「年頭会見」とは?

関連ニュース

大ブレの経団連。小泉元首相との公開討論から逃げ回る理由 - 03月08日(金)04:45 

原発を巡る発言のブレが注目された経団連の中西宏明会長ですが、「ブレ」を見せているのは会長だけではないようです。元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、中西会長が示した原発に関する議論の必要性に応じる形で「一般公開の討論」を求めた小泉元首相が率いる団体に対し、その開催を渋る経団連の久保田政一事務総長の反応を紹介するとともに、経団連がこのような状況に陥っている理由を詳述しています。 経団連がガチンコ公開討論を渋る理由 原子力発電所をめぐる中西宏明経団連会長の発言が今年1月1日と同15日で真反対の方向にぶれたのは、当メルマガ1月24日号「経団連会長の原発『大ブレ発言』で判った廃炉ビジネス時代の到来」で取り上げた通りである。 全員が反対するものをエネルギー業者やベンダーが無理やりつくるということは、民主国家ではない。(年頭会見) 原発の再稼働を積極的に推進するべきだ。原子力技術を人類のために有効に使うべきだ。(1月15日定例会見) だが、どちらの発言にも共通していたのは、開かれた議論、討論の呼びかけだった。 どうするか真剣に一般公開の討論をするべきだと思う。(年頭会見) 説得は電力会社だけでできるものではなく、広く議論することが必要だ。(1月15日定例会見) どうするかの討論と、説得のための議論。目的の違いがはあるようだが、意見を戦わせるとい...more
カテゴリー:

「年頭会見」の画像

もっと見る

「年頭会見」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる