「平野博文」とは?

関連ニュース

国民と自由、原発政策などで大筋合意 - 02月22日(金)17:00 

 国民民主党の平野博文幹事長と自由党の小沢一郎共同代表は22日、両党の合流を視野に入れた政策協議で、原発や安全保障、消費税の3項目の統一見解について大筋で合意した。
カテゴリー:

【参院選】「山本太郎のコアな支持層は離れてしまう」「あれでは選挙に落ちる」 国民・自由合併の余波で「反原発票」争奪戦(参・東京) - 02月16日(土)00:06  newsplus

※夜の政治スレ 衆院選最終日、「最後の訴え」に聞き入る聴衆ら。レインコート姿の人も=21日夜、東京都新宿区(春名中撮影)  国民民主党と自由党の合併交渉が本格化し、夏の参院選東京選挙区(改選数6)の「反原発票」の動きに注目が集まっている。改選を迎える自由党の山本太郎共同代表は6年前、草の根の反原発票を固めて無所属で初当選した。だが、電力系労組の支援を受ける国民民主党との統一会派に加わったことで、熱心な支持層の離反を招く可能性が取り沙汰され始めたからだ。  「国民民主党が原発推進を主張してい...
»続きを読む
カテゴリー:

藤田参院議員の離党届、扱い決まらず 国民民主総務会 - 02月13日(水)18:27 

 国民民主党は13日の総務会で、藤田幸久参院議員が提出した離党届の扱いの協議を見送った。小林正夫総務会長は記者団に「平野博文幹事長がまだ(藤田氏に対し)聞くべき内容があるのだろう」と説明した。党執行部は引き続き藤田氏を慰留する構えだ。
カテゴリー:

国民と自由が合流へ政策協議始める 原発再稼働が焦点に - 02月12日(火)18:24 

 国民民主党の平野博文幹事長は12日、国会内で自由党の小沢一郎共同代表と会談し、党合流に向けた政策協議を開始した。国民の基本理念や政策を軸に両氏の間で調整し、春の統一地方選までの合意を目指す。
カテゴリー:

国民民主と自由党の政策協議 原発・安保・消費税で22日に再会談 - 02月19日(火)19:11 

 国民民主党の平野博文幹事長と自由党の小沢一郎代表は19日、国会内で会談し合併に向けた3度目の政策協議を行った。小沢氏は、国民民主党が基本政策に掲げる「2030年代原発ゼロ」の目標と、安全保障法制、消費税への対応について説明を求めた。22日に再協議し平野氏が回答する。
カテゴリー:

国民・自由合併へ原発、憲法なをめぐり2度目の政策協議 - 02月15日(金)21:19 

 国民民主党の平野博文幹事長と自由党の小沢一郎代表は15日、国民民主党本部で会談し、合併に向けた2度目の政策協議を行った。平野氏は国民民主党が結党時に策定した基本政策のうち原発や憲法などの項目について説明し、賛同を求めた。次回の協議で小沢氏が自由党の立場を述べ、合意文書の文言調整に入る。
カテゴリー:

国由合併は国民民主の基本政策を踏襲 「2030年代原発ゼロ」が軸 - 02月12日(火)21:53 

 国民民主党の平野博文幹事長と自由党の小沢一郎代表は12日、国会内で会談し、合併に向けた政策協議をスタートさせた。国民民主党が昨年5月の結党時に策定した基本政策を踏襲し、合併後の新党の政策をまとめることで一致した。
カテゴリー:

「平野博文」の画像

もっと見る

「平野博文」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる