「年金改革」とは?

関連ニュース

厚生年金適用企業拡大 まず「100人超」で調整か - 11月15日(金)20:48 

 自民、公明両党は15日、年金改革の具体案のとりまとめに向けた議論を本格化させた。焦点の一つの厚生年金の短時間労働者への適用拡大を巡っては、企業規模要件を緩和するとの政府方針に自民党内で賛否が交錯。一方、公明党では、働いて一定以上の収入がある高齢者の厚生年金を減らす「在職老齢年金」の減額基準の引き上
カテゴリー:

政府「年金75歳まで引き上げる」 - 11月03日(日)15:30  news

年金改革 最大で84%の増額 繰下げ受給上限75歳へ 厚生労働省は、次期年金制度改革で、繰下げ受給の上限年齢を現行70歳から75歳に引き上げる方針である。 就労の多様化を年金制度に反映して、長期化する高齢期の経済基盤を充実させる狙いである。 https://www.rodo.co.jp/news/81682/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

厚生年金の適用拡大、企業規模「50人」「100人」軸に検討 - 11月02日(土)07:30 

 年金改革の焦点となっている厚生年金の短時間労働者への適用拡大を巡り、政府・与党は、加入を義務化する企業規模要件を現在の「従業員501人以上」から、「50人超」と「100人超」に引き下げる案を軸に検討に入る。中小企業の保険料負担が増すなどの課題があるため、政府側は引き下げた場合の対象人数などを複数案
カテゴリー:

厚生年金 企業規模要件の引き下げで、「50人超」を検討 - 11月12日(火)22:38 

 年金改革の焦点となっている厚生年金の短時間労働者への適用拡大を巡り、政府は現在「従業員501人以上」とする企業規模要件の引き下げを「50人超」にする方向で検討に入った。新たに65万人が適用対象となり、労使折半の保険料納付で事業主は年1590億円の負担が増えると推計。近く与党にこうした試算を示す。た
カテゴリー:

厚労省、年金最大84%増額へ 受給開始75歳で - 11月03日(日)14:40  poverty

年金改革 最大で84%の増額 繰下げ受給上限75歳へ 厚生労働省は、次期年金制度改革で、繰下げ受給の上限年齢を現行70歳から75歳に引き上げる方針である。 就労の多様化を年金制度に反映して、長期化する高齢期の経済基盤を充実させる狙いである。 https://www.rodo.co.jp/news/81682/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

年金改革 最大で84%の増額 繰下げ受給上限75歳へ 厚労省 - 11月01日(金)05:11 

 厚生労働省は、次期年金制度改革で、繰下げ受給の上限年齢を現行70歳から75歳に引き上げる方針である。就労の多様化を年金制度に反映して、長期化する高齢期の経済基盤を充実させる狙いである。  現行の公的年金受給開始年齢は、……[続きを読む]
カテゴリー:

「年金改革」の画像

もっと見る

「年金改革」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる