「年東京大会」とは?

関連ニュース

【東京五輪】ボランティア研修はじまる 中国出身の人も - 10月19日(土)20:52  newsplus

大会ボランティア 研修始まる 東京五輪・パラリンピック 2019年10月5日 土曜 午前0:53 2020年東京大会のボランティア研修が始まった。 東京オリンピック・パラリンピックの競技会場で、運営をサポートする「大会ボランティア」には、20万人以上の応募があり、面談をへて選ばれた採用予定者およそ8万人が、全国で行われる研修に順次、参加する。 研修参加者は、「スタートをきれるんだと、言葉には表せない気持ち」、「中国出身です。自分だけの力を使って貢献したい」などと話した。 参加者は、大会の概要など、本番に必要な知...
»続きを読む
カテゴリー:

体操で台湾が64年以来の五輪 導いた日本人の哲学 - 10月13日(日)13:18 

 ドイツのシュツットガルトで開かれている体操の世界選手権で、台湾の躍進がめざましい。男子団体では昨年の17位から6位に入り、1964年東京大会以来となる五輪出場権を獲得。同種目別あん馬ではエース李智凱…
カテゴリー:

台湾体操を五輪に導いた浜田氏、肉体操る術が美しさ - 10月10日(木)08:00 

「頭の中にははっきりした理想のイメージがある。それをどう作り上げるかなんですよ」。体操の世界選手権が開かれるドイツ・シュツットガルトの会場で印象に残る言葉に出合った。7日に終わった男子予選で、指導する台湾を64年東京大会以来の五輪団体出…
カテゴリー:

~2020年東京大会に向けた小売業の多言語対応への取組み~ 店舗で利用可能なピクトグラム等を小売関連26団体・機関が合同で作成、無料で公開! - 10月03日(木)13:00 

2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会小売プロジェクトチーム(以下「小売PT」という。)は、小売業が提供するサービスや、訪日ゲストを含む来店者が買物の際に必要な情報を伝える「表示・POP・ピクトグラム」を作成しており、9月27日(金)から公式WEBサイトにおいて無料で公開しています。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195003/LL_img_195003_1.jpg ピクトグラム等の例 (※)は小売PTオ...
カテゴリー:

ANAHD、アバター本格展開へ 綾瀬はるかさんが操作体験 - 10月15日(火)20:26 

ANAホールディングス(ANAHD)は、遠隔操作ロボットによる瞬間移動技術「ANAアバター」を提供するためのプラットフォームとなる「avatar-in」をローンチし、2020年4月のサービス化を目指すと発表した。 ANAHDのアバター事業は、2018〜2022年度中期経営計画において、内閣府が提唱する未来社会のコンセプト「Society5.0」の実現に向けた取り組みのひとつ。仮想現実(VR)、ロボティクス、センサー、触覚技術(ハプティクス)等の最先端テクノロジーを用い、遠隔地のアバターロボットを操作することで、あたかもそこに自分自身が存在しているかのようにコミュニケーションや作業を行う「瞬間移動」の実現を目指す。 10月15日に開幕した情報技術(IT)の見本市「CEATEC 2019」で基調講演を行なったANAHDの片野坂真哉代表取締役社長は、「アバターの進化」をこう見通す。 「2025年までに、介護士と同じ動きをするアバターが誕生する。2030年までにはレスキュー隊と同じ動きができるようになる」 さらに、2040年までには脳からの指示でアバターを操作できるようになり、2050年には五感を通じて全く同じ体験ができるようになるという。 講演の後半では、片野坂社長が普及型コミュニケーションアバター「newme」を発表した。10.1インチディスプレイに操作者の顔を映し出し、遠隔操作によ...more
カテゴリー:

【2020年東京大会へ 実践五輪批判/春日良一】ラ.. - 10月11日(金)07:25 

【2020年東京大会へ 実践五輪批判/春日良一】ラグビーW杯日本代表メンバーに見る多様性尊重の具現化
カテゴリー:

東京五輪で新血液検査法導入も 簡易で安価とWADA - 10月04日(金)09:54 

 世界反ドーピング機関(WADA)は3日、簡易で安価な新たな血液検査法の導入に向けて国際オリンピック委員会(IOC)や日本アンチ・ドーピング機構(JADA)と覚書に調印したと発表した。2022年北京冬季五輪・パラリンピックでの本格導入を目指し、20年東京大会での試験運用も模索する。
カテゴリー:

「年東京大会」の画像

もっと見る

「年東京大会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる