「広帯域」とは?

関連ニュース

iPhone 11シリーズの「超広帯域」は位置情報へのアクセス許可を個別に設定できない - 12月07日(土)15:25 

iPhone 11シリーズのシステムサービスの中には、位置情報へのアクセス許可を個別に設定するオプションが用意されていないものがあるようだ(KrebsOnSecurityの記事、 9to5Macの記事、 Softpediaの記事、 動画)。 iOSでは位置情報サービスのオン/オフを切り替えるほか、個別のアプリやシステムサービスに位置情報サービスの利用を許可するかどうか設定できる。しかし、KrebsOnSecurityがYouTubeで公開した動画によると、iPhone 11 Proではすべてのアプリとシステムサービスの位置情報サービス利用を不許可にした場合でも、機内モードをオンからオフに切り替えた直後に位置情報サービスの矢印アイコンがステータスバーに表示される。Brian Krebs氏によれば、アイコンはその後も数分おきに繰り返し表示されたという。なお、位置情報サービス自体はオンのままでテストが行われている。 この動作についてKrebsOnSecurityがプライバシーに関連するバグの可能性があるとAppleに報告したところ、セキュリティ面での影響はないとの回答があったそうだ。返信したAppleのエンジニアは、位置情報サービスが有効の場合にアイコンが表示されるのは予期した動作であり、アイコンは位置情報サービスの設定に項目のないシステムサービスのために表示されると説明していた。 ...more
カテゴリー:

「おサイフケータイ」をタッチレスに スマホをかばんに入れたまま決済 ドコモとソニーが実験 - 12月05日(木)17:30 

ドコモとソニーが、「おサイフケータイ」をタッチレス化する実験を行う。スマホをかばんやポケットに入れたまま、レジなどで決済できるようにする。FeliCaと超広帯域無線システム(UWB)、Bluetoothを組み合わせた新技術を使用する。
カテゴリー:

NTT東西、高速・大容量の帯域保証型「高速広帯域アクセスサービス」 - 11月29日(金)08:15 

NTT東日本及びNTT西日本は、新たに10Gbps/100Gbpsの広帯域なネットワークを実現する「高速広帯域アクセスサービス」を、12月2日に提供開始すると発表した
カテゴリー:

NTT東西、10/100ギガ「高速広帯域アクセス」を法人向けに提供 - 11月28日(木)15:31 

NTT東日本と西日本は2019年11月28日、法人向けに、10Gbps/100Gbpsの広帯域なネットワークを実現する「高速広帯域アクセスサービス」同年12月2 ...
カテゴリー:

設定を無効にしてもiPhone 11が位置情報を共有しているように見える理由 - 12月06日(金)21:00 

セキュリティレポーターのBrian Krebs(ブライアン・クレブス)氏は、ユーザーが設定で「位置情報サービス」をオフにしても、最新のiPhone 11 Proがユーザーの位置情報を送信しているように見える理由をApple(アップル)に尋ねた。これは、アップルのプライバシーポリシーと、ユーザーの明確な意思表示に反しているではないかと。 画像クレジット:Getty Images アップルはクレブス氏に対し、それは「所定の動作」であり、セキュリティへの影響はないと返答した。それでは、位置情報を漏洩させるバグではないかという疑念を晴らすことができなかった。 そしてクレブス氏は論理的な結論に達した。「つまりアップルは、iPhoneには位置情報を問い合わせる何らかのシステムレベルのサービスがあって、ユーザー各自がすべてのアプリとiOSのシステムサービスに対して設定をオフにしていても、それは動き続けていると言っているようだ」と書いている。 それは間違っていなかった。クレブス氏の記事が掲載されてから2日後、そしてアップルがこの問題に対するコメントを拒否してから半日以上経ってから、同社はようやく説明した。 クレブス氏が使っているiPhone 11 Proをはじめとして、新しいiPhoneにはUltra Wide Band(ウルトラワイドバンド、超広帯域無線)技術が搭載されている。アップルによれば、...more
カテゴリー:

400Gbps DAC製品販売開始と100Gbps 光トランシーバ製品価格見直しのお知らせ - 12月05日(木)11:00 

この度、ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)の日本法人である株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンでは、データセンターの高速化・広帯域化に対応するため、400Gbps対応をはじめとする各伝送帯域ごとのDAC(Direct Attach Cable)製品を販売開始いたします。また、出荷数量増大に伴い、100Gbps 光トランシーバ製品の3モデルについて、最大40%以上の価格低減を実現いたしました。 【製品の概要】 ■400Gbps/100Gbps/4...
カテゴリー:

NTT東西が「高速広帯域アクセスサービス」を開始、最大100Gbit/秒の帯域保証型で2拠点を接続 | IT Leaders - 11月28日(木)16:40 

NTT東日本とNTT西日本は2019年11月28日、2拠点間を最大100Gbit/秒の広帯域で接続する通信サービス「高速広帯域アクセスサービス」を発表した。同年12月2日から提供を開始する。価格(税別)は、10Gbit/秒×1ポートの最小構成で月額99万円など。
カテゴリー:

A&Dは、「安心してご利用いただける地下鉄」の実現のために、A&D製の工業計測機器をご採用いただいているユーザー様へのインタビュー内容をまとめた情報マガジン『WAY』VOL.22を発行いたしました。 - 11月27日(水)11:00 

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、「安心してご利用いただける地下鉄」の実現のために、A&D製の工業計測機器(動ひずみ測定器)をご採用いただいているユーザー様へのインタビュー内容をまとめた情報マガジン『WAY』VOL.22を発行いたしました。『WAY』は2016年6月に創刊。A&D製品がユーザー様にどのような目的で、どのようにお使いいただき、その結果どのようにお役に立てているかをお知らせする情報マガジンです。【1.『WAY』とは】<World of A&D Yields HONMONO>の頭文字をとった造語です。「HONMONO」は「本物」にこだわるA&Dの経営理念を表しています。『WAY』は、お客様と共に進む明るい未来への「道」、そして現状よりも一歩でも「上」に行くことをイメージして名づけました。A&D製品のユーザー様へのインタビュー内容を手軽にお読みいただけるように、表紙と裏表紙を合わせて4ページにまとめています。【2.『WAY』VOL.22の内容】東京地下鉄株式会社(東京メトロ)様にインタビューしています。東京メトロ様は、さまざまな保守点検を行うなか、A&D製の動ひずみ測定器で車両状態をリアルタイムで監視していらっしゃいます。「電車は曲線通過中に外側のレールで車輪フランジとレールが接触し、レールにせん断応力が発生します。この...more
カテゴリー:

「広帯域」の画像

もっと見る

「広帯域」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる