「年証券法」とは?

関連ニュース

MSCIが2029年償還の優先債2億5000万ドルを私募で売り出し - 11月19日(火)20:11 

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界の投資コミュニティーに重要な投資判断支援ツールとサービスを提供する大手企業のMSCI(NYSE:MSCI)は本日、2029年償還の無担保優先債(以下「債券」)総額2億5000万ドルの私募を開始したと発表しました。これは、1933年証券法(改正を含む、以下「証券法」)の登録要件が免除される私募によって行われています。債券は、2019年11月7日に発行された2029年償還の利率4.000%の優先債元本総額5億ドルの追加発行に当たり、同優先債と完全に代替可能であり、同じ順位にあり、単一の発行を構成するものとなります。この私募には、市場およびその他の条件が適用されます。売り出しが成功した場合、MSCIは純受取金を、利用可能な現金と合わせて、2024年償還の利率5.25%の優先債の部分的償還(本売り出しの総発行額と同額)に用いることを意図しています。この優先債は現在、元本総額8億ドルが未償還となっています。債券はMSCIの優先無担保債務となり、MSCIおよびその国内子会社数社により保証されます。 債券は、(i) 証
カテゴリー:

トラストトークンが提唱「ステーブルコインは将来有望」。Facebookリブラ進展にも繋がるのか - 11月19日(火)11:39 

ステーブルコインTUSD(TrueUSD)を発行するTrustToken(トラストトークン)のエンジニアリング責任者Rafael Cosman氏は「ステーブルコインは従来の市場でもユースケースを拡大するだろう」と言及し、将来有望とする考えを示している。 トラストトークンは、トークンを法定通貨や他の資産に裏付けされたステーブルコインを構築するプラットフォーム会社である。イーサリアムベースのdAppによって構築されたプラットフォームは、世界中で資産価値を移動することを可能にする。米ドルと1対1で連動するTUSDは、今年6月のバイナンスとの提携で、顧客は手数料なしで法定通貨に換金も可能となった。同社は他にも、英ポンド、豪ドル、カナダドル、香港ドルを発行している。 Cosman氏は、ステーブルコインはユーザーが気づかないうちにクロスボーダー決済にも利用されるなど活用が広がっているという。デジタル通貨の機関取引ツールプロバイダーTradeBlockの調査では、個人送金アプリVenmoとの比較によるステーブルコインの推移が確認できる。5大「ERC-20トークン」と言われるテザー(USDT)、USDT、Paxos、Dai、TUSDのすべてが、チェーン上のボリュームとトランザクション数と共に増加した。2019年Q2での5銘柄全体のネットワーク料金は、82万7,000ドルで、370億ドル以上の転送が...more
カテゴリー:

「年証券法」の画像

もっと見る

「年証券法」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる