「広報活動」とは?

関連ニュース

トリプルアイズ社、公式PRキャラクター「Zちゃん」を発表~Project Z始動! - 03月19日(火)18:00 

株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、資本金:3億7千万円[資本準備金を含む])は、本日、公式PRキャラクターの「Zちゃん」を発表しました。今後「Zちゃん」は、様々な活動紹介や情報発信を行って参ります。今後の彼女の活躍にぜひご期待ください。また、トリプルアイズは、Project Zという広報プロジェクトを開始し、より一層、本格的に広報活動を行っていきます。(Project Z公式Twitterアカウント:https://twitter.com/Project_Z_3)キャラクター紹介【名前】Zちゃん(TRIPLEIZEのZを取りました)【特徴】・囲碁AI開発を積極的に行っているトリプルアイズらしく、囲碁をベースとしております・全体的に白と黒を基調としたデザインとなっております・頭の髪留めは碁石がついております・指でZを作っております。弊社ではこれを「Zポーズ」と呼びます【本人コメント】「本日より社長室に配属されました、Zちゃんです。精一杯頑張りますので、何卒宜しくお願い致します。」配信元企業:株式会社トリプルアイズプレスリリース詳細へドリームニューストップへ
カテゴリー:

呆れた読売の無関心。強制不妊救済法案を各紙はどう伝えたか? - 03月18日(月)04:30 

3月14日、与党ワーキングチームと超党派議連により「強制不妊救済法」が合意に達しました。著しい人権侵害に対する救済措置の決定であり、読売を除く新聞各紙は、それぞれ大きく紙幅を割いて報じています。ジャーナリストの内田誠さんは、自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』で、各紙の言説を紹介し、決定した提案内容が「被害の甚大性に向き合っていない」と問題点を指摘。さらに、この重大問題にベタ記事1つという読売の「無関心ぶり」も伝えています。 強制不妊救済法成立を新聞各紙はどう報じたか ラインナップ ◆1面トップの見出しから……。 《朝日》…「強制不妊救済法 成立へ」 《読売》…「海洋プラごみ排出源分析」 《毎日》…「強制不妊 一時金320万円に」 《東京》…「大手休めば中小激務」 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…「強制不妊 真の救済遠く」 《読売》…「脱プラ 日本も本格化」 《毎日》…「『早期救済』心癒えず」 《東京》…「『早期救済』被害者と隔たり」 ハドル 《読売》以外の各紙は「強制不妊救済」で決まりですが、《読売》は「プラスチック」にご執心のようです。法律によって著しい人権侵害が続いていた、その被害者を少しでも救済するためには何をしなければならないのかという大問題なので、「強制不妊」で。少し変則的になるかもしれません。 基本的な報道内容 旧優生保護法下で障害のある人...more
カテゴリー:

「2020年卒 マイナビ大学生広報活動開始前の活動調査」「2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 2月の活動状況」を発表 - 03月13日(水)11:00 

[株式会社マイナビ] [画像1: https://prtimes.jp/i/2955/973/resize/d2955-973-546958-0.jpg ] <1.『2020年卒 マイナビ大学生広報活動開始前の活動調査』概要> インターンシップ以外の就職活動準備を「昨年9月以前」に開始した...
カテゴリー:

もっとドキドキしよう、ニッポン。GROWING教室by スポーツくじ(toto・BIG)スポーツに再チャレンジ!川口能活 熱血!大人のサッカー教室 - 03月11日(月)10:30 

日ごろから、スポーツくじ(toto・BIG)の報道に関し、格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。このたび、独立行政法人日本スポーツ振興センター(以下、JSC)は、スポーツくじの広報活動の一環である「GROWING教室」の第二回目として、「川口能活 熱血!大人のサッカー教室」と題し、働き盛り世代を対象とした大人向けのサッカー教室を開催しました。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/17...
カテゴリー:

「平成30年度東京都広報コンクール」の入選作品が決定 - 03月19日(火)16:39 

東京都では、都内区市町村における広報活動の充実を図るため、「東京都広報コンクール」を開催しています。今年は、合計105点の応募がありました。審査の結果、入選作品を決定しましたのでお知らせします。
カテゴリー:

海底探査競技会の日本チーム、むつ市を表敬 - 03月14日(木)08:35 

海底地形探査の国際競技会に日本から参加した「Team KUROSHIO(チームくろしお)」の中谷武志チームリーダー(37)が13日、チームの資金調達の広報活動に協力した青森県むつ市を訪れ、宮下宗一郎市長らを表敬した。中谷さんは、市の支援に感謝し「われわれの実力をフルに発揮できた。経験を広く伝え、いずれはビジネスとして事業化できれば」と展望を語った。中谷さんは、海洋研究開発機構の技術研究員。チームは同機構や大学、企業で構成し、ロボットを使い詳細な深海の海底地形を無人で探査する技術の開発に取り組ん…
カテゴリー:

Amazonが米国の出店者に価格統一を強いる契約条項を廃止か - 03月13日(水)09:28 

Amazonは、同社の米国内プラットフォームに出店している独立販売者が、同じ製品を他サイトで安く売ることを禁止していた契約条項を解除する計画であることを、ビジネス情報サイトのAxiosが報道した。 Amazonがこの価格統制方針を撤回したのは、リチャード・ブルメンタル上院議員がAmazonのポリシーを反トラスト法に則って調査するよう 司法省に要請したことを受けてのことだ。要請の数日前、民主党大統領候補のエリザベス・ウォーレン上院議員は、Amazon、Google、Facebookの分割を自身の選挙方針の主要課題であると発表した。 最恵国(Most Favored Nation、MFN)条件とも呼ばれるAmazonの価格統制条項は、競争優位性をもたらす一方、その規模ゆえに、消費者にとって公正な競争や価格に影響をおよぼす懸念がある。Amazonは2013年、英国公正取引局およびドイツの連邦カルテル庁の捜査対象になった後EUの出店者に対する価格統一規約を解除した。 ブルメンタル議員は声明で、Amazonの「賢明かつ歓迎すべき決定は、Amazonに虐待的契約条項の削除を余儀なくさせた積極果敢な支援と広報活動があってようやく実現した」。さらに彼は「私は今も、反競争的行為を取り締まるべき規制当局が居眠り運転状態でいることが、米国のイノベーションと消費者に多大な犠牲をもたらしていることを深く懸念...more
カテゴリー:

「広報活動」の画像

もっと見る

「広報活動」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる