「広域化」とは?

関連ニュース

「東与賀農事組合法人」設立へ 8集落営農が連携 - 05月23日(土)10:20 

佐賀市東与賀町の八つの集落営農組織が合併、法人化し、「東与賀農事組合法人」を設立することになった。耕作面積は190ヘクタールで、93人で構成する。平たん部でも農家の高齢化、担い手不足が進行する中、広域化で地域農業の維持や効率化を目指す。 同町内には集落営農組織が10団体ある。今回、新組織に移行するのは、搦、作出・中割、新村、中飯盛、下飯盛、大授三区、北部、南部。中には農家3戸だけの組織もあるなど、いずれも規模が小さく、今後の組織の維持に不安を抱えていた。
カテゴリー:

■大和ハウス工業が複数企業向けのマルチテナント型物流施設「(仮称)DPL鳥栖」を開発 - 05月14日(木)10:00 

2020年5月14日 鳥栖市 大和ハウス工業株式会社 ■大和ハウス工業が複数企業向けのマルチテナント型物流施設「(仮称)DPL鳥栖」を開発 鳥栖市と大和ハウス工業が「進出協定」を締結  鳥栖市(市長:橋本康志)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2020年5月14日、物流施設開発に係る「轟木工業団地への進出に関する協定」ならびに「環境保全協定」を締結しましたのでお知らせいたします。 1.協定の目的  鳥栖市では、企業の立地を促進し、産業の振興と雇用機会の拡大を図り、市勢の発展に寄与することを目的として、進出企業と協定を締結し企業活動をサポートしています。  そしてこのたび、大和ハウス工業における物流施設開発にあたり、鳥栖市と同社は地域経済の活性化と周辺環境への配慮を目的として「轟木工業団地への進出に関する協定」ならびに「環境保全協定」を締結することとしました。 2.締結日  2020年5月14日(木) 3.進出する物流施設について  大和ハウス工業は本協定に基づき、2020年5月15日、轟木工業団地内においてマルチテナント型物流施設(※1)「(仮称)DPL鳥栖」を着工します。 ※1.複数の企業テナント様が入居できる物流施設 (1)交通アクセスに優れた立地  「(仮称)DPL鳥栖」が建設される轟木工業団地は、九州自動車道「鳥栖インターチ...more
カテゴリー:

北陸初のマルチテナント型物流施設「DPL富山射水」着工 - 05月18日(月)14:35 

2020年5月18日 大和ハウス工業株式会社 大阪市北区梅田3‐3‐5 代表取締役社長 芳井敬一 ■危険物を保管できる物流倉庫を併設 北陸初のマルチテナント型物流施設「DPL富山射水」着工  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2020年6月1日、富山県射水市においてマルチテナント型物流施設「DPL富山射水」を着工します。着工に先立ち2020年5月18日、起工式を執り行いました。 ●ポイント 1.北陸初のマルチテナント型物流施設 2.危険物対応物流倉庫を併設 3.交通アクセスに優れた立地 1.北陸初のマルチテナント型物流施設  「DPL富山射水」は、北陸(富山県、石川県、福井県)初のマルチテナント型物流施設です。マルチテナント型物流施設とは、複数の企業さまの入居を想定した汎用倉庫で、テナント企業さまは建設費や維持管理費を抑えて物流事業を展開することができるのが特徴です。  また、自社専用に建設するBTS型物流施設と比べ、事業開始までの期間を短くすることができ、物流ニーズの多様化により、急速に変化する事業環境の中でスピーディに事業を展開することができます。  さらに、本施設では最大5社(常温倉庫:3社、危険物倉庫:2社)のテナント企業さまが入居できます。常温倉庫の荷物搬出入は、45フィート(※1)トラックが最大54台接車可能なトラックバースを設...more
カテゴリー:

縦割りの弊害。大学がPCR検査の協力志願も実現できぬ呆れた理由 - 05月14日(木)05:00 

PCR検査を一手に引き受けざるを得ない状況に置かれている全国の保健所が、圧倒的な人手不足で崩壊寸前にまで追い込まれています。日本の防疫の砦は、なぜこのような状況に置かれるに至ったのでしょうか。今回のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』では、著者で健康社会学者の河合薫さんがその理由を探るとともに、国のスピード感のない対応を強く批判しています。 「まずは保健所へ」という厚労省の怠慢 全国保健所長会の内田勝彦会長らは、オンラインによる記者会見を行い、全保健所を対象に行った緊急アンケートの結果を報告しました(調査期間は3月25日~4月22日)。 調査結果によれば、過労死ラインの月80時間を超える時間外労働が頻発し、土日の半日だけを休む以外はぶっ通しで働き、利用者から「電話がつながらない」「PCR検査が受けられない」などの不満や誹謗・中傷を浴びている過酷な労働状況が明らかになったといいます。 「とにかくマンパワーが決定的に不足している。いまは本当に人がほしい」と内田会長が窮状を訴えたように、とにもかくにも「人」が足りないのです。 人手不足のそもそもの原因は、1994年の行政改革で全国の保健所を徹底的に削減したことにあります。1992年に全国852カ所にあった保健所は、2019年には472カ所と、実に45%も削減(厚生労働白書)。国は運営費助成金を削減して自治体に保健所業務...more
カテゴリー:

「広域化」の画像

もっと見る

「広域化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる