「廃炉作業」とは?

関連ニュース

福島第2の廃炉計画審査開始 - 07月03日(金)11:30 

原子力規制委員会は2日、東京電力福島第2原発1〜4号機(福島県楢葉町、富岡町)の廃炉作業の工程を示す「廃止措置計画」の審査を始めた。 東電は44年の全工程を4段階に分け、それぞれの期間で実施する作業内
カテゴリー:

超高線量の計測成功、福島廃炉に活用へ 東北大など - 06月30日(火)06:05 

東北大未来科学技術共同研究センターの黒沢俊介准教授(放射線物理学)らの研究グループが、これまで測定が困難だった非常に高いレベルの放射線量を計測できる機器の実証に成功した。東京電力福島第1原発の廃炉作業
カテゴリー:

文科省、もんじゅ敷地内に低・中出力炉などを検討 2020年度中に概念設計 - 06月24日(水)19:25 

 廃炉作業が進む高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の敷地内に建設予定の試験研究炉の検討状況について、文部科学省の清浦隆原子力課長が24日、敦賀市議会全員協議会に出席し、敷地の制約などから建設可能な炉型は、熱出力の弱い臨界実験装置や低・中出力炉が考えられると説明した。
カテゴリー:

東電、燃料デブリ取り出すロボットアームの概要発表 福島第1原発廃炉に向け - 07月02日(木)19:00 

 経済産業省と東京電力は2日、福島第1原発内の核燃料が溶けて構造物と混じり合った「燃料デブリ」の2号機からの取り出し作業に向け、開発中のロボットアームの概要を発表した。長さ約22メートルで重さは約4・6トンになる。2号機では、廃炉作業で最難関とされる燃料デブリの取り出しが2021年から試験的に始まる
カテゴリー:

【文科省】もんじゅ敷地内に低・中出力炉などを検討 2020年度中に概念設計 - 06月24日(水)19:30  newsplus

6/24(水) 19:25 毎日新聞    廃炉作業が進む高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の敷地内に建設予定の試験研究炉の検討状況について、文部科学省の清浦隆原子力課長が24日、敦賀市議会全員協議会に出席し、敷地の制約などから建設可能な炉型は、熱出力の弱い臨界実験装置や低・中出力炉が考えられると説明した。  説明によると、試験研究炉は、原発とは異なり、原子力分野などの研究開発や人材育成に用いられ、小規模であることから防災対策を講じる重点区域も狭い。しかし、国内の試験研究炉の多くが廃止の方針となり、...
»続きを読む
カテゴリー:

「廃炉作業」の画像

もっと見る

「廃炉作業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる