「年女子」とは?

関連ニュース

サッカー=2023年女子W杯、ベルギーが招致レースに参加へ - 08月20日(火)09:10 

国際サッカー連盟(FIFA)は19日、ベルギー・サッカー協会が2023年女子ワールドカップ(W杯)の招致レースに参加する意向を示したと発表した。
カテゴリー:

どうせ読むなら「なぜそうするか」が書かれている本を選ぶべき訳 - 08月19日(月)20:25 

見聞を広めるために読書しようと決意しても、数多ある書籍の中からどの本を選べばいいのか迷ってしまう…、そんな経験をお持ちの方も少なくないと思われます。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では現役教師の松尾英明さんが、「読むべき本の選び方」をレクチャーしてくださっています。 本の選び方は「観」にあり 夏休み中、気合いを入れてたくさん本を読んでいる人もいるかと思う。「どんな本を読んだらいいのか」という問いをよく頂くのでそこに答える。 結論から述べると、取捨選択。取るために捨てることが大切である。 本を読むという行為は、心と頭という「無形のもの」への投資である。投資ということは、資本として差し出すものがある。何を差し出すか。お金もそうだが、これは微々たるものである。最たるものは、時間である。 どんな本からでも学べることはある。これは間違いない。一方で、これはあまり必要でない、つまらないと判断したら、それ以上読まずに捨てる(売る)という選択肢もある。もっといいのは、買う前にその判断をすること。ネット上でもいいのだが、ここに関しては本物の書店の方がよい。 時間という有限の資源を投資するのだから、よく選ぶ。これが何よりも大切な最初のステップである。 メルマガの特質上、教育に関する本に限定して述べる。 これは「観」が磨かれるものを選ぶ。ここに尽きる。 これは「こうすると子...more
カテゴリー:

「最後まで諦めない」龍谷中・土井主将宣誓 大麻旗争奪剣道中学生大会 - 08月14日(水)08:05 

○…開会式では、昨年女子の部で優勝した龍谷中3年の土井清佳主将が、保護者や指導者への感謝を口にし、「剣道ができる喜びを感じ、最後の一瞬まで諦めず正々堂々と戦う」と力強く選手宣誓した。 中学生大会には男女251チーム、約1700人が出場。宣誓の大役を務めあげた土井主将は「緊張した。まわりへの感謝の思いを込めた」とほっとした表情で振り返った。 部員5人で団体戦に臨み、3年生は引退試合となる。後輩2人に新チームを託し、土井主将は「自分たちの剣道をやり抜きたい」と話した。
カテゴリー:

大麻旗剣道・高校生大会 「最後まで戦いぬく」女子・三養基古川が宣誓 - 08月11日(日)08:45 

○…開会式では、昨年女子の部で優勝した三養基2年の古川寛華が「練習の成果を十分に発揮し最後まで戦いぬく」と力強く選手宣誓した。 4~6日に熊本で開かれた全国高校総体では、個人戦で3位に入る好成績を収め、団体戦でも16強入りの原動力となった。新チームが始動してわずか4日で新たな主将も決まっていないため、メンバーを代表して大役を務めることになった。 今大会は2年生5人で一丸となって戦う。堂々と宣誓の大任を果たした古川は「自分たちの代になったので、しっかりチームを引っ張っていきたい。
カテゴリー:

田嶋会長「意思を確認」 23年サッカー女子W杯の招致 - 08月01日(木)11:51 

 日本が招致に乗り出しているサッカーの2023年女子ワールドカップ(W杯)の出場チーム数が24から32に拡大することを受け、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は1日、視察先の沖縄県金武町で取材に応じ、「もう一度、(招致を継続するかどうか)意思を確認しなければいけない。全ての選択肢を持っていきたい」と慎重に話した。
カテゴリー:

ベルギーが新たに招致名乗り サッカーの23年女子W杯 - 08月20日(火)08:31 

 国際サッカー連盟(FIFA)は19日、日本が開催に名乗りを上げている2023年女子ワールドカップ(W杯)について、新たにベルギー・サッカー協会も招致の意思を表明したと発表した。これで立候補は史上最多の10協会となった。23年大会は出場枠を24から32に拡大。開催地は20年5月に決まる予定。
カテゴリー:

<国体九州ブロック大会>剣道少年女子など本国体へ - 08月19日(月)09:15 

国体第39回九州ブロック大会は18日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館などで11競技が行われた。佐賀県勢は、新たに7競技で本国体出場権を獲得した。 ハンドボール成年男子のトヨタ紡織九州は、代表決定戦で沖縄に30-18で快勝。バドミントンと弓道も成年男子が本国体出場を決めた。剣道、フェンシング、ソフトテニスは少年女子が出場権を得た。ライフル射撃は成年男子、成年女子、少年男子で代表権をつかんだ。
カテゴリー:

世界警察消防競技大会、台湾勢は開催から3日でメダルラッシュ - 08月13日(火)00:00 

世界の警察官や消防士が参加する奇数年に1度のスポーツイベント、「2019年第18回世界警察消防競技大会(World Police and Fire Games)」は、8日から18日まで中国大陸四川省・成都で開催されている。中華民国内政部警政署(日本の警察庁に相当)が12日に発表したところによると、参加している台湾代表の選手は、競技開始から3日間で、金メダル4個、銀メダル3個、銅メダル8個獲得というメダルラッシュが続いている。この3日間に行われた競技は、水泳、ハーフマラソン、柔道、アームレスリング、トレイルランニングの5種目。 そのうち女子柔道では、台湾北部・新北市警察局三重分局の警察官、黄佩紋選手、金山分局の警察官、盧静盈選手、警政署保安警察第1総隊の隊員、韓宜頻選手の3人がそろって金メダルを獲得した。盧静盈選手は、今回が3度目の世界警察消防競技大会への参加となった。さらに今回、同大会における柔道の成年女子無差別級で二連覇を達成し、2度目の金メダル獲得を果たした。 一方、父親と同じ道に進んだ台湾北部・桃園市警察局の警察官、連英傑選手は、同大会に初めて出場した。柔道・成年男子90キロ級に出場した連英傑選手は、体重81.8キログラムと同階級では不利な条件にありながら、モンゴル代表の選手を2度破って、金メダルを獲得した。 幼少の頃から柔道を心から愛し、親しんできた連英傑選手の一家で...more
カテゴリー:

【岡山】ネコがタヌキに授乳…はなちゃん、すくすく育つ 玉野・渋川動物公園 - 08月08日(木)07:22  newsplus

岡山県玉野市の渋川動物公園でネコがホンドタヌキの赤ちゃんの母親代わりとなって子育てをしている。園内のレストハウスで、種を超えて“親子”仲良く寄り添うほほ笑ましい姿が人気を集めている。 ホンドタヌキは雌で名前ははなちゃん。6月上旬、香川県三豊市の建設会社が河川敷で作業中に誤ってタヌキの巣を壊してしまい、生後10日ほどだったはなちゃんを保護した。引き取り手を探していたところ動物公園が手を挙げ、6月20日にやってきた。 「どうやって育てよう」。頭を悩ませたスタッフが、目をつけたのがちょうど出産したばかりだ...
»続きを読む
カテゴリー:

「年女子」の画像

もっと見る

「年女子」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる