「広告市場」とは?

関連ニュース

NBCU、パリ オリンピック でデジタル視聴者数と広告収入の新記録を目指す戦略を展開 - 07月19日(金)14:50 

NBCユニバーサル(NBCUniversal)は、ことしのパリオリンピック中にオンライン視聴者数でトップの売り上げを目指している。 NBCUはオリンピックが膨大な視聴者を惹きつけるのは理解しているが、従来のテレビの枠を超えて積極的に視聴者数を推進するのは今回が初となる。 これは、縮小しつつある従来のメディアカテゴリーで競争するのではなく、拡大しているデジタル広告市場でさらに大きなシェアを獲得するというNBCUの広範な戦略の一環である。この計画のストレステストとして、オリンピックのような主要なスポーツイベントほど適したものはない。 デジタルプラットフォーム戦略と広告オプションの詳細 米国では、NBCUが公式スポンサーとメディアを販売する単独の権利を管理している。米国のある広告幹部は匿名で、「NBCUは(ソーシャル・ストリーミングプラットフォームの)パートナーらと配信契約を結んでいるが、そのようなパートナーは、自らが(オリンピック公式)コンテンツを売り込むことはできない」と語った。 いまのところ、この計画は順調に進んでいるようである。 2024年のオリンピックにおけるNBCUのデジタル広告収入は、これまでの記録を上回っている。広告販売・パートナーシ...more
カテゴリー:

セプテーニHD---大幅続伸、4-6月期以降の収益反転拡大を想定して国内証券が買い推奨 - 最新株式ニュース - 07月18日(木)13:34 

<4293> セプテーニHD 377 +18大幅続伸。野村證券では投資判断を新規に「バイ」として、目標株価を480円と設定している。1-3月期減益決算を受けて株価は軟調に推移しているものの、データソリューション領域の立ち上がりや電通グループとの相乗効果による提供サービスの拡大から、4-6月期以降増益転換し、中期的に成長するネット広告市場でのシェア上昇による収益拡大を予想しているもよう。29年12月
カテゴリー:

eCPMからCPMへ。ストリーミング 広告市場の測定指標の変遷 - 07月12日(金)14:50 

数学は難しいものだが、「数字」という人類の唯一の共通言語で扱うことによって容易になった。根本的には、ストリーミング広告の測定は数学だ。ただし、現時点でのその数学は、単純な算術というよりは代数だ。 ストリーミングは、従来型TVとデジタルが交差するところにあるため、個々の広告主は従来型TVまたはデジタルの測定手法に比較的慣れているだろう。従来型TVとデジタルのどちらの場合も、望ましい測定指標を導き出すためには、さまざま変数を考慮する必要がある。 そして、ストリーミングはどちらかというと従来型TVのような測定通貨ベースの取引システムに向かっているため、パフォーマンスベースのデジタル志向の広告主は特に、適応手段を見つけ出さなければならない。それが、最近開催された「DIGIDAY Programmatic Marketing Summit(DPMS)」で注目の話題だった。 デジタル広告主の新たな課題 「動画やCTVがいっそう主流になるなかで、ストリーミングはTVのようになりはじめている。測定だけでなく通貨も考え出さなければならない。そして実際、いまいましいことに、今ではそういわれているんだろう」とある参加者は同イベントの非公開タウンホールセッションのひとつで語った。 こうした通貨ベースのシステ...more
カテゴリー:

米国と中国が牽引する 広告 市場は好調を維持。最大の恩恵を受けるのはウォールドガーデンばかり - 07月09日(火)13:50 

不確実性を理由に、広告支出をやめるというようなことは考えるべきではないだろう。地域紛争やしつこいインフレ、高い借入コスト、景気後退に陥る可能性のある市場がいくつかある現状にもかかわらず、これまでのところ、ことしの広告支出は堅調に推移している。 そして、予見可能な将来にわたり引き続き好調は維持されるようにも思える。実際、支出のエキスパートらはこのさらなる上振れを考慮して、予測を修正してもいる。 グループエム(GroupM)は現在、政治広告を除いた世界の広告支出が2024年に7.8%増加し、9898億ドル(約156兆円)になると予想しているが、これは当初の5.3%増という予測から大幅に上昇している。同社の予測では、2025年には初めて1兆ドル(約157兆円)を突破するとされている。続きを読む The post 米国と中国が牽引する 広告 市場は好調を維持。最大の恩恵を受けるのはウォールドガーデンばかり appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

M&Aの急増に備える米広告市場。機を熟したのは インフルエンサー 企業? - 07月02日(火)13:50 

機は熟したのか。ディールメーカーの一部にはそう見る向きがあるようだ。メディア業界のあちこちに合併と買収の新たな波が押し寄せている。 すでにある程度の動きは始まっている。ピュブリシス(Publicis)は3月にスピネカーSCA(Spinnaker SCA)という小さなコンサルティング会社を買収した。また、欧州ではこのほど、メディアプラス(Mediaplus)がターゲットメディア(Target Media)を、メディアアドバイザリー会社のメディアセンス(MediaSense)が英国を拠点とするPwC傘下のコンサルティング会社を買収した。 もっと小さな規模では最近、CGライフ(CG Life)が健康医療分野に特化したデジタルマーケティングエージェンシーのツールハウス(Toolhouse)を買収している。 M&Aの話題はこれだけではない。たとえば、パラマウント(Paramount)はCBSのほか、MTV Nets(MTVネッツ)やショータイム(Showtime)などのケーブルネットワーク、さらに制作ス...more
カテゴリー:

SE H&I---大幅続落、コスト増加により業績予想を下方修正へ - 最新株式ニュース - 07月19日(金)12:33 

<9478> SE H&I 280 -19大幅続落。前日に業績予想の下方修正を発表している。上半期営業利益は従来予想の5.9億円から4.5億円、前年同期比30.9%減に、通期では12億円から10億円、前期比17.7%減にそれぞれ引き下げ。オンライン広告市場の低迷による広告収入減少や制作コスト・販売コストの増加、採用、育成コストの増加などが背景となるようだ。比較的早い段階での通期下方修正にネガティブ
カテゴリー:

2024年上半期を振り返る: プログラマティック広告 市場とメディア業界の動向 - 07月18日(木)10:50 

2024年上半期は平穏とはとてもいえない6カ月となった。 サードパーティCookie廃止の日程はくるくると変わり、プログラマティック広告市場に対するマーケターの不安は募るばかり。AI企業がメディア企業に対する関心を強める […] The post 2024年上半期を振り返る: プログラマティック広告 市場とメディア業界の動向 appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

マーケターは Cookie 廃止に向けて前進どころか後退気味? 「心の準備ができていない」 - 07月11日(木)13:50 

パブリッシャーはオープンなプログラマティック広告市場の現状に関するマーケターの懸念を和らげようとしているが、買い手側にはMFAや詐欺に対する不安だけでなく、彼らの意欲を低下させるもっと深刻な要因があるようだ。 アドビ(Adobe)の調査(2月27日から3月7日にかけて米国やオーストラリア、フランス、ドイツ、インド、日本、英国の2841人のマーケターを対象に実施)によって、サードパーティCookieの廃止に向けた心構えができていると感じているマーケターは数年前より減少しており、マーケティング戦略の半数近く(49%)が依然としてサードパーティCookieに依存していることが明らかになった。4月までは、Googleが今年中にCookieの息の根を止めると見られていたにもかかわらずだ。 「人々は準備万端という感触はない。それどころか2年前より準備不足であると感じている。2年ほどの期間があったはずだと考えれば、やや奇妙な話だ」とアドビのプロダクトマーケティング担当シニアディレクターを務めるライアン・フライシュ氏は話す。 調査結果とは対照的にサードパーティCookie依存は止まらずか 6月下旬にアドビが発表した調査結果によると、サードパーティCookieの廃止に向けて自社ブランドの準備が「ほとんど」または「十分できている」と答えたマーケターの割合は60%で、この調査が初めて実施...more
カテゴリー:

パブリッシャーはカンヌで プログラマティック広告 の可能性をマーケターにアピール - 07月08日(月)10:50 

プログラマティック広告がカンヌライオンズのパーティーの花形になったことはいまだかつてないが、ことしの状況を思い描いてみてほしい。オープンなプログラマティック広告市場における広告予算の縮小、MFA論争の勃発、ドメイン偽装の懸念、GoogleのサードパーティCookie廃止の(再)延期など、リストはまだまだ続く。 メディア企業の幹部たちは、直接の売り込みをもっと促進する必要があることを肝に銘じ、カンヌでそれを実行に移した。彼らは、ビーチでのコンサートで偶然出会った人とロゼワインを飲みながらの談笑を大切にしつつ、2024年後半には広告主との契約が結ばれることに期待している。 しかし、彼らもまた、プログラマティック広告が彼らのビジネスの多くにとって有意義な収益源であり続けていることを認めている。そして、パブリッシャーの報告によると、メディア予算がオープンなマーケットプレイスから離れ、プログラマティック・ギャランティード取引やPMPへと内々に徐々にシフトしているなかで、マーケターとともに前述した懸念に対処することは、ことしクロワゼットで行われたクリエイティブな会話と同じくらい重要だったという。続きを読む The post パブリッシャーはカンヌで プログラマティック広告 の可能性をマーケターにアピール appeared ...more
カテゴリー:

こんなの見てる