「年次報告書」とは?

関連ニュース

ジンコソーラー、ヴィーナ・エナジー「十和田太陽光発電所」へ高効率Cheetahモジュール18MWを供給 - 02月20日(木)18:00 

2月19日、ジンコソーラーはヴィーナ・エナジー(Vena Energy)が青森県で稼働開始した十和田太陽光発電所に18MWの太陽光パネルを供給したことを発表しました。同発電所は2019年11月に商業運転を開始し、運転開始後の運用と保守はヴィーナ・エナジーの子会社であるNREオペレーションズ株式会社の七戸事業所が担当します。太陽光発電モジュールにはジンコソーラーのCheetahモジュールが採用されました。年間発電量は約20,000MWhに達し、年間3,735世帯相当にクリーンな再生可能エネルギーを供給します。現在、ジンコソーラーの主力製品はCheetah、Swan、Tiger等のシリーズがあり、Cheetahモジュールは業界初の400Wモジュール、Swanモジュールは両面発電タイプ、Tigerモジュールは業界をリードする変換効率です。 2019年までのジンコソーラーの累計出荷量は55GWに達し、140ヶ国以上に出荷しました。 直近の 18ヶ月間で、高効率Cheetahモジュールの累計出荷量は10GWを超えました。ジンコソーラーは2013年から日本市場に進出し、住宅、産業と大型発電所の顧客に日本市場向けの太陽光発電の総合ソリューションを提供しています。本ヴィーナ・エナジー「十和田太陽光発電所」の稼働開始に伴い、ジンコソーラーの日本市場におけるモジュール累計出荷量は3GWを超えました。ジ...more
カテゴリー:

米国産ワイン、5年ぶりの安値に カリフォルニア州のブドウが供給過剰 - 02月17日(月)15:21 

米カリフォルニア州でワイン用ブドウの生産が過剰になり、需要減退と相まって、ワインの値段は5年ぶりの安さになる見通しだ。安値は最大で3年続くという予想もある。 ワイン業界の動向に関する年次報告書をまとめたロブ・マクミラン氏は米国のワインについて、「過去20年で最も買い得になる」と予想した。 カリフォルニア州北部では2016年、広大な面積の畑に新しいブドウの木が植樹され、収穫の手段も効率化が進んで...
カテゴリー:

世界の軍事費4%増、過去10年で最高の伸び率 中米が軍拡競争 - 02月15日(土)19:00 

 英国の有力シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は14日、世界の軍事情勢を分析した年次報告書「ミリタリー・バランス」の2020年版を発表した。19年の世界の軍事費は前年比約4%増の1兆7300億ドル(約190兆円)となった。過去10年で最高の伸び率としている。米国と中国が全体を押し上げた。
カテゴリー:

世界の軍事費4%増 米中が押し上げ 伸び率過去10年で最高 - 02月15日(土)11:21 

 英国の有力シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は14日、世界の軍事情勢を分析した年次報告書「ミリタリー・バランス」の2020年版を発表した。19年の世界の軍事費は前年比約4%増の1兆7300億ドル(約190兆円)となった。過去10年で最高の伸び率としている。米国と中国が全体を押し上げた。
カテゴリー:

世界の国防費、190兆円 伸び率は過去10年で最大 - 02月14日(金)20:30 

 英国際戦略研究所(IISS)が14日、世界の軍事情勢を分析した年次報告書「ミリタリーバランス2020」を発表した。2019年の世界の防衛費は1兆7300億ドル(約190兆円)にのぼり、前年比4・0%…
カテゴリー:

2020年に上市予定の新薬から11のブロックバスター候補を選出した「Drugs to Watch 2020」をリリース - 02月20日(木)12:00 

クラリベイト・アナリティクスが、2020年上市予定の新薬のうち、患者数の多い疾病分野に希望をもたらすブロックバスター候補となる11医薬品についてまとめた2020年版Drugsto Watchをリリース   Cortellisチームは、乳がん、リンパ腫、多発性硬化症(MS)および片頭痛の治療薬で、商業的・臨床的に成功する新薬を予想しました。   2020年2月10日(フィラデルフィア(米)&ロンドン(英)) イノベーションを加速させる信頼性の高い知見と分析を提供する世界的リーダーのクラリベイト・アナリティクスplc(NYSE:CCC;CCC.WS)は、本日、毎年恒例のCortellis「DrugstoWatch」のリリースを発表しました2020年に市場参入予定の新薬のうち、2024年までに年間売上額10億米ドル超(ブロックバスターとみなされる条件)に達すると想定される11の医薬品を特定しリストアップしました。   クラリベイト・アナリティクスのCortellisチームは、独自の技術、ツールおよび手法を駆使して、2020年初頭にフェーズII試験以降に進んだ医薬品の中から、本リストに含める可能性が高い医薬品のリストを作成しました。その後、社内アナリストがそれぞれの医薬品に関して個別に、年次報告書、医薬品パイプライン、臨床試験、特許、化合物、企業間取引、会議、...more
カテゴリー:

世界の軍事費4%増 米中が押し上げ 伸び率過去10年で最高  - 02月16日(日)08:42 

 英国の有力シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は14日、世界の軍事情勢を分析した年次報告書「ミリタリー・バランス」の2020年版を発表した。19年の世界の軍事費は前年比約4%増の1兆7300億ドル(約190兆円)となった。過去10年で最高の伸び率としている。米国と中国が全体を押し上げた。
カテゴリー:

世界の軍事費4%増 伸び率、過去10年で最高 米中が押し上げ 英シンクタンク - 02月15日(土)12:28 

 英国の有力シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は14日、世界の軍事情勢を分析した年次報告書「ミリタリー・バランス」の2020年版を発表した。19年の世界の軍事費は前年比約4%増の1兆7300億ドル(約190兆円)となった。過去10年で最高の伸び率としている。米国と中国が全体を押し上げた。
カテゴリー:

株価上昇を受けてテスラが公募増資で最大2500億円調達へ - 02月15日(土)08:00 

Tesla(テスラ)は2週間前にさらなる資金調達は行わないとしていたが、米国時間2月13日に公募増資で20億ドル(約2200億円)を調達してバランスシートの強化と一般的な事業目的にあてる計画を明らかにした。 同社のCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏が最大1000万ドル(約11億円)ぶんを購入し、 Oracle(オラクル)の共同創業者でテスラの役員を務めるLarry Ellison(ラリー・エリソン)氏が最大100万ドル(約1億円)ぶんを購入する見込みだ。 Teslaはまた、引受幹事に最大3億ドル(約330億円)ぶんの追加普通株を購入する30日オプションを提供する。引受幹事がオプションを行使すると、同社は最大23億ドル(約2500億円)を調達することになる。 今回の増資発表は、先月あった四半期決算発表時のマスク氏、そしてCFOのZach Kirkhorn(ザック・カークホーン)氏の発言内容とは矛盾する。機関投資家が「最近の株価水準からしてなぜいま資金調達して生産を加速させないのか」と尋ねた。その際、マスク氏は同社が分別を持って資金を使っており、意図的に経費を抑制してもいないと述べた。 「我々は効率的に資金を使っていて、意図的に発展を制限していない」と1月29日に開かれた四半期決算発表でマスク氏は語った。「それにもまして我々は現金を生み出している。そうした意味で、この...more
カテゴリー:

防衛装備の海外移転の許可の状況に関する年次報告書を取りまとめました - 02月14日(金)17:30 

防衛装備移転三原則の運用指針(平成26年4月1日国家安全保障会議決定)により、経済産業省は、防衛装備の海外移転の許可の状況につき、年次報告書を作成することとされています。本報告書は、昨年度、外為法に基づき経済産業大臣が行った防衛装備の海外移転の許可の状況を取りまとめたもので、今回で5回目になります。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「年次報告書」の画像

もっと見る

「年次報告書」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる