「年金額」とは?

関連ニュース

年金制度改革関連法が成立 厚生年金加入義務企業「51人以上」に段階的拡大へ - 05月29日(金)17:38 

 パートなど短時間労働者への厚生年金の適用拡大を柱とする年金制度改革関連法が29日、参院本会議で与野党の賛成多数で可決、成立した。将来世代の年金額を底上げするため、加入義務がある企業の規模要件を段階的に拡大し、2024年10月に「51人以上」まで広げていく。
カテゴリー:

年金改革法が成立 パートらへの適用拡大へ - 05月29日(金)12:08 

 パートら短時間労働者への厚生年金の適用拡大を柱とする年金制度改革関連法は29日の参院本会議で、与党や立憲民主党などの賛成多数により可決、成立した。パート労働者らが将来受け取る年金額の底上げを図るとともに、制度の支え手を増やす狙いがある。関連法には高齢者就労を促す政策も盛り込まれており、少子高齢化を反映させた制度変更となる。
カテゴリー:

年金改革法が成立 パートらへの適用拡大へ - 05月29日(金)12:03 

 パートら短時間労働者への厚生年金の適用拡大を柱とする年金制度改革関連法は29日の参院本会議で、与党や立憲民主党などの賛成多数により可決、成立した。パート労働者らが将来受け取る年金額の底上げを図るとともに、制度の支え手を増やす狙いがある。関連法には高齢者就労を促す政策も盛り込まれており、少子高齢化を反映させた制度変更となる。
カテゴリー:

【さあ、どっち?】年金支給開始「60歳vs.65歳」、受取り額逆転は現行法で76歳8ヶ月、2022年改定後は80歳10ヶ月 - 05月21日(木)10:12  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200521-00351132-toyo-bus_all 年金の支給開始年齢は60歳から65歳へ段階的に引き上げられつつあります。 会社員として勤めたことがある人の場合、2021年度以降に60歳を迎える男性(1961年4月2日以降生まれ)は 65歳からでないと老齢年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)は受け取れません。 また女性については、2026年度以降60歳を迎える人(1966年4月2日以降生まれ)が65歳の支給開始となります。 この老齢年金については、本来の支給開始年齢より前倒しで受け取る「繰り上げ受給制度」が...
»続きを読む
カテゴリー:

年金の支給額はいくら? 平均額と計算方法をチェック - 05月12日(火)07:15 

老後資金を準備したいけれど、一体いくら準備すればいいのか疑問に思っている人は少なくないでしょう。その疑問を解決するには、まずは自分の年金額を知ることです。このコラムでは、ねんきん定期便から自分の年金額を簡単に計算する方法をお伝えします。
カテゴリー:

【経済】年金改革法が成立 パートらへの厚生年金の適用拡大へ - 05月29日(金)16:28  newsplus

 パートなど短時間労働者への厚生年金の適用拡大を柱とする年金制度改革関連法が29日、参院本会議で与野党の賛成多数で可決、成立した。将来世代の年金額を底上げするため、加入義務がある企業の規模要件を段階的に拡大し、2024年10月に「51人以上」まで広げていく。  従来、短時間で働く人は従業員501人以上の企業で週20時間以上働くことなどが加入の条件。企業規模要件を22年10月に「101人以上」、24年10月に「51人以上」に拡大する。制度の支え手を増やす狙いで、新たに65万人が厚生年金に加入する見通しだ。  また、高齢者...
»続きを読む
カテゴリー:

年金改革法が成立 パートらへの厚生年金の適用拡大が柱 - 05月29日(金)12:06 

 パートなど短時間労働者への厚生年金の適用拡大を柱とする年金制度改革関連法が29日、参院本会議で与野党の賛成多数で可決、成立した。将来世代の年金額を底上げするため、加入義務がある企業の規模要件を段階的に拡大し、2024年10月に「51人以上」まで広げていく。
カテゴリー:

【週刊ポスト】これは年金75歳支給の布石 厚労省がひた隠す年金改正法案の狙い - 05月26日(火)09:52  newsplus

これは年金75歳支給の布石 厚労省がひた隠す年金改正法案の狙い 5/26(火) 7:00配信 https://news.yahoo.co.jp/articles/b513509b650490f99de9f9ad1fd39ac8150f29af  新型コロナウイルスの感染拡大が日本経済に大きなダメージを与える中、厚生労働省は今年3月に年金制度改正法案を国会に提出し、まともな議論がないまま5月12日には共産党を除く与野党の賛成で衆院を通過、今国会での成立が確実となった。  年金改正法案は具体的には、【1】パートなど短時間労働者の厚生年金の適用拡大、【2】在職老齢年金の支給停止基準の緩和...
»続きを読む
カテゴリー:

【受給開始選択】年金改革法案、衆院を通過 受給開始年齢の選択肢拡大 - 05月12日(火)14:01  newsplus

 公的年金の受け取り開始年齢の選択肢を60~75歳に広げることを盛り込んだ年金制度改革関連法案は12日の衆院本会議で、与党や立憲民主党などの賛成多数により可決され、衆院を通過した。高齢者の就労を後押しする狙いがある。法案は参院に送付され、今国会で成立する見通し。  公的年金の受給開始の基本は65歳だが、現在は60~70歳の間で選べる。この上限を75歳に引き上げる。受給開始時期を65歳から1カ月遅らせるごとに月0.7%ずつ増額される。75歳から受け取ると、65歳開始の場合に比べて毎月の年金額が84%増える。 共同通信...
»続きを読む
カテゴリー:

学生時代に免除されていた年金保険料。追納したほうがお得なの? [首都圏の虎★] - 05月11日(月)18:14  newsplus

国民年金は、20歳になったら、日本国内に住所を有する方は原則、加入が義務付けられています。令和元年度の保険料は、月額1万6410円です。年額にすると20万円程度にもなります。 学生の方も対象となりますが、これだけの保険料を支払うことが難しい場合も考えられます。よって、学生の方には、特例として免除制度が設けられています。それが、「学生納付特例制度」です。特例として、申請することで在学中の国民年金の保険料が猶予されます。 今回は、学生納付特例制度を利用して免除を受けた場合、後で追納したほうがいいのかにつ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「年金額」の画像

もっと見る

「年金額」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる