「年金制度」とは?

関連ニュース

年金制度に首相「支え手増え、持続可能性高まった」 参院予算委 - 10月16日(水)12:03 

 安倍晋三首相は16日午前の参院予算委員会で、全世代型社会保障制度の構築に向け「ライフスタイルが多様となる中で、誰もが安心できる社会保障を大胆に構想したい」と述べた。
カテゴリー:

【経済】「日本が財政破綻」するとどうなるのか? - 10月13日(日)18:16  bizplus

財政破綻というのは、いくつかある「テールリスク」の一つにすぎません。 テールリスクとは、発生する確率は低いものの、実際に発生してしまうと、非常に大きな損失をもたらすリスクのことです。財政破綻や金融危機のほか、予測し得ない天変地異や大規模なテロ、暴動なども、テールリスクといえます。 発生する可能性は低いとはいえ、過去にはロシア危機やリーマン・ショックのように、テールリスクが現実のものとなった例はいくつもあります。絶対に起こらないわけではない以上、万一日本が財政破綻したとき、私たちの身にどんなこ...
»続きを読む
カテゴリー:

竹中平蔵「老後に20年間も年金もらってるのは日本人だけですよ。他国では10年程度。シルバーデモクラシー」橋下徹「その通り」 - 10月12日(土)11:47  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif ソースはアベマtvのニュースバー橋下 https://theacademia.com/articles/takenaka-event3 竹中 まず、日本の国民皆年金制度は1961年から実施されましたが、その時の日本人の平均寿命が66歳でした。 2017年の日本人の平均寿命は、男性が81歳で女性が87歳ですから、65歳から年金の給付を開始したら、財政的に持つわけがありません。 たとえば女性が87歳の平均寿命を全うすれば、年金が22年間支給されることになりますが、年金をこんなに長くもらえる国はありません。 ですからマイナンバー制度を...
»続きを読む
カテゴリー:

財政審、社会保障の議論開始 在職老齢年金見直しに慎重論 - 10月09日(水)21:29 

財務省の財政制度等審議会の分科会は9日、令和2年度予算編成に向け、社会保障の議論を始めた。働いて一定以上の収入がある人の年金を減らす在職老齢年金制度の見直しにつ…
カテゴリー:

在職老齢年金の減額縮小へ 月収62万円まで全額支給 厚労省、就労を促進 - 10月07日(月)23:24 

働いて一定以上の収入がある人の年金を減らす「在職老齢年金制度」について、厚生労働省は7日、65歳以上の人が減額対象となる基準を緩和する方針を固めた。現行の月収4…
カテゴリー:

【悲報】日本さん、少子高齢化を放置し過ぎて年金制度が崩壊してしまう - 10月14日(月)16:50  livejupiter

    総人口   高齢化率  高齢者人口 1960年 9430万人 (5.7%)   538万人 2060年 9284万人 (38.1%) 3537万人 生涯未婚率 1950年 男1.5%   女1.4% 2015年 男23.4%  女14.1% 2035年 男29.0%  女19.2% 一人の老人を支える若者の数 1960年代 9.2人 1970年代 8.5人  1980年代 7.4人 1900年代 4.8人 2000年代 3.2人 2010年代 2.4人 2025年  1.5人 2040年代 1.2人 2060年代 1.0人 ...
»続きを読む
カテゴリー:

年金の第3号被保険者の意味や制度 - 結婚したり、離婚したらどうなる? - 10月12日(土)13:26 

わが国では、自営業者や無業者も含め、基本的に20歳以上60歳未満のすべての人が公的年金制度の対象になっていて、これを国民皆年金といいます。もし結婚したり、離婚したりすると年金はどうなるのでしょうか。
カテゴリー:

年金 受給開始を75歳まで広げる案 - 10月11日(金)19:30  news

厚生労働省が、現在は60~70歳の間で選べる公的年金の受給開始年齢を75歳にまで期間を広げる案を 18日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会に示すことが11日分かった。受け取り開始を遅らせると 金額が増える。政府は高齢者の就業を拡大する政策の一環と位置付けており、元気な人には長く働いて 年金制度の支え手になってもらいたい考えだ。  公的年金の受け取り開始年齢は65歳を基本として、60~70歳の間で自由に選択できる。年金額は 受け取り時期によって増減する。65歳より早めた場合、年金額は1...
»続きを読む
カテゴリー:

【知りたい!】左派政党が労働者から支持されなくなった理由とは★3 - 10月08日(火)20:57  newsplus

最新時点(2019年5月)の政党支持率は、(同じく、民主党の現在の後継政党である)立憲民主党、国民民主党、 自由党の3党合計で5.5パーセント、社会民主党0.6パーセントである。 つまり、現在では、日本共産党(支持率3.2パーセント)を含めても、 左派政党への政党支持率は合計で10パーセントにすら届かないのである。 これはおそらく、左派政党のコアな支持層以外の中間層はもはや、誰もこれらの政党に「期待していない」という事態を示している。 第2次安倍政権が誕生した2012年12月以降、左派政党や左派にシンパシーを抱くマ...
»続きを読む
カテゴリー:

【知りたい!】左派政党が労働者から支持されなくなった理由とは★2 - 10月07日(月)22:45  newsplus

最新時点(2019年5月)の政党支持率は、(同じく、民主党の現在の後継政党である)立憲民主党、国民民主党、 自由党の3党合計で5.5パーセント、社会民主党0.6パーセントである。 つまり、現在では、日本共産党(支持率3.2パーセント)を含めても、 左派政党への政党支持率は合計で10パーセントにすら届かないのである。 これはおそらく、左派政党のコアな支持層以外の中間層はもはや、誰もこれらの政党に「期待していない」という事態を示している。 第2次安倍政権が誕生した2012年12月以降、左派政党や左派にシンパシーを抱くマ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「年金制度」の画像

もっと見る

「年金制度」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる