「年大統領選」とは?

関連ニュース

2020年大統領選、共和党から初の名乗り 元マサチューセッツ州知事ウェルド氏 - 02月16日(土)19:03 

 【ワシントン高本耕太】2020年の米大統領選に向け、共和党の元マサチューセッツ州知事、ウェルド氏(73)が15日、立候補に向けた準備委員会の発足を発表した。再選を目指すトランプ大統領に対抗して同党指名争いに名乗りを上げるのは、ウェルド氏が初めて。東部ニューハンプシャー州での演説で「大統領の分断政治
カテゴリー:

地方アピール、格差是正……他候補との差別化に腐心 米大統領選、民主から候補続々 - 02月12日(火)19:12 

 【ワシントン高本耕太】2020年大統領選に向けた米民主党の予備選開始まで1年を切り、立候補の動きが活発になっている。9日には党内左派の中心人物エリザベス・ウォーレン上院議員(69)が候補者指名争いへの出馬を正式に宣言。10日には党内穏健派のエイミー・クロブシャー上院議員(58)も立候補を表明した。
カテゴリー:

米大統領選、民主党クロブシャー氏が出馬表明 女性上院議員4人目 - 02月11日(月)14:52 

米民主党のエイミー・クロブシャー上院議員(ミネソタ州、58)は10日、2020年大統領選への出馬を表明した。
カテゴリー:

米大統領選 民主ウォーレン氏が出馬を正式表明 - 02月10日(日)17:31 

 【ワシントン=黒瀬悦成】来年の米大統領選への出馬の意向を示していた民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員(69)は9日、地元の東部マサチューセッツ州で選挙集会を開き、立候補を正式表明した。有力候補の1人と目されており、2016年大統領選で敗退した同党のヒラリー・クリントン元国務長官に続き、「女性初の米大統領」を目指すが、「祖先は先住民だった」とする過去の主張が物議を醸しており、選挙の行方に影響する可能性がある。
カテゴリー:

【一般教書演説】トランプ大統領の「社会主義」批判に拳を口に当てて憮然とした表情のサンダース上院議員 - 02月06日(水)23:51  newsplus

トランプ米大統領の一般教書演説を聞いて憮然とした表情のサンダース上院議員=5日、ワシントン(ロイター)  【ワシントン=黒瀬悦成】「米国に社会主義を導入しようという声が上がっていることを警戒している」  トランプ大統領の一般教書演説でベネズエラ情勢に言及した際、「社会主義が南米で最も裕福だった国を悲惨な貧困と絶望に陥れた」と指摘した上で、米国でも民主党勢力の間で「社会主義」に親近感を寄せる左派リベラル系の政治家が増えていることを間接的に批判した。  トランプ氏は「米国は、(社会主義体制のよ...
»続きを読む
カテゴリー:

米上院、司法長官の人事案承認 「ロシア疑惑」捜査を監督 - 02月15日(金)16:37 

 【ワシントン高本耕太】米上院は14日の本会議で、トランプ大統領が司法長官に指名したウィリアム・バー氏(68)の人事案を承認した。賛成54、反対は45だった。ホワイトハウスでの宣誓式を経て即日就任した。バー氏は1991~93年以来、2回目の長官就任。ロシアによる2016年大統領選介入とトランプ陣営と
カテゴリー:

米・民主党を揺るがす差別問題や性的暴行疑惑 トランプ氏の排外的発言批判の裏で - 02月12日(火)18:43 

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領の排外的、差別的な言動や政策を批判する野党・民主党が、足元の人種差別問題や性的暴行疑惑に揺れている。2020年大統領選でホワイトハウスを奪還するには、黒人らマイノリティー(社会的少数派)や女性の支持は不可欠で、党執行部は事態を深刻視している。
カテゴリー:

米民主党のウォーレン氏、大統領選出馬を正式表明 - 02月10日(日)17:53 

 【ワシントン古本陽荘】米民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員(69)は9日、地元マサチューセッツ州で演説し、2020年大統領選に立候補すると正式表明した。「裕福な人やコネのある人たちによってゆがめられた制度のなか、多くの米国人が生きるためにもがき苦しんでいる」と訴え、格差是正に取り組む姿勢を強調
カテゴリー:

2020年大統領選、民主左派ウォーレン氏が正式に名乗り - 02月10日(日)11:17 

2020年の米大統領選に出馬の意向を示していた民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員が9日、地元マサチューセッツ州の集会で正式に名乗りを上げた。 ウォーレン氏はこの日、1912年に移民労働者による大規模ストライキの舞台となった町ローレンスで集会を開き、厳寒の中で44分間にわたって演説した。 「ホワイトハウスに今いる人物は、米国の失敗を示す最新で最も極端な症状だ」「金と権力のある者ばかりに加勢し...
カテゴリー:

一般教書 トランプ氏、「壁」が再選に影響 野党からはブーイング - 02月06日(水)18:38 

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領の一般教書演説は、野党勢力との融和を探りつつ、2020年大統領選を見据えて支持基盤を固めるための主張を貫いた硬軟両様の内容となった。2度目となった同演説でトランプ氏はジョークを交え議場が笑いに包まれる場面もあった。だが、公約とするメキシコ国境の壁建設を訴えた場面では、野党席からブーイングがわき上がり、対立の深さを際立たせた。
カテゴリー:

もっと見る

「年大統領選」の画像

もっと見る

「年大統領選」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる