が被害を会社に申告したところ、逆に男性のありもしない事実を「コンプライアンス違反」と認定され、さらに全く畑違いの部署に異動させられたと主張している。 訴えを起こした渡邉哲也さん(36)は「モラルのないハラスメント行為を何年もおこない、専門性をある人間を搾取して上司の立場を利用し不当な...
»続きを読む
カテゴリー:

契約業務プロセスをデジタル化する新サービスをキヤノンMJが発表 - 12月03日(木)15:54 

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)と弁護士ドットコムは12月3日、電子契約サービス領域で業務提携すると発表した。
カテゴリー:

バスが遅れて客が謝罪要求「遅れていて謝罪はないのか!!!!」どうして日本人は到着時間に異常に厳しいの? - 12月01日(火)19:44  poverty

「なんでこんなに遅れるの」バス運転手にしつこく謝罪要求…「カスハラ」の法的問題は 最近、客が店員に対して理不尽な要求や暴行をおこなう「カスハラ(カスタマーハラスメント)」が社会問題になっています。 10月18日の報道によると、厚生労働省は来年度、企業向けの対応マニュアルを策定する方針を決定。国も対策に乗り出しました。 過去には、コンビニ店員に土下座を強要したクレーマーが逮捕されていますが、 弁護士ドットコムにも「謝罪強要」されたバス運転手の男性から相談がありました。 ●「謝るのが普通やろ」謝罪を要...
»続きを読む
カテゴリー:

キヤノンMJと弁護士ドットコム、契約業務プロセスのデジタル化支援サービスを提供 - 12月04日(金)08:00 

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ) と弁護士ドットコムは12月3日、電子契約サービス領域での業務提携を発表。キヤノンMJは、契約内容の検討から承認ワークフロー、契約締結手続き、契約書の保管、閲覧・検索まで、契約業務プロセスをデジタル化する「契約業務支援サービス」の提供を、12月10日から開始する。
カテゴリー:

ドコモでホモセクハラ 、ゲイバーに連れて行かれ上司に手コキされる「ドコモの飲み会はいつもこうだから」 - 12月04日(金)06:57  poverty

https://news.livedoor.com/article/detail/19321746/ NTTドコモに勤務していた30代男性が12月3日、上司からセクハラとパワハラを受けたとして、同社と上司らに慰謝料など約463万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。 男性が被害を会社に申告したところ、逆に男性のありもしない事実を「コンプライアンス違反」と認定され、さらに全く畑違いの部署に異動させられたと主張している。 訴えを起こした渡邉哲也さん(36)は「モラルのないハラスメント行為を何年もおこない、専門性をある人間を搾取して上司の立場を利用し不当な...
»続きを読む
カテゴリー:

キヤノンMJ、取引先との契約をデジタル化する「契約業務支援サービス」を提供 | IT Leaders - 12月03日(木)17:54 

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は2020年12月3日、契約業務のプロセスを電子化するサービス「契約業務支援サービス」を発表した。クラウド型の電子契約システム「クラウドサイン」(弁護士ドットコムが運営)を中核に、契約内容の検討、承認ワークフロー、契約書の保管・閲覧・検索といったソフトウェア要素を組み合わせて提供する。ソフトウェアやクラウドサービスのライセンス提供だけでなく、初期設定などのサービスも合わせて提供する。要望に応じて、ユーザーに代わって契約に関わるアプリケーションも構築する。2020年12月10日から提供する。価格(税別)は、クラウドサービス版が年額100万円から、オンプレミス版が1000万円から。
カテゴリー:

契約の準備・締結・管理を電子化するサービス、キヤノンMJが提供 - 12月03日(木)13:30 

キヤノンマーケティングジャパンは、弁護士ドットコムと提携し、契約の準備・締結・管理の各工程を電子化するサービスを開始する。
カテゴリー:

♀「W不倫であたしが相手の子を妊娠したら旦那に捨てられたの!訴えてやる!」 - 11月30日(月)10:34  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201130-00012076-bengocom-life ダブル不倫をした末に、相手の子を妊娠してしまった――。 「自分も悪く、妊娠したことも相手のせいだけではないと分かっています」という女性からの相談が弁護士ドットコムに寄せられました。 女性は「あまりにも相手の不誠実な態度に腹が立ちます」と言います。 【写真】縁切り神社のヤバすぎる絵馬 妊娠は「ケンカをしてちょうど別れるところで発覚した」といいます。しかし、妊娠を伝えた相手の反応は、「お元気で、達者でな」の一言。その後、音信不通...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「弁護士ドットコム」の画像

もっと見る

「弁護士ドットコム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる