「年金支給」とは?

関連ニュース

7月以降、順次変更。優しくなった障害年金更新の診断書提出期限 - 07月17日(水)20:40 

障害年金の支給が決定した場合、その後は1年から5年の間隔で提出する診断書の内容により年金額の決定等が行われるルールとなっていますが、診断書作成期間がこれまで1ヶ月しかなく、受給者泣かせの一面もありました。そんな手続きのルールが今年変更されたとのことで、無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』の著者・hirokiさんが今回、詳しく解説してくださっています。 障害年金の更新の診断書提出期限は今年8月生まれの人からは従来より緩やかになっている 障害年金というのは一度支給決定後は、その後は1~5年間隔で有期に診断書を提出してもらう必要があります(傷病がもう治る見込みがない人は永久に支給される人もいる。永久認定という)。障害年金支給開始後に、この一定の期間ごとに出してもらう診断書を「更新の診断書」といいます。この診断書は1~5年後の誕生月の前月ごろに届き、誕生月の末日までの提出が必要です。例えば2月生まれの人なら、1月末から2月初旬にかけて診断書が届き、2月末までに提出してもらうという流れ。 診断書が届いてから提出期限は誕生月の1ヶ月しかないから診断書を作成してもらうとか、病院への通院予約を取る面では診察や医師による診断書作成を急ぐ必要がありました。お医者さんは激務だから早め早めに診断書作成を依頼する必要がある(記載ミスとか、もしくは患者さんの状態が正しく反映されてな...more
カテゴリー:

中澤さん(68)「老後が心配なら何故フィリピンに移住しないのですか?私は家賃2万、若い妻もいます」 - 07月16日(火)08:28  poverty

「年金は毎月18万円もらっています。家賃も含めて生活費は10万円以内で暮らしていますが、十分幸せです。 物価の安いフィリピンにいれば何も困りません。 それに私には若い奧さんもいますから、ハハハハハ」 スマホのスクリーンの向こうで、2日後に古希を迎える中澤久樹(69歳)さんが、豪快に笑った。 少し日に焼けた、健康的な肌に黄色いTシャツ、短パンというラフな格好で、「長袖や長ズボンは買わないから服にお金は使いません」とまた笑う。 常夏の国、フィリピンの平均気温は27度だから、1年中、Tシャツと短パンでも平気だ...
»続きを読む
カテゴリー:

結局、年金はもらえるの? 「100年安心」って本当? - 07月15日(月)10:00 

23歳の新人バーチャルアナウンサー「相内ユウカ」が、経済報道番組「ワールドビジネスサテライト」(毎週月~金曜 夜11時)放送後にキャスターを捕まえ、「重大ニュース」や「わかりにくかったニュース」について、ゆる~く質問攻めを繰り広げる、YouTubeオリジナルコンテンツ『相内ユウカにわからせたい!』。(右:滝田洋一キャスター)7月10日(火)は、「年金が『100年安心』って、本当なの?」をテーマに、滝田洋一キャスターが相内ユウカに解説した。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が発表した運用実績が3年連続黒字だったことなど、何かと話題の年金制度。政府が「100年安心」と掲げる一方で「本当に将来大丈夫なのか」と不安な声も出ている。年金はいくらもらえるの?ユウカ:結局さ、年金っていくらもらえるの?滝田:「基礎年金」はざっくり、ひと月あたり6万5000円もらえます。サラリーマンの場合は、これに会社勤めの際に積み立てた「厚生年金」が足されます。人に応じで年金の額は違うわけです。ユウカ:基礎年金に厚生年金が上乗せされたら、だいたいいくらなのかな?滝田:それぞれだけど、月に20~30万円もらっているというケースもある。基礎年金は誰でももらえる仕組みですが、そのためには現役で働いているとき、毎月保険料を納めておく必要があります。「100年安心」はホント? 支える仕組みユウカ:年金は「100年安...more
カテゴリー:

【共産党】安倍政治に「サヨナラ」消費増税は無謀 希望と安心の日本を - 07月13日(土)11:29  seijinewsplus

安倍政治にサヨナラして、明日への希望が持てる政治に  安倍政治は、あらゆる面で行き詰まり、政治への不信と将来への不安が広がっている。年金が「2000万円不足する」という金融庁の報告書が不安を広げ、都合の悪い報告書は「なかったことにする」という安倍政権の姿勢に怒りが高まっている。消費税の10%増税に、暮らしと景気悪化への批判と不安が広がり、憲法9条の改定も、安倍政権下での憲法改定に反対が多数になるなど、安倍首相の思惑通りに進んでいない。原発にしがみつく政治は、原発輸出がすべて失敗した上に、原発コスト高...
»続きを読む
カテゴリー:

<参院選さが2019>候補者へ・兵庫校区社協会長 栁川清さん(73) - 07月07日(日)10:15 

61歳で会社を辞めて以来、ずっと年金生活。子どもたちは独立し、妻の分も含め年金だけの収入で何とか生計を立てている。ただ、冠婚葬祭などの出費があれば、蓄えを切り崩さないといけない。「老後資金2千万円」問題は今ひとつ実感がないが、年金支給額が低い人や、国民年金だけの人を考えると、蓄えは2千万円だけで済まないのでは。 消費税の税率を8%に据え置き、景気対策をしっかりして、高齢者への仕事の供給が必要。今の年金支給の根本となっているマクロ経済スライドを見直し、安心した老後を送れる制度を示してほしい。
カテゴリー:

韓国の言いがかり。EUも隣国をホワイト国に指定せずという事実 - 07月17日(水)05:00 

15日には文在寅大統領が「日本経済に大きな被害が及ぶ」と発言するなど、日本による半導体材料輸出規制に韓国側がますます反発を強めています。出口の見えない日韓関係ですが、この先どのような道を辿ることになるのでしょうか。メルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、「日本も機会損失を被る可能性がある」とするものの、より大きな被害を受けるのは韓国と断言しています。 ドイツ銀行の混乱警戒 米FRBが7月末利下げはパウエル議長の議会証言で確定した。しかし、NY連銀ウィリアムズ総裁の発言、特に「貿易や世界的な経済成長に関し不確実性がある」が気になる。検討しよう。 日米株価 NYダウは、2018年10月3日26,951ドルで、12月26日21,712ドルと暴落したが、7月末利下げ確定で7月12日27,332ドルと過去最高値を更新した。 日経平均株価も、同様に2018年10月2日24,448円になり、12月26日18,948円と暴落し、米利下げ確定ではあるが107円台と円高、安川電機の決算は60%減益で、7月12日は21,685円になり、米国株に比べて大きく見劣りがするレベルに留まっている。 日本の株価が低いのは、7月末の米国利下げで円高や10月消費税増税や、中国への輸出が陰り機械類、電子部品などの企業業績が減益による。この上に韓国との貿易摩擦が出てくるので、市場は警戒と、出遅れで海外投...more
カテゴリー:

【年収426万4000円以上になっていなければ失敗】明石順平氏「アベノミクスは国民窮乏化政策」と批判へ - 07月15日(月)12:43  news

「平均的な家計では、年金以外で2000万円の蓄えがなければ、老後の生活費が不足する」という試算を盛り込んだ 、金融庁金融審議会の報告書が波紋を呼んでいる。今月の参議院選挙での争点化を避けるかのように、麻生太郎副総理兼金融担当相は、 この報告書を「政府の政策スタンスと異なる」として受け取りを拒否。森友・加計学園問題や厚労省の毎月勤労統計の不正調査問題など、都合の悪い事実を隠蔽・改竄する政権の体質が、改めて浮き彫りになった。 ベストセラー『アベノミクスによろしく』の著者で、今年2月に賃金統計偽装...
»続きを読む
カテゴリー:

【海外移住】「私には若い奧さんもいますから」フィリピンで年金生活を送る「脱出老人」は幸せか - 07月14日(日)18:51  bizplus

「年金は毎月18万円もらっています。家賃も含めて生活費は10万円以内で暮らしていますが、十分幸せです。物価の安いフィリピンにいれば何も困りません。それに私には若い奧さんもいますから、ハハハハハ」  スマホのスクリーンの向こうで、2日後に古希を迎える中澤久樹(69歳)さんが、豪快に笑った。少し日に焼けた、健康的な肌に黄色いTシャツ、短パンというラフな格好で、「長袖や長ズボンは買わないから服にお金は使いません」とまた笑う。常夏の国、フィリピンの平均気温は27度だから、1年中、Tシャツと短パンでも平気だ。 一...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相ご自慢のGPIF運用益 実際は運用利回り1.52%と年金支給額維持の最低ラインを下回っていた - 07月10日(水)00:47  poverty

GPIF運用益が“悲観ケース”下回る 年金支給はボロボロ濃厚 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/257917 年金が大きな争点になっている参院選。安倍首相がさかんにアピールしているのが、年金積立金の運用益だ。「安倍政権で運用益は44兆円も増えた」 「民主党政権の10倍だ」……。ところが、足元の18年度の運用益は、予想以上の低さなのだ。 参院選公示翌日の5日、年金積立金を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、18年度の運用実績を発表した。 2兆3795億円の黒字で、運用利回...
»続きを読む
カテゴリー:

「75歳以上が4人に1人」という超高齢貧困社会での年金制度とは?基礎年金のベーシックインカム化を考える - 07月05日(金)11:19 

国民年金は保険料だけでは制度的に成立していない6月27日に厚生労働省は、自営業者やフリーターらが入る国民年金の保険料の納付率(2018年)が68.1%だったと発表した。2017年度の66.3%に比べ1.8ポイント上昇したものの、所得が低いなどの理由で保険料を免除・猶予されている人(含む学生)は納付率の計算から除外されており、それを含めた実質的な納付率はなんと40.7%。2017年度の40.3%と大差はない。加えて、免除・猶予者は2017年度の574万人から614万人へと増加している。対象者の4割しか保険料を納付しない制度を持続的制度とは到底よべまい。後述するが、制度として国民年金は納付された保険料だけではまったく制度的に成り立っていない。今後の日本の社会保障制度を考える際、真っ先に考慮すべきは、年金制度の土台を支える若年層の人口が急速に減少する中で、社会保障費受給の多い75歳以上人口が急速に増加する(絶対数でも比率でも)という事実である。事実、75歳以上の後期高齢者の人口は、現在の1700万人台から2020年代前半には2000万人を超え、2055年頃に2400万人台とピークとなる。その後2200万人台で高原状態となる。この間、全人口は現在の1億2600万人から2055年には9700万人へ急減すると推計されており、その後は国民の4人に1人が75歳以上という状態で安定する。2050年に...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「年金支給」の画像

もっと見る

「年金支給」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる