「年開催」とは?

関連ニュース

寮生をバーベキューで激励 - 10月13日(日)20:00 

刑務所を出所した人や保護観察を受けている人が、共同生活しながら社会復帰を目指す「佐賀県恒産会」(佐賀市長瀬町、古賀常次郎理事長)で13日、寮生の激励会があった。寮生11人は、地元住民と交流しながら、バーベキューを楽しんだ。 寮生に英気を養ってもらおうと毎年開催しており、37回目になる。寮生は地域貢献の一環として、早朝から近くの河川清掃に取り組んだ。
カテゴリー:

「ハロウィンパレード in 西院 2019」の実施と「嵐電・ハロウィン電車」の運行について - 10月11日(金)15:00 

京都外国語大学(京都市右京区)の「Halloween in 西院 実行委員会」は、10月27日(日)に、仮装をして四条通り(京都外国語大学から西院小学校まで)を練り歩く、「ハロウィンパレード in 西院2019」を実施します。本イベントは四条通周辺の地域住民や商店、学生とのつながりを強めることを目的に、2015年から毎年開催されています。また、京都市と(公財)大学コンソーシアム京都が、大学・学生と地域が協力して京都のまちづく...
カテゴリー:

北陸初開催!全国400人による8,000点以上の手づくり作品が集結!「金沢ハンドメイドマルシェ」11月16日(土)17日(日)に開催! - 10月11日(金)11:00 

金沢ハンドメイドマルシェ実行委員会(東京都港区/代表:堤田和久)は、全国のものづくり市民が自ら制作したハンドメイド作品を展示・販売するイベント「金沢ハンドメイドマルシェ」を石川県産業展示館(石川県金沢市袋畠町南193番地)で11月16日(土)・17日(日)に開催します。なお、「金沢ハンドメイドマルシェ」は2013年から神奈川県横浜市で毎年開催している「ヨコハマハンドメイドマルシェ」の姉妹イベントとして、北陸地方にお...
カテゴリー:

光のアーティスト髙橋匡太とつくる参加型ライトアップ「箱根ナイトミュージアム」。3年目の今年はエリアを拡大して話題のステンドグラスの塔もライトアップ! 11月29日より1月5日まで彫刻の森美術館で開催 - 10月11日(金)10:00 

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団(神奈川県箱根町、館長:森英恵)が運営する彫刻の森美術館で、クリスマスへのカウントダウンが始まる季節から新しい年にかけて、屋外展示場と野外彫刻を活かした髙橋匡太によるライトアップ「箱根ナイトミュージアム」を今年も開催します。髙橋匡太(1970 年京都生まれ、京都在住)は、照明や映像を巧みに操って光の可能性に挑んでいるアーティストです。 越後妻有(新潟) で 2011 年から毎年開催されている雪アートプロジェクト《Gift for Frozen Village》、参加型のライトアッ プ《ひかりの実》などから、十和田市現代美術館 (2008 年・青森)や越後妻有文化ホール・十日町市中央公民館「段十ろう」(2017年・新潟)などの常設作品まで、 幅広く活躍しています。3年目となる今回は緑陰広場までライトアップのエリアを拡大、光に包まれたステンドグラスの塔《幸せをよぶシンフォニー彫刻》には山中透による音楽も加わり必見です! あわせて今年の夏にリニューアルオープンしたピカソ館も18時まで鑑賞できます。出会う彫刻や風景のライトアップの色に呼応して変化する提灯の光の美しさや、一人ひとりが参加することによって生まれる夜景を体感できるイベントです。【イベント名】  箱根ナイトミュージアム【ライトアップ期間】  2019 年11 月29 日(金)~2020 年1 月5 ...more
カテゴリー:

バス運転手不足の解消へ!【バス】の運転手を増やす就職イベントを10月26日開催! - 10月10日(木)20:03 

2019/10/9 リッツMC株式会社 バス運転手専門の就職イベント『どらなびEXPO2019秋/東京』2019年10月26日(土) 来る10月26日(土)、新宿のエルタワーにて、 バス運転手専門の就職イベント『どらなびEXPO2019秋/東京』を開催致します。 (主催:リッツMC株式会社、後援:日本バス協会、東京バス協会) 出展はバス事業者、来場はバス運転手志望者のみで、 過去に東京・大阪・名古屋で20回開催、総来場者数は4,000名を突破しました。 今回も、全国から積極採用中の優良バス事業者が、60社以上参画します。 <なぜバス運転手が必要なのか?> バス運転手が不足している主な原因として、 ●バス運転手の高齢化=若年層のなり手減少 ●性の偏り=女性運転手が少ない ことが挙げられます。 また、来年開催の大規模スポーツ大会において、 人々の送迎・輸送等に約2,000両の貸切バスが必要と言われています。 深夜・早朝の競技時間に合わせた人々の輸送手段が不安視される中、 バスは最重要手段であると注目されています。 さらに、全国で高齢者ドライバーによる交通事故が多発しており、 免許の自主返納が叫ばれますが、交通の足が必要な地域では なかなか返納が進まないのが現状です。 「自家用車の無い生活」の実現のために必要とされるのは、 インフラとしての路線バス、コミュニティバスです...more
カテゴリー:

「空飛ぶクルマ」がまもなく登場? - 10月12日(土)06:00 

空飛ぶクルマの開発をおこなうベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」は、2019年9月27日、無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業省より事業許可を取得した。大手企業を除くベンチャー企業がこうした「航空機製造事業」の許可を受けるのは国内初のことだ。同社が開発中の「空飛ぶクルマ」は、長距離かつ高速移動を実現するために、翼は「ティルトウイング」、動力は「エンジン機」を採用。最大800kmの距離を、最速で移動できる機体開発を目標としており、東京~大阪間の移動手段としてはもちろん、従来の交通手段では困難な離島や山間地域への交通インフラとしての確立も目指している。下の図は直径800kmの距離を日本地図上に描いたもので、この次世代型「空飛ぶクルマ」の飛行能力を表している。現在は検証のための「無人飛行のテスト機」を開発中だが、2025年開催予定の大阪万博において、「有人飛行可能な垂直離陸機(VTOL)」の出展も目指して開発が進められているという。「空飛ぶクルマ」──。以前よりイメージしていたもの(現在の自動車型のまま空を飛ぶ乗り物)とは少し違ったが、成功すれば従来の移動手段と比べ、高速で、かつ自家用車のように自由度の高い移動手段となる。完成がじつに楽しみである。Top image: © 2019 スカイリンクテクノロジーズ株式会社
カテゴリー:

Yspace(ワイスペース)宇宙天気のアウトリーチを目指したVR作品を茨城大学の研究室の協力で開発 地球天気予報から宇宙天気予報の時代へ - 10月11日(金)11:00 

合同会社Yspace(ワイスペース、本社:東京都世田谷区、開発拠点:茨城県つくば市)は、茨城大学の野澤恵研究室の協力により、教育用宇宙VRを開発しました。今回開発した「宇宙天気VR」は、太陽フレア(太陽の表面で生じる爆発現象のこと)が人工衛星等に与える影響を体験学習できるスマートフォン用のVRコンテンツてす。太陽フレアによって宇宙空間に放たれた有害なプラズマ粒子を、スマートフォンを傾けることで避ける内容です。作品は、太陽物理学を専門にする茨城大学大学院理工学研究科の野澤准教授の研究室の協力によって開発されたものです。昨年開催のいばらき宇宙ビジネスサミット2018をきっかけに、野澤研究室の助言を得ながら開発を進めてきました。作品はすでに、六本木ヒルズで開催されたイベント「宇宙を感じる 1day カレッジ」で公開され、2019年度内を目標にスマートフォンアプリとして配信される予定です。
カテゴリー:

Yspace(ワイスペース)宇宙天気のアウトリーチを目指したVR作品を茨城大学の研究室の協力で開発 地球天気予報から宇宙天気予報の時代へ - 10月11日(金)11:00 

合同会社Yspace(ワイスペース、本社:東京都世田谷区、開発拠点:茨城県つくば市)は、茨城大学の野澤恵研究室の協力により、教育用宇宙VRを開発しました。今回開発した「宇宙天気VR」は、太陽フレア(太陽の表面で生じる爆発現象のこと)が人工衛星等に与える影響を体験学習できるスマートフォン用のVRコンテンツです。太陽フレアによって宇宙空間に放たれた有害なプラズマ粒子を、スマートフォンを傾けることで避ける内容です。作品は、太陽物理学を専門にする茨城大学大学院理工学研究科の野澤准教授の研究室の協力によって開発されたものです。昨年開催のいばらき宇宙ビジネスサミット2018をきっかけに、野澤研究室の助言を得ながら開発を進めてきました。作品はすでに、六本木ヒルズで開催されたイベント「宇宙を感じる 1day カレッジ」で公開され、2019年度内を目標にスマートフォンアプリとして配信される予定です。
カテゴリー:

S・ラモス、東京五輪参加を希望か…EURO2020とのW出場へ - 10月11日(金)05:56 

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、来年開催される東京オリンピックへの参加を希望している模様だ。スペイン紙『エル・ムンド』が10日に伝えている。  所属するレアル・マドリ
カテゴリー:

メインMCはピーター・バラカン 東京・恵比寿の街型音楽フェスが沖縄に「Peter Barakan's LIVE MAGIC! EXTRA in OKINAWA」開催!【10月22日(火・祝)午後7時・琉球新報ホール】 - 10月10日(木)12:35 

音楽の伝道師・ピーター・バラカンが世界中から優れたミュージシャンを集め、恵比寿ガーデンプレイスにて6年連続開催している街型音楽フェスの出張公演。ラジオ番組「ウィークエンド・サンシャイン」でもおなじみのピーター・バラカンをメインMCに、世界から注目を集めるアーティストの極上のライブをお届けいたします...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「年開催」の画像

もっと見る

「年開催」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる